暗号通貨 最新ニュース

タイ警察が27歳俳優を含む7人を2400万ドルの仮想通貨詐欺て現在拘束中

更新日:



現在タイ警察では、27歳の俳優を含む7人のタイ人を仮想通貨詐欺で逮捕したと地元メディアが伝えています。
被害総額2,400万ドル相当に匹敵する今回の詐欺事件の内容について本日は迫ってみたいと思います。






タイで巨額仮想通貨詐欺が発覚

タイの地元紙であるバンコクポストが今月9日に報じた内容によると、ジラトピシット ブームジャーラビジット(Jiratpisit "Boom" Jaravijit)という27歳の俳優とその兄や妹などを含む7人を2,400万ドル、日本円でおよそ26億円の巨額仮想通貨詐欺を働いたとしてマネーロンダリングの罪で警察に拘留している事を報じました。

今年7月26日に、フィンランド在住の男性から、外国人に7億7,700万バーツ、アメリカドルで2,400万ドル相当の仮想通貨を投資しないかと持ち掛けられたとして、この男性が刑事裁判所を通じて告訴を受理。

これを受けて地元のタイ警察が逮捕状を請求し、授与されたことでマネーロンダリングの罪で拘束したと報じています。
しかし、報道によるとジラトピシットはこの罪を否定しており、タイ警察が現在も引き続き取り調べのため拘留を続けているという。

マネーロンダリングの罪に当たるとされているのは、仮想通貨の一つであるドラゴンコイン(Dragon Coin)に投資した企業の株を勧めており、投資家である株の購入者には株主総会への招待や株式の配当などを約束していたという。
しかし、今回訴えを出した男性は、本来受けるはずべき配当などを受け取れなかったと主張しているという。

タイの犯罪防止委員会では、犯罪者がビットコインをウォレットから引き出し、それをタイバーツに換金しており、これはマネーロンダリングにあたると主張しているという。

世界中で広がり続ける仮想通貨詐欺

仮想通貨に関連した詐欺は世界中で広がっており、その額も現金ではない仮想通貨であることから、被害額も巨額になりがちとなっています。

先週には韓国の警察が、113年前に沈没したロシア船籍のドミトリー・ドンスコイ(Dmitrii Donskoi)船の犠牲者を暗殺したシンイルグループの事件を捜査する中で、投資家が自社の仮想通貨を購入する様促すとともに、購入者にはシンイルが船に眠っている財宝から購入代金を払い戻すとして、10万人の投資家から600億ウォン、5億3,700ドル(日本円で57億円相当)の資金を集めていたことが発覚しています。

しかし、このドミトリー・ドンスコイ船に財宝が眠っている証拠はなく、価値のある物が果たして本当に眠っているのかも分からないと伝えられています。

東京に拠点を構えるセキュリティソフトウエア会社であるトレンドマイクロ社は、オンラインで購入可能なビットコイン(BTC)自動預け払い機(ATM)を狙ったマルウエアを発見したと報じています。

トレンドマイクロ社の調査によると、これまでスキミングツールのような装置を利用する手法が主流であったのが一転して、マルウエアを利用する手法に変化していることを報告しています。

今回発見されたビットコインATM機を狙ったマルウエアは、裏サイトフォーラム上にて25,000ドルで、EMVとNFC(near-field communication)機能を備えた即使用可能なカードを添付してBitcoin ATMマルウエアを購入することができると募集していたと公表しています。

これらからも分かるように、購入資金があれば誰でもマルウエアを購入できる状態になっていることからも、今後は仮想通貨詐欺が増えるとみられています。

現在すでに仮想通貨を保有している方は、より一層仮想通貨の保管に関するセキュリティを強化しなければなりません。
※トレンドマイクロ社ブログ『ビットコイン ATM を狙うマルウェアをアンダーグラウンド市場で確認』より


今回のタイでの仮想通貨詐欺のまとめ

比較的地位があり、金銭的にも一般の人々より余裕があるとみられるタイの若手俳優が仮想通貨を利用した詐欺の一員であるというニュースはとてもショッキングなニュースとして地元タイでも伝えられているようです。

日本でも、スピンドルを舞台にシンガーソングライターであり、俳優兼タレントのGACKT氏が仮想通貨に関連した事件に関与しているのではないかとささやかれているだけに、今回のタイの俳優が行った仮想通貨詐欺事件は今後も大きな注目を集めそうです。



-暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.