ブロックチェーン 暗号通貨 最新ニュース

安価な太陽光の活用!熊本電力が目指す世界に通用するマイニング

投稿日:

 

 

2016年から電気が全面的に自由化されたことにより、電力事業に新規参入する企業が増え、消費者も電力会社を選べるようになりました。熊本電力株式会社は太陽光を活用することで、安価なエネルギーを確保しマイニング事業を開始しています。電力自由化について紹介するとともに、日本のマイニング事業を活性化させている新規参入電力会社の試みをまとめてあります。

新電力会社!熊本電力株式会社の試み

 

 

新電力や電力自由化という言葉をよく聞くようになったものの、実際にどういうことなのか知らない人がまだ大半を占めています。
2016年4月から全面的に電力が自由化されたために、消費者である私たちが契約する電力会社を選べるようになりました。

太陽光発電が盛んな、九州地区にある熊本電力株式会社(以下熊本電力)が余剰分を利用してマイニング事業の展開を始めています。
ブロックチェーン技術の中心にするために、安価な電力の供給を目指しています。

 

 

電力自由化とは?

 

 

 

電力自由化がすでに始まっていることを聞いたことはあっても、実際に検討をしてみたり、電力会社の変更を実行したりした人以外は、具体的に何が変わったのかわからないかと思います。

東京に住んでいる人は東京電力から電気を買い、名古屋に引っ越しをしたら中部電力と契約をすることが当たり前でした。
利用者に選択肢がなかったのですが、2016年4月から全面的に自由化され一般家庭でも電力会社を選べるようになり、電力を供給する新規参入企業も増えています。
もともと2000年から電力の自由化は始まっていたのですが、開始当初は特定の建物に限られていた自由化が段階を経て全面的に解禁されました。

電気料金やプラン内容、そしてどのように作られている電気なのかも、私たちが選べるようになりました。
Looopでんきが全国水準を下回る電力を供給しているために、PoW(Proof of Work)のマイニングを実践している人の間で人気の高い電力会社です。
再生可能エネルギーの活用率も平均を上回ることから、環境を配慮しながらマイニングを実践した人の選択肢になります。

 

 

目指すは『世界に通用するマイニング事業』

 

 

日本人のエネルギー消費量は世界で4番目に多いのですが、自給率は残念ながら8%と低い数字です。
地熱発電などの活用で自国のエネルギーをまかなっているアイスランドでは、日本の技術が採用されています。
石油などの化石エネルギーは確かに乏しいかもしれませんが、火山大国である日本も自然環境を十分に活かすことで、クリーンエネルギーの自給率を上げることが可能です。

実際に、エネルギー自給率が100%を超える市町村は100カ所以上あり、九州地区では地熱エネルギーを活用して1000%以上の市町村もあります。
また、太陽光発電も九州では盛んになり、あり余る電力を活用してマイニング事業を開始したのが熊本電力です。

 

社名をOZから熊本マイニング株式会社に変更したばかりの地元のマイニング業者と協力をしながら、マイニング施設の販売とクラウドマイニングを実施しています。
データセンター型やコンテナ型のマイニング施設を設置し、広く募集をかけています。
8月から本格稼働され、菊池市や八代市、大津町などにマイニング施設が建てられ、2020年までには、現在の1,600台から14,000台に増設予定です。

 

熊本電力が目指すゴールは、太陽光による余剰電力を最大限に下げた価格で供給し、世界に通用するマイニング事業を展開することです。
マイニング事業は電気代の安い中国に集中している現状がありますが、膨大な電力を消費するマイニングが環境問題として取り上げられていることから、クリーンエネルギーを選択する業者も現れています。

高い電気代がネックになり、利益率が下がってしまう国内のマイニング業界にとって、歓迎できる熊本電力の試みです。
国内のマイナーが増えれば、マイニングの報酬により仮想通貨の流通率も高まり、日本国内の仮想通貨市場にもプラスの影響が期待されています。



-ブロックチェーン, 暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.