暗号通貨 最新ニュース

Coincheckガスなるものが登場!果たして仮想通貨取引所とガスの関係とは?

投稿日:

 

 

仮想通貨や仮想通貨市場には、ブロックチェーン技術の登場によって、新しいさまざまな概念を私たちにみせていますが、ここへきて「Coincheckガス」と言うものが登場し、仮想通貨取引所とガスがどのように結びついたのか、ユーザーらを中心に高い関心が寄せられています。

 

 

スポンサーリンク



Coincheckガスってなに?

 


※画像引用元:Coincheckガス

 

大手仮想通貨取引所のひとつであるCoincheckを運営しているコインチェック株式会社(Coincheck, Inc./東京都渋谷区、勝屋敏彦代表取締役)が、電力小売り事業を展開する株式会社イーネットワークシステムズ(東京都目黒区、及川浩代表取締役)が業務提携を締結し、昨日より『Coincheckガ』の提供を開始始しました。

 

この業務提携によって、東京ガスエリアの都市ガスを同エリア内で利用する顧客に対し、ガス使用料金に応じてビットコインがもらえる「ビットコイン付与プラン」と、ビットコインでガス料金の支払いをする「ビットコイン決済プラン」の2つのプランで新たなサービス展開を行ったのがCoincheckガスです。

 

 

Coincheckガスのサービス内容とは?

 


※画像引用元:Coincheckガス

 

Coincheckガスには先ほど2つのプランが用意されている事を解説しましたが、では、実際のサービス内容を見ていきましょう。

まず「ビットコイン付与プラン」はビットコインを「貯める」プランと言えます。
ガス料金は従来の東京ガス料金と変わりなく、毎月支払うガス料金の3%分のビットコインがCoincheckウォレットに貯まっていくサービスです。

そして次の「ビットコイン決済プラン」は名前のとおり「使う」プランと言えます。
ガス料金をビットコインで支払うと、東京ガスのガス料金から3%の割引が適用されます。

 

なお、両プランについては東京ガスの「暖らんぷらん」や「暖らんプラン+セット割」など割引プランにご加入している方もプラン対象になりますが、東京ガスの「エコウィルで発電エコぷらん」「エネファームで発電エコぷらん」を利用されている方については、現時点ではCoincheckガス対象外となっています。

現在同サービスが利用できるのは、東京都・神奈川県・千葉県(四街道12Aエリアを除く)・埼玉県、茨城県・栃木県・群馬県(邑楽郡(千代田町・邑楽町・明和町)に限る)にお住まいのご家庭で、東京ガス(都市ガス)を利用していることとなっています。

なお、Coincheckガスについて、東京ガス以外の都市ガス会社に変更済みの方も申込可能とのことで、詳しくはCoincheckガス公式サイトをご確認ください。

 

 

イーネットワークシステムズについて

 


※画像引用元:イーネットワークシステムズ

 

今回Coincheckガスのサービス提供にともない、Coincheckと業務提携したイーネットワークシステムズとはどのような企業なのでしょうか。

同社は、2015年に設立されたいわゆるスタートアップ企業ですが、これまでにない魅力ある電気サービスを提供していくことを企業理念に立ち上げられた「電力小売プラットフォーム」を通じ、電力事業に関する知識・ノウハウがない事業者でも、簡単・スピーディに自社ブランドの電気販売が可能になるよう、サポートをしている企業です。

主なサービスには、電力小売事業および電力小売事業関連ビジネスコンサルティング、システム企画・設計・開発、ASPサービスのほか、インターネット各種情報提供サービスやイベントの企画・運営、管理などを手掛けており、これらの一つとして今回Coincheckと業務提携し、Coincheckガスが誕生しています。

 

 

コインチェックについて

 


※画像引用元:Coincheck

 

今回、仮想通貨取引所Coincheckを運営しているコインチェック株式会社では、Coincheckガスに先立って、電力自由化にともない、「Coincheckでんき」のサービス展開を2016年より開始しています。

 

「Coincheckでんき」は、今回新たにサービスが開始された「Coincheckガス」と同じく、「ビットコイン付与プラン」「とビットコイン決済プラン」の2つのサービスプランが展開されています。

 

 

※参考サイト:Coincheck



-暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.