取引所 最新ニュース

仮想通貨取引所TAOTAOが不正ログイン損失補償制度の導入を発表

投稿日:

 

 

本日よりヤフー株式会社がZコーポレーションに社名変更がされました。ヤフー株式会社としての最終日である昨日、子会社である仮想通貨取引所のTAOTAOが、東京海上日動火災保険とのタイアップによって万が一の損失補償制度を導入すると発表しました。

 

 

TAOTAOが損失補償制度を導入!

 

 

日本人にはさまざまな年代から認知され、名実ともに日本のトップ企業として君臨するヤフー株式会社(東京都千代田区:川邊 健太郎代表取締役社長)が、本日より社名をZホールディングスへと変更しました。

 

そのZホールディングスの完全子会社であるZコーポレーション東京都千代田区、高田 徹代表取締役社長が出資する仮想通貨取引所のTAOTAO(東京都港区:荒川 佳一朗代表取締役)が9月30日、不正ログインにより顧客が損失を被った場合の補償制度を導入したと発表しました。

 

顧客資産の安全性向上のため、2段階認証登録済みの顧客メールアドレス・パスワードなど、盗取により行われた不正ログインによる不正な日本円出金にかかる損失への補償を対象としているという。

 

 

TAOTAOが損失補償制度を導入した背景

 


※画像引用元:TAOTAO

 

TAOTAO公式サイトのお知らせによると、2段階認証を登録済みの顧客が万が一、不正ログインによって損失を被った場合、最大で100万円までを保証するとしており、東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区、広瀬 伸一取締役社長)とのタイアップにより導入したと発表しています。

 

導入の背景として、仮想通貨取引をめぐって近年、多額の資金流出を伴う事故がいくつか発生しており、そのいずれもが外部からの不正アクセスにより引き起こされていたことを問題視しており、TAOTAOの顧客が安心で安全な仮想通貨取引ができるように導入に踏み切った事を公表しています。

この損失補償制度は、24時間365日のシステムによって監視されており、顧客資産の大半を外部ネットワークから隔離されたコールドウォレットで管理し、マルチシグの導入や二段階認証によるなりすましの防止などの安全策を続けてきたとしています。
これらの顧客が安心で安全な取引ができるよう、TAOTAOが環境整備を行う中で、万が一の不正ログインが発生した場合に関する補償制度が必要だったとしています。

 

 

保証制度の内容について

 


※画像引用元:TAOTAO

 

同保証制度では、2段階認証を設定しているアカウントを対象に、ログインIDやパスワードの盗難などにより、不正ログインによる不正出金によって被る“なりすまし”によって発生した損害等について、1回の請求で最大100万円を保証するとしています。

 

保証適用される対象となるのは、
・出金先銀行口座に日本円で不正に出金されたこと。
・2段階認証の設定をしていること。
・出金先銀行口座情報の変更時および出金先銀行口座に日本円を出金する際に2段階認証を設定していること。
・ログインIDやパスワードの盗難または不正出金の発生した際、直ちに所轄警察署およびTAOTAOに通知していること。

以上のように発表されています。

なお、2段階認証とは

資産保護およびセキュリティ強化を目的として、ログインパスワード(第1認証)の入力に加え、端末上で常時発行される認証コード(第2認証)を入力させる仕組みです。悪意のある第三者により不正操作を防ぐためにも、2段階認証をご設定いただくことを強く推奨しております。

としています。

 

現在TAOTAOでは、ビットコインと イーサリアムは「現物/レバレッジ」取引が行われており、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュについては「レバレッジ」取引が可能です。

 

 

※参考サイト:TAOTAO「不正ログインによる不正な出金にかかる損失への補償導入のお知らせ
TAOTAO「仮想通貨取引所「TAOTAO」不正ログインによる顧客の損失を最大100万円まで補償する制度を導入



-取引所, 最新ニュース
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.