暗号通貨 最新ニュース

ベネズエラのニコラス・マデューロ大統領がペトロ空中投下作戦を予定

投稿日:

 

 

今週土曜、南米ベネズエラのニコラス・マデューロ(Nicolás Maduro)大統領が全国放送のテレビ番組で、国民に向け、ペトロアプリに登録している国民に対して驚きの空中投下作戦を決行することを語り、賛否両論が巻き起こる中、高い関心が寄せられています。

 

 

 

ベネズエラでペトロ空中投下作戦の予定!

 

 

ベネズエラのニコラス・マデューロ(Nicolás Maduro)大統領が今週土曜、全国放送されているテレ部番組に手、ペトロアプリに登録しているベネズエラ国民に対し、最低賃金の5倍にあたる0.5ペトロを寄付する予定であることを語りました。

※当サイトのベネズエラに関する特集記事「仮想通貨ペトロはハイパーインフレに陥ったベネズエラの打開策か?」、「経済危機のベネズエラで仮想通貨取引が急増!政府発行のペトロは?」、「ベネズエラ国家支援仮想通貨取引所が新たなデビットカードを発売」もあわせてご覧ください。

マドゥーロ大統領は全国放送されているテレビ番組の中で、ベネズエラ国民であり、ペトロアプリに登録をしている国民すべてに対して0.5ペトロを付与することを発表。

 

ただし、0.5ペトロを受け取るには1つ条件があり、新しくリリースされたペトロアプリでアカウントをダウンロードして登録を済ませる必要あると述べています。

ペトロアプリは、ベネズエラ国民が、ビットコインやイーサリアム、ライトコインなどの仮想通貨からペトロを購入できるようにするためのベネズエラ国公式ペトロウォレットです。
現在利用可能な唯一のペトロウォレットであり、デジタル通貨を使用するすべての取引はこのプラットフォームを介して行なわなければなりません。

 

 

ペトロ採用に一歩近づいた

 

 

マドゥロ大統領は昨年にも、今回の発表と同じ様にペトロの配布を実施しています。

今回の配布と異なる点は、当時の政府内が主導して立ち上げられ、ベネズエラの社会的利益管理のために設計されたプラットフォーム「パトリア」システムを通じてトークンを付与しています。

 

パトリアシステムを通じて、ベネズエラ国民は関連する社会経済情報を登録できるため、国家は公共政策を管理できます。
その代わり、発表された国からのボーナスを、ポータルを介して管理できる仮想ウォレットに預け入れます。

 

 

ペトロ空中投下目的とベネズエラ国民の感情

 

 

ベネズエラ国民は、これらのクレジットを、ペトロアカウントに関連付けられた銀行口座で利用可能なフィアットと交換できます。
そして、今回のペトロのボーナス配布についても同じ論理に従いっており、個人が空中投下を受け、それを銀行口座に直接預けられたボリバー相当の物と交換できます。

 

しかし、このプロセスについては複雑でかつ既存の形ある法定通貨で利益を期待している国の高齢者によって大きな批判が噴出していました。
当時、マデューロ大統領に対する政治的反発に対しても動きを広げ、仮想通貨で国家の利益を出すことの正当性に疑問を呈する声が高まりました。

ペトロアプリを含む今回の新システムについては、銀行の仲介を排除することでプロセスを簡素化することを目的としていることが分かっています。
計画が成功すれば、システムはベネズエラ国民がトークンの無料交換を可能にする仮想通貨ウォレットを使用するように条件付けする重要なステップを印象付けられます。

このシステムについては、楽観主義的な意見から厳しい批判に至るまで、支援を目指す人々からのさまざまな反応も生み出しています。

 

過去の技術的な問題やこれまでのペトロアプリへの対応を考えると、マデューロ大統領政権下は、国家発行の仮想通貨で数百万人が取引する仮想通貨国を構築する前に、相当困難な道を歩んでいかなけらばならないとみられています。



-暗号通貨, 最新ニュース
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.