暗号通貨 最新ニュース

いまさらだれにも聞けないアトミックスワップとは?入門者向に解説3

投稿日:

 

 

仮想通貨専門用語で理解できない、難しい…そういった問題について解説していくいまさらだれにも聞けないしリースで、昨日は第1弾と第2弾でアトミックスワップについて解説しました。本日も第3弾で使用についてや何ができるのかについて入門者・初心者ユーザーへ向けて解説します。

 

 

 

アトミックスワップの使用方法

 

 

2つの異なる暗号ネットワーク間で実施されるアトミックスワップでは、両方が同じハッシュアルゴリズムやスマートコントラクト言語など、同様の基盤を持っている必要があります

 

ディークレット(Decred/通貨コード:DCR)とライトコイン(Litecoin/通貨コード:LTC)はどちらもビットコインの分岐から誕生した仮想通貨のめ、3つのネットワーク間でアトミックスワップを行うことが可能です。

 

アトミックスワップはアトミックスワップを可能にする十分な類似性を共有していることから、これらの共通言語や基盤が必要です。
イーサリアムは異なるスマートコントラクト言語と異なるハッシュアルゴリズムを使用していることから、ビットコインとイーサリアムの間のアトミックスワップを有効にすることはまだできません。

※当サイトのアトミックスワップの特集記事「いまさらだれにも聞けないアトミックスワップとは?入門者向に解説1」、「いまさらだれにも聞けないアトミックスワップとは?入門者向に解説2」もあわせてご覧ください。

 

 

アトミックスワップでは何ができるのか?

 

 

いまさらだれにも聞けないアトミックスワップとは?入門者向に解説2」で少し触れましたが、ディークレッド(Decred)では上級ユーザーに向け、限定されてはいるものの、複数のトークンがアトミックスワップを行うためのオープンソースツールを作成しています。

ディークレッドでアトミックスワップができる銘柄は、ビットコイン(Bitcoin/通貨コード:BTC)・ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/通貨コード:BCH)・クアンタム(QTUM/通貨コード:QTUM)・モナコイン(Monacin/通貨コード:MONA)・ライトコイン(Litecoin/通貨コード:LTC)などです。

また、ディークレッドでは今後もアトミックスワップができる銘柄を増やすために開発が行われており、将来的にも交換可能な銘柄が増えていく予定で、SparkSwap、Atomic Wallet、Swap.Onlineなど、技術的ではなく、一般ユーザーでも使いやすいソリューションが用意されていす。

 

ただし、これらのソリューションにおいては、信頼性や使いやすさを確認していない点に注意し、くれぐれも仮想通貨取引をする際には、ご自身の判断で、慎重に進め、独自調査も行ったうえで取引をしてください。

 

 

アトミックスワップの未来について

 

 

第三者を介することなく取引ができるアトミックスワップは、集中交換の代替として機能することを目的として誕生しています。
アトミックスワップの採用と革新は遅く、最初のアトミックスワップが完全に行われてから2年近くが経過しているにもかかわらず、まだたまにしか実際の取引は行われていません。

 

異なるネットワークを持つ仮想通貨間でほぼすべての取引が行われるのは、やはりまだまだ中央集権的な一般の仮想通貨取引所がメインになっている現状があります。

異なるブロックチェーン間で資産を交換する他の方法は、ここ数カ月でさまざまなコミュニティで関心を集めています。
最も刺激的な相互運用可能なブロックチェーンネットワークは、イーサリアム(Ethereum/通貨コード:ETH)の共同設立者であるギャビン・ウッド(Gavin Wood)氏が立ち上げたスタートアップ企業のポルカドット(Polkadot)やコスモス(Cosmos/通貨コード:ATOM)などがあります。

仮想通貨=暗号化の世界では、革新と開発はこれまでのどの業種とも比較できないほど、とんでもなく目まぐるしいペースで行われています。
それだけに、せっかく良い物を誕生させても、中身となる技術が成長していなければユーザーは次第にそちらへ目を向けなくなってしまいます。

長い時間をかけて技術開発をして誕生した技術や仮想通貨も、まだまだ革新と開発は続いて行くでしょう。



-暗号通貨, 最新ニュース
-

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.