ブロックチェーン 最新ニュース

米空軍がブロックチェーン関連企業を利用して武器データの保護へ!

投稿日:

 

 

米空軍は、ブロックチェーン企業と、軍内の情報をより安全に追跡および共有するための契約に署名しました。現在、米空軍はブロックチェーンデータ管理会社と協力して、軍の他の部門と安全かつ迅速に情報を共有していく事を発表しました。

 

 

 

アメリカ空軍の武器データ保護の方法

 

 

ブロックチェーンのデータ管理会社フルーリー(Fluree)は本日、アメリカの空軍が分散型データベースを使用し、情報がシステムに入る方法と、誰がシステムにアクセスできるかを追跡すると発表しました。

 

これによって、空軍がアメリカ軍と海外の同盟国など、他の軍事部門と情報を共有しやすくなるとみられています。
Flureeの共同CEO(最高経営責任者)であるブライアン・プラッツ(Brian Platz)氏は、Flureeの技術は、データベース内にある情報の整合性を迅速に判断する際にも役立つと語っています。

 

 

Flureeが提供する技術とは?

 


※画像引用元:Fluree

 

Flureeは、スマートコントラクトを採用しており、スマート機能を使用してデータの変更時にコードがトリガー(処理リクエスト)されます。
スマート機能により、変更を要求する人に対して変更の許可が与えられ、変更がスキーマに適合することが保証されます。

 

これらはすべて、分散型台帳のセキュリティに関するもので、ビットコインのアカウントアドレスがある時点でトランザクションを実施したことを証明できるように、すべての情報がシステムにどのように侵入したかを証明できます。
このように、データはデータがどのように取得されたかがわからず、これに整合性があるかどうかもわからない典型的なデータベースよりも、データの整合性が非常に高いとプラッツCEOは説明しています。

 

プラッツ氏は具体的な例を挙げており、国々の多くは同じ軍事装備と運用装備を共有しており、例えば、F35戦闘機はさまざまな国で使用されていることから、新システムを使用して、他の部門と安全かつ迅速に運用情報やメンテナンス情報に加え、部品情報の共有ができると解説しました。

航空機に重大な安全性の問題があり、空軍が誰かに警告したい場合、誰がそれを報告しているのかをどうやって知るのか、相手は誤った情報を報告や長そうとする悪意を持った人物の可能性もあると同氏は述べています。

 

 

Flureeの概要

 


※画像引用元:Fluree

 

Flureeは2016年にプラッツ氏と共同創業者であるフィリップ・フィリポウスキー(Flip Filipowski)氏によって設立されました。

アメリカ・ノースカロライナ州ウィンストンセーレムに本拠を構え、ブロックチェーンスタートアップ企業として事業展開をしています。

 

航空宇宙MROバリューチェーン全体の可視性、コンプライアンス、相互運用性を向上させるために、部品の起源と経過を追跡するMROや、デジタル接続された共同サプライチェーンのエコシステムを構築。
安全なデジタルID管理のために、堅牢(けんろう)なコードとしての許可、秘密・公開キーの暗号化、およびカスタム分散台帳技術を組み合わせるクレデンシャルとアイデンティティや、次世代の保険商品とワークフローを構築し、データの整合性を活用して、リスクの可視性、業界のコラボレーション、不正防止を改善するサービスなどを提供しています。

 

プラッツ氏によると、クリスマス前後に契約を勝ち取り、2020年中に取り組みを始めることが発表されており、昨年6月には4,490のベンチャー率いるシードラウンドで470万ドルの資金調達に成功しています。

これまでの作業には、インドの卒業生が不正な程度と戦うためのブロックチェーンデータベースの作成が含まれています。
今後のプロジェクトについては、アメリカの主要な病院システムとの連携、および米国エネルギー省との連携が含まれているという。



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.