最新ニュース

ジェミニとコインベースがリップルの取り扱い提案を拒否した

更新日:



世界最大級クラスのアメリカ仮想通貨取引所であるジェミニとコインベースがリップルの発行するXRPの取り扱い提案を拒否していると、ブルームバーグ誌によって報じられました。

スポンサーリンク



アメリカ大手仮想通貨取引所がリップルの取り扱いを拒否






現在リップルはイングランド銀行やタイ銀行、インドネシア銀行、シンガポール銀行などの中央銀行をはじめ、世界各国の銀行、そして三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行などの国内主要銀行をはじめとする国内の銀行など多数の銀行と提携を行っています。

これほどの数の銀行と提携を結んでいる銀行は他の仮想通貨にはなく、リップルがいかに国内外から重要視されているのかが提携銀行数を見るだけでもうかがい知ることができます。

しかし、昨日ブルームバーグ誌が報じた内容によると、仮想通貨市場で3位にキープしているリップル(XRP)でも問題を抱えていることが分かりました。

報じられた内容によると、これほどまでに複数の銀行と提携を結んでいるリップルですが、アメリカの大手仮想通貨取引所であるジェミニとコインベースはリップルの取り扱いを行っていません。

ジェミニ(Gemini)とは?






ジェミニ(Gemini)は法令順守で政府の要件を従順に守っている証としてニューヨーク州金融サービス局から認可を受け、2015年に創業した仮想通貨取引所です。
世界初のオークション形式を導入したほか、世界初のイーサリアム採用を取り付けたFacebookと深い関わりを持っているあのウィンクルボス兄弟の立ち上げた取引所として、世界中から注目されている取引所です。

コインベース(Coinbase)とは






コインベース(Coinbase)はフォーブス誌が発表した仮想通貨億万長者ランキング6位に選出された民泊サイト「Airbnb」のソフトエンジニアを務めていたブライアン アームストロング(Brian Armstrong)氏が運営している仮想通貨取引所で、多くのユーザーを抱える世界で1、2を争う巨大仮想通貨取引所です。

ブライアン アームストロング(Brian Armstrong)の関連記事はこちらです。

リップルが逆風に!?

リップルはなんとか大手取引所2社に取り扱いをしてもらえるよう、ジェミニとリップルに対し、金銭的なインセティブを非公開で提案をしていたことが分かっていますが、これに対してリップルの提案は、リップル社の将来的な成功の一端がジェミニとコインベースでのXRP取引にかかっていることを示唆しています。

また、アメリカ当局は証券とみなすことができる仮想通貨を、取引所免許のない交換業者に扱わないように警告するなど、リップル自体が大きな逆風に立たされていることが露呈しました。

リップルはジェミニに対して日本円でおよそ1億700万円(100万ドル)でリップルの第3四半期(7月~9月)からの取り扱いを打診したほか、関連コストやさまざまな優遇策を提示していたことが分かっています。

さらに、Coinbaseとはリップルが取引開始の打診を行うと同時に、その見返り策としてコインベースに対しておよそ1億ドルのXRPを貸し出すことを提案していたと関係者筋の話として報じられています。

リップルの提案に対する2社の反応は?

リップルが大手仮想通貨取引所で取り扱いを打診した件で、リップル側は2社に対して優遇措置とも言える優遇案を提示していましたが、ジェミニとコインベースの2社はこれらの優遇案を提示されても拒否する姿勢をしめしたと報じています。

これに対してリップルの広報Emmalee Kremer氏は2社に対する提案は一部不正確と述べていますが、同異なっているのかなどの具体的な詳細に関しては公にしていません。
また、XRPを最も流動性の高い資産としてグローバスな決済を実現していきたいとの考えを述べるにとどまっており、今後もこれらの交渉が続けられるのかなどについては一切言及していません。

XRPの誕生の背景には、現在行われている銀行間送金の手数料などをより進化させ、安くスピーディーに送金することを目的として設計されていますが、もし、冒頭で述べた様に、アメリカ当がXRPを“有価証券”とみなした場合、ほぼ規制がないと言える仮想通貨市場からは外れ、現在の株式市場の様な厳しい規制と管理下の元に置かれるのではないかとも言われており、これらの問題に対して大手2社が取り扱いを決断できないのではとの見方もある様です。

リップルの問題だけにとどまらず、この問題は仮想通貨市場や金融市場にも大きく関わるだけに、今後どのような方向へ向かっていくのか、もうしばらく注視する必要がありそうです。



-最新ニュース
-, , , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.