最新ニュース

米証券取引委員会が却下した9つのビットコインETFの再提出を求める

更新日:

米証券取引委員会(SEC=U.S. Securities and Exchange Commission)は、10月下旬に期限を定め、ビットコインETF(ビットコイン上場投資信託)申請の再審査に関する意見書の再提出を求めると今月4日に発表しました。ウィンクルボス兄弟らもSECへETF申請を過去に2度提出し、来られは全て却下されたことが分かっていますが、何故、一度申請拒否判断を下したSECが意見書の再提出を求めたのでしょうか。

米証券取引委員会がETF申請の意見書の再提出を求める






アメリカ証券取引委員会(SEC=U.S. Securities and Exchange Commission)が今月4日、ニューヨーク証券取引所(NYSE=New York Stock Exchange)もしくはシカゴ・オプション取引所(Cboe BZX=U.S.Equities Exchange Price Improvement)のいずれかにてビットコインETFの申請書の提出を行っていたプロシェアーズ(ProShares/※2度申請)、ディレクシオン(Direxion/※5度申請)、グラナイトシェアーズ(GraniteShares/※2度申請)の合計9つのビットコインETF(ビットコイン上場投資信託)申請の再申請を開始する予定があることを明らかにしました。

このプロセスの一環として、アメリカ証券取引委員会では、NYSE ArcaとCBOEの申請書を修正。
その後、仮想通貨交換事業者が代理店に提出した資金に関する明確な情報を意見書に記載するよう求めたとしています。
SECは、修正された申請書の承認または避妊の判断を下すため、意見書の再提出を11月5日(当初は期限を10月26日までとしていましたが、その後11月5日に変更)までと設定し、正式な審査プロセスを開始するとしています。

なぜ一度却下されたETF申請の再提出を求めたのか

多数の投資家の間でこれらのファンドの1つが間もなく規制証券取引所に上場されるのではないかと期待していましたが、8月22日に提出されたこれらの申請をアメリカ証券取引委員会は拒否しています。

期待していたETF申請が却下されたとして、多くの投資家たちは肩を落としましたが、申請却下の判断が下った翌日、アメリカ証券取引委員会の委員長が自らが“代理店従業員によってなされた判決を再度審査すると発表し、再び投資家らの間で大きな期待が持たれています。

アメリカ証券取引委員会では、VanEckとSolidXが提出したBitcoin ETF申請について、少なくとも今年の12月まで延期するようにしたと明かしています。

アメリカ証券取引委員会の委員長のヘスター・ピアース(Hester Peirce)氏は自ら一度却下されたETF申請に対し、ガイドラインが守られているかを判断するのではなく、投資家にとって適切であるかを見極めるべきだとして、再度慎重に調べると発表しています。
しかしその一方で、専門家たちからは、アメリカ証券取引委員会は来年初めまで正式な判決を出さない可能性が高いだろうとみられています。
また、今回の発表はビットコインや仮想通貨市場価格にあまり影響を及ばさないだろうという見方が大半の様です。

前回の拒否判断はどうなるのか?

8月22日に3社から計9つのビットコインETF申請が全て拒否されましたが、今回の申請書の再提出を受け、一度拒否された事に対し、どうなるのか?と不安の声が投資家の間からも聞こえていましたが、以前下された拒否判断に関しては有効であるとしています。

今後11月5日までにETFも再申請を要請された3社が“賛成または反対”の意見を行い、来月5日以降、アメリカ証券取引委員会がETFの可否を判断するとみられます。

現在アメリカではゴールドマンサックス社などを初めとする大手の金融機関が、デジタル資産取引サービスに向けたシステムの開発を進めており、もしETFが承認された場合は金融市場および機関投資家から莫大な資金の流入が行われるだろうと専門家は語っています。

アメリカ証券取引委員会のETFに対する見方は今のところ右往左往している印象を受けます。
また、期限を当初10月26日としていたところ、11月5日までと延期した事もこれらを更に印象付けている形となりました。
ただし、11月5日にはETF可否が発表されるかについては今のところ不透明なままとなっています。



-最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.