取引所 暗号通貨 最新ニュース

またまた発覚!Zaifで不正アクセスによりBTCなど67億円相当が流出

投稿日:



今年に入って発覚したNEM大量流出事件を皮切りに、国内外の仮想通貨取引所で、ハッカーによる不正あくせすにより、多額の資産が流出する事件が相次いでいますが、またしても今度はZaifからビットコインなど67億円相当が流出した事件が発覚しました。そこで本日は、Zaifukara 67億円が流出した事件について迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク



Zaifで不正アクセスが発覚した経緯






Zaif公式リリースによると、今月14日頃以降Zaifが提供しているサービスのうち、入出金の一部のサービスが稼働していないことが発覚したとしています。

今月17日にサーバー異常を検知し、翌日18日にはハッキング被害を確認

その後のZaifによる社内調査の結果、入出金用ホットウォレットの一部が、買い部からの不正アクセスによってハッキング被害を受け、一部が不正に流出した事を公表しました。
その上で、顧客資産に被害が及ばないようにすることが最優先課題だとしたうえで、被害発覚後は金融庁と捜査当局への届け出を速やかに行ったほか、株式会社カイカ名だ尾を含めた第三者委員会の協力を得て原因調査と、顧客資産相当の財源の確保を行っていくと発表しました。

現在分かっている被害状況など

Zaifは顧客の入出金に対応するために預かり仮想通貨はホットウォレットにて保管されています。(※一部コールドウォレットにて保管)
このホットウォレットを管理しているサーバーへ今月14日12時頃から19時までの間に外部からの不正アクセスが実行され、管理していたビットコイン(Bitcoin/BTC)、モナコイン(MonaCoin/MONA)、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)が不正送金されました

ハッキング被害の状況は?

Zaifが不正アクセスでハッキング被害に遭った状況は、
ビットコイン⇒5,966BTC
モナコイン⇒調査中のため未発表
ビットコインキャッシュ⇒調査中のため未発表

と、以上の様になっています。

モナコインとビットコインキャッシュについては現時点でも調査中としていますが、公式リリースにて、被害額はビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ全てを含め、総額日本円でおよそ67億円相当であると公表しました。

現在のZaifの状況は?

現在、被害を受けた実際に流出した詳細などを含め、調査中とされていますが、二次被害を防ぐため、現時点ではサーバーを稼働させていないとしています、

再稼働については、消失した仮想通貨の被害数が確定でき次第、速やかにサーバー再稼働させる予定があるとしています、

なお、顧客被害額は67億円のうち、45億円相当であるとしたうえで、顧客の資産を毀損させないための財源確保に努めているとしています。

Zaifの企業としての動き

ハッキング被害発覚後、速やかに金融庁および捜査当局への報告を実施しており、その後顧客からの預かり資産に相当を提供するほか、原因究明に努めるとしています。

これらのほかに、今月20日付けにて株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じてZaifに対して50億円の金融支援と、Zaifの株式のうち過半数を取得する資本提携を実施、さらに監査役などの派遣を行う契約を締結しています。

併せて株式会社カイカとZaifの間でセキュリティ向上に向けた基本契約を締結し、株式会社フィスコ、株式会社カイカと協力して顧客の資産確保に努めることを約束しています。

今年の年明けより相次いだ不正アクセスによるハッキング被害で、最近はやや落ち着きを見せ始めたのでは?と、多くの方が感じていたのではないでしょうか。
さらに、金融庁の仮想通貨取扱業者の認可再開に向けた動きもみられていただけに、今回のZaifからの巨額流出事件が、再び仮想通貨の下落につながるのではないか?と危惧する声もすでに噴出しています。

多くのユーザーがZaifを利用しているだけに、一刻も早い解決を望みます。

参考サイト:
Zaif 公式リリース『仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について
株式会社公式 リリース『フィスコ仮想通貨取引所の新交換所システムは「Zaif」ハッキングとは無関係-テックビューロにはシステム面と金融面でサポートを実施へ-
株式会社カイカ 公式リリース『テックビューロ株式会社に対する仮想通貨交換所システムの技術支援について』



-取引所, 暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.