ブロックチェーン 最新ニュース

農業サプライチェーンイニシアチブはConsenSysでブロックチェーンを出荷

更新日:



ConsenSysは、ADMやその他の大規模農業企業が設立したコンソーシアムであるCovantisの「リードテクノロジーパートナー」となりました。世界最大の農業企業のいくつかによる貿易近代化イニシアチブであるCovantisは、ConsenSysを利用してブロックチェーンネットワークを構築しました。


ConsenSysでブロックチェーンを出荷






Covantisが既にブロックチェーンプラットフォームに定住していることを考えると、J.PモルガンのイーサリアムスピンオフであるQuorumは、企業が許可されたネットワークを作成できるようにします。
ConsenSysの実装に依存しているのは驚きかもしれません。

本日の発表で、ボーダレスビジネスネットワークを作成するためのカレイド、スマートコントラクトセキュリティをテストするためのMythX、ブロックチェーントランザクションを管理するためのPegaSys Orchestrateなど、プロセスで役立つと予想されるいくつかのConsenSysツールについて具体的に言及しています。

過去2年間、カレイドで非常に安全かつ準拠したパフォーマンスの高いエンタープライズ生産ネットワークを運営し、これまでにブロックチェーンで10億ドル以上を取引している業界リーダーと提携しているとカレイド創設者であるソフィア・ロペス(Sophia Lopez)氏は海外メディアに語っています。
ロペス氏はコメントで、業界のエコシステムを発展させ、今後の緊密なコラボレーションを楽しみにするというコバンティスのビジョンに非常に感銘を受けたことを明かしています。

コバンティスのことは聞いたことがないかもしれませんが、少なくとも一部は聞いたことがある人はいるのではないでしょうか。
たとえば、バンジ(Bunge)、カーギル(Cargill)、グレンコアアグリゲーション(Glencore Agriculture)、ルイドレイファスカンパニー(Louis Dreyfus Company)などはすべて、収穫、処理、または輸送事業を通じて消費者のテーブルへ食べ物を届けるのを担っている企業です。

コンテキストについては、ADM、Bunge、およびLouis Dreyfusはすべて2019年のフォーチュンのグローバル500にリストされています。
グレンコア農業は世界で16番目に大きい企業としてランク付けされているグレンコアの一部で、コバンティス内の企業は、2018年に約半兆の収益を報告しました。
ここまでの規模に成長した企業高からこそ、これらの企業はブロックチェーンを企業展開に取り入れることを模索しています。

Covantisとはどのようなものなのか






Covantisは、基本的に、農業サプライチェーンの事務処理を分散型台帳に置き換える方法です。

設立会社は、ブロックチェーン技術を活用することで、穀物やその他の商品は出荷しやすくなると考えています。
たとえば、契約やペイロードの変更など、関連するすべての情報はすべての関係者が簡単に見ることができるからです。

ブロックチェーンを実装し、物理的な事務処理や電子メールを排除することで、海から毎年送られるおよそ11,000の穀物および油料種子の出荷の文書を7〜10日短縮できると推定しています。より速い配達はより低い費用を意味し、潜在的に、より低い消費者価格を意味します。

ConsenSysの創設者であるジョセフルービン(Joseph Lubin)氏にとって、このパートナーシップは理にかなっていると考えているようで、このプラットフォームは、ブロックチェーンテクノロジーが、業界内および業界間の情報サイロのコラボレーションと削除によって価値を解き放つという約束を果たし始めた証拠であると声明で述べています。

2018年10月に最初に発表されたCovantisは、プラットフォームが2020年に稼働させることができるよう、体制を整えています。
警告は、規制当局の承認が必要です。
世界規模で、必要なすべての政府当局の規制をブロックチェーンへと乗せるには時間がかかるかもしれませんが、実装できれば、ややこしく手続きが面倒と言われる港湾関係を通過する食の往来も、現在よりもっと豊かで便利に食卓まで届けられるのではないでしょうか。



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.