ブロックチェーン 暗号通貨 最新ニュース

フィリピンのユニオンバンクが独自通貨PHXを発行・取扱い開始へ

更新日:

 

 

マニラに拠点を構えるAboitiz(アボイティス)グループの傘下であるユニオンバンク(UnionBank)が、フィリピンペソ(₱/法定通貨)に固定された独自ステーブルコインPHXを発行。これによりユニオンバンクは、フィリピン国内でブロックチェーン技術を利用した初の銀行になりました。

 

 

 

フィリピンユニオンバンクがPHXを発行

 


※画像引用元:フィリピンユニオンバンク

 

フィリピンのマニラに拠点を構える国内最大規模の企業であるAboitizグループの傘下であるユニオン銀行(UBP:Union Bank Philippines、※以下、UBPと表記)は、PHXと呼ばれるフィリピンペソに固定されたステーブルコインを発売しました。

 

地元のインターネットメディアは、UBPと提携するルソン島のサミット農村銀行(Summit Rural Bank)、ヴィサヤのプログレッシブ銀行(Progressive Bank)、ミンダナオのカンティラン銀行(Cantilan Bank)の計3行の顧客がPHXを利用し、PHXの購入、振替、償還取引、国内送金取引を成功させたと報じました。
同国内で銀行が仮想通貨を発行するのは初めてで、ブロックチェーン技術を使用して取引する初の銀行になりました

 

PHXトランザクションは、UBPと地方銀行を結ぶConsenSys社のプラットフォームKaleidoで構築された「i2iプラットフォーム」にて取引が行われました。

 

PHXは、1 UPHP = 1 Phpであり、価値の安定した交換の媒体で、自己実行ロジックを備えたプログラム可能なトークンあり、支払いの透過的かつ自動実行を可能にするとUBPのシニアバイスプレジデント責任者のアルビー・デ・ベラ(Arvie de Vera)氏は語っています。

UBPがPHXの発行者のため、PHXの価値は銀行に後押しされ、常にフィリピンペソと同等であることが保証されています。
ステーブルコインは、フィリピンペソなどの別の安定資産に固定された仮想通貨であり、ビットコインなどの他の暗号通貨と比較してボラティリティを最小限に抑えるとしています。

前出のデ・ベラ氏は、ガバナンスは設計によって保証されており、過去の課題はもはや問題ではなくなっており、監査とコンプライアンスは簡単になったと語っています。

PHXは、UBPアカウントから直接引き落とすことでステーブルコインを購入できるi2i参加者が利用でき、参加者はPHXを簡単にペソに引き換え、口座への入金もできます。

 

 

地方銀行と大手銀行を結ぶ役割を担うPHX

 

 

i2iプロジェクトは、島から島へ、機関から機関へ、個人から個人への略で、ブロックチェーンテクノロジーを通じて農村地域などに拠点を構える地方銀行を接続するUBP決済システムです。

PHXは相互運用できるように設計されており、将来的にはフィリピン以外の世界中でさまざまなプラットフォームやウォレットで使用される可能性を秘めています。
PHXによって取引や支払い、その他のユースケースをよりアクセスしやすく、効率的かつ包括的にする可能性があります。

 

出稼ぎ労働者を多く抱えるフィリピンでは、およそ1000万人以上の出稼ぎ労働者を送りだしているフィリピンでは、世界各地へと出稼ぎをしており、給与を自国に家族に送金する労働者が大半のため、送金サービスに大きな需要があるとメディアでは報じています。

UBPでは、フィリピンのBest Digital Bankとして複数の賞を受賞しており、ブロックチェーンベースの最初のGeneral Circulars(GC)プラットフォームを立ち上げています。

 

このGCは社内従業員に向けた自社開発開発プラットフォームで、GCを通じてUBP従業員は公開されたすべてのGCを表示するホームページにアクセスし、従業員に配布する内部文書の最新バージョン、更新バージョン、改訂バージョンを正確かつ迅速に確認できるシステムをすでに立ち上げていました。

 

 

※参考サイト:Philippine Star



-ブロックチェーン, 暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.