取引所 最新ニュース

韓国の大手仮想通貨取引所Upbitがインドネシアとタイに海外進出

更新日:

韓国大手の仮想通貨取引所が、ついに海外進出を開始したことが分かりました。海外進出の背景には、韓国国内での仮想通貨規制強化なども関係しているとみられています。海外進出のはじめの一歩はシンガポールとなったUpbitでしたが、今回はインドネシアとタイで仮想通貨取引所の設立の動き始めました。

 

 

スポンサーリンク



Upbit がインドネシアとタイで取引所の開設へ


韓国大手仮想通貨取引所のUpbit が、海外進出を開始したことが先日Upbit公式サイトによって分かりました。

海外進出の背景には、韓国国内での仮想通貨規制強化なども関係しているとみられています。海外進出のはじめの一歩はシンガポールとなったUpbitでしたが、今回はインドネシアとタイで仮想通貨取引所の設立の動き始めました。

Upbitでは今年に入ってシンガポールに取引所を開設したばかりで、Upbit Singapore の公式サイトも開設したばかりでした。

 

豊富な取引ぺアで期待値大

 

韓国の大手仮想通貨取引所Upbitが、インドネシアとタイで新たに仮想通貨取引所を開設させる計画を発表したばかりですが、すでにシンガポールで取引所を開設させているUpbitでは、今回新たに開設する予定の2国で130種類以上の通貨の取扱いと、240の取引ペアが用意されることが公式サイトの発表で判明しています。

韓国のメディアが報じた内容によると、現地語であるタイ語とインドネシア語の公式サイトを開設しており、取引所が運営開始する前にすでに公式サイトが開設していることは、両国の仮想通貨市場にて、今後の可能性をUpbitが高く評価していることの表れだとみている専門家もいます。

 

Upbit インドネシア

Upbit Indonesiaの公式サイトはすでに開設していますが、まだ公式サイトのトップページのみとなっています。
上記の公式サイトトップ画面の画像からも分かるように、Upbit Indonesiaでは156種類の通貨取扱と、276の取引ペアが用意されるとのこと。

また、公式サイトには
<引用>米国のプレミアム・エクスチェンジ・パートナーであるBittrexから最新の暗号資産を購入して販売する<引用>
となっており、Upbitが提携するBittrexとの関わりもより一層強まるとみられています。

なお、インドネシアでは、先物取引委員会が仮想通貨を商品として規制する法令に調印したとして、今後のインドネシア国内での仮想通貨熱がどれほど伸びていくかが注目されます。

 

Upbit タイランド

 

 

Upbit Thailandの公式サイトはUpbit Indonesiaの公式サイトと比べると、サイトの充実度が上がっていますが、現在のところトップ画面のみの公開になっています。

トップ画面を見てみると分かりますが、取扱い通貨は131種類、241の取引ペアが用意されており、現時点では早期登録者限定で利用可能になっています。

タイ国内では今年の5月に仮想通貨規制を制定しており、仮想通貨取扱業者は政府への認定を受けた業者が運営可能であり、規制前から運営していた業者については審査されている間の営業が認められており、日本と同様の条件での運営が認められています。

 

Upbitの海外展開の背景

 

Upbitは韓国の人気チャットアプリ「カカオトーク(Kakaotalk)」を運営しているKakao Corp.の関連会社であるDunamu Inc.が運営をしており、今回のUpbitのインドネシアとタイでの仮想通貨取引所開設についてDunamu Inc.のCEOであるイ・ソクウ(李禹錫)氏は
<引用> Upbitは韓国で仮想通貨取引所を開設した当初より海外展開を視野に入れていた<引用>
と明かしています。

韓国国内では今年に入ってから仮想通貨市場に対して厳しい規制をいくつか制定しており、Upbitでも新規ユーザーの確保に陰りがあったとして、東南アジアを中心に海外展開を本格化させる計画を打ち出しています。

Upbitの関係者は韓国国内の仮想通貨への環境は良いものではないが競争は激化しており、国内の環境の回復を待ち、今回のチャンスを逃すと絶望的な状況になると述べています。

これまでさまざまな国で仮想通貨取引所の開設が行われてきましたが、今年に入って取引所への不正アクセスによる仮想通貨流出が後を絶たないことで、各国が対策に乗り出しており、今後は仮想通貨により肯定的な国への取引所の開設へ流れるのではないかとみている関係者も居ます。

海外取引所は日本国内の取引所と比較すると、取扱い通貨の数や取引ペアがけた違いに多い事などから、国内ユーザーが海外取引所を利用するケースも多く、今後もしばらくは取引所の再編とも言える展開が行われそうな予感がします。



-取引所, 最新ニュース
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.