最新ニュース

元バイナンスCEOのジハン・ウー氏が新会社Matrixport(マトリックスポート)設立

投稿日:

 

 

元BinanceのCEOで、仮想通貨市場にて絶大な影響力を持つと言われているジハン・ウー(Wu Jihan:吳忌寒)氏が、ビットコイン価格が回復しつつある今、新たな仮想通貨金融サービスを立ち上げるために古巣の従業員を引き連れていることが大手メディアの報道によって分かりました。

 

 

 

 

ジハン・ウー氏が新会社設立

 


※画像引用元:Matrixport

 

Bitmain Technologies Ltd.社の共同設立者であるジハン・ウー(Wu Jihan:吳忌寒)氏がここ最近のビットコイン価格の復活の兆しを機に、新たに仮想通貨金融サービスの新会社設立に向け、元従業員十数人らを引き抜いていたことが大手メディアBioombergの報道によって分かりました。

 

ウー氏が立ち上げた会社はマトリックスポート(Matrixport)という社名で、従業員は100人規模だと言われています。

 


※画像引用元:Matrixport

 

同社では相対取引(店頭取引)をはじめ、貸付、デジタル資産管理のワンストッププラットホームとして設立されたと同社CEO(最高経営責任者)であるゲ・ユシェン(Ge Yuesheng)氏がコメントしたと報じています。

 


※画像引用元:Matrixport

 

同社はウー氏がMatrixportの主要株主になっていますが、ウー氏の他にもベンチャーキャピタルなどからの出資を受けており、その中には古巣であるBitmain社も出資していることが分かっています。

ゲ氏は、Matrixport社がBitmain社と密接に関係していると語ったほか、出資などの詳細に関しては後日あらためて発表する事を明らかにしています。

 

同氏は、Matrixport社がBitmain社と密接に関係していると語ったほか、さまざまな事業を行っていくため、Bitmain社とは“競合他社”としてではなく、“パートナー企業”として歩んでいくと述べています。

 

 

ジハン・ウー氏の本格的始動が始まる

 

※画像引用元:ジハン・ウー氏公式Twitter

 

 

今回の発表にかんしてBitmain社は今のところコメントを発表していません。

 

今年1月に古巣である同社からスピンオフした後、今週月曜に入ってマトリックスポート社の立ち上げが発表されるまで沈黙を貫いてきたウー氏ですが、ようやく本格的な復活に入ったとみられています。

 

ゲ氏によると、Matrixport社はアメリカのBitGo Inc.社やGenesis Global Trading Inc.社などのコネクションの活用と、これまでに培った専門知識を活用して世界最大のプロ仮想通貨トレーダーのための金融サービスを開発し、挑戦しようと語っています。

 

 

Matrixportについて分かっていること

 

 


※画像引用元:Matrixport Twitter

 

 

Matrixport社自体は北京の仮想通貨取引全面禁止を回避するため、中国本土以外に設立され、シンガポールを現在は拠点としていることを明かしています。

現在、公式サイトについては早い段階からβ版が開設されているほか、同社公式Twitterアカウントのほか、微博、Facebookの各SNSアカウント開設が確認されています。

β版リリースには、カストディサービス、OTC取引、暗号通貨融資が含まれており、スイスのFINMA Supervised SROとしてそのメンバーシップを宣伝しながら、「より規制に準拠したブロックチェーン金融サービスを開始する」ことを約束しています。

 

 


※画像引用元:Matrixport

 

 

注目したいのが、サイトに記載されている「Matrix Pay(マトリックスペイ)」で、サイトでは最先端の暗号支払いソリューション、グローバルな顧客リーチと記載されており、今後、このマトリックスペイがどのようにMatrixport社で役割を担い、仮想通貨市場へ影響を与えるのか、多くの市場関係者が注目しています。

 

 

※参考サイト:Bioomberg
Matrixport
Matrixport 微博
Matrixport Facebook
Matrixport Twitter



-最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.