取引所 暗号通貨 最新ニュース

高セキュリティを誇るアトラス・クオンタムで26万人の個人情報が流出

更新日:



8月25日にブラジルの仮想通貨取引所アトラス・クオンタムで、26万人を超す顧客の個人情報が流出する事件が起こりました。ブラジルの仮想通貨取引所で起きた今回のハッキングでは、どんな情報が流出したのか、流出元となるアトラスクオンタムは、セキュリティ面の高さを誇っていただけに、今回のハッキングは大きな波紋が起こりそうです。

常に狙われている個人情報や資産






ブラジルで高い人気がある仮想通貨取引所アトラス クオンタム(Atlas Quantum)でハッキング被害がおこり、26万人分の顧客情報が発生しました。
現時点で仮想通貨の盗難被害はないとのことですが、25日に情報の流出が発覚し、それ以来調査を続けています。

日本でも1月にコインチェックがハッキングに遭い、大量の仮想通貨自体が盗まれてしまいました。
実際に仮想通貨NEMを所持していた人はもっちろん、仮想通貨業界全体が揺れ動き、連日のように報道され続けました。

この流出事件では、580億円相当にあたる巨額の仮想通貨NEMがものの見事に盗まれ、マウントゴックスの被害額よりも、多くの仮想通貨が被害にあいました。

これまで銀行から大金を盗むためには、武器を使用した“銀行強盗”が常でしたが、ネット上で多くの資産のやり取りが行われはじめると、わざわざ銀行まで行く必要さえなく、自宅や好きな場所に居ながら、大金を盗み出せてしまうようになりました。

流出したNEM保有者に対しては、日本円で返金されたため、投資家の資産はなんとか守られましたが、仮想通貨や取引所の安全対策に対する信頼が大きく揺らいだ事件となりました。
未だ犯人は特定されておらず、コインチェックから盗まれたNEMは、犯人が開設した取引所によって、相場より安い価格で取引され完売したとみられています。

NEMが盗まれてしまった原因には、コインチェック側のセキュリティの甘さが上げられています。
もちろん、セキュリティ面では些細な緩みやほころびは許されませんが、抜け道を探り、個人情報や資産を狙っているハッカーは、世界中に常に存在しています。

他にも今年6月には、韓国の仮想通貨取引所ビッサムでは約33億円の通貨が流出しています。
大きな報道はされなくても、個人のアカウントなどを狙った不正な取引は日常的に発生しており、日本経済新聞の報道によると、2017年の仮想通貨流出被害は6億円を超え、169件発生していると発表されています。

ネットバンキングの不正被害は減少する傾向にあり、現在は30億円を超えた2015年から約4分の1以下に減少しています。
コインチェックと同様、仮想通貨関連のセキュリティの未熟さが犯行グループにとって、格好のターゲットになっています。

ではここで、ブラジルで起きたアトラス・クオンタムンハッキング被害をもう少し掘り下げて調べてみましょう。

セキュリティの高さを誇っていたアトラス・クオンタム

アトラス・クオンタムは100人以上のスタッフで、30億円の資産を運用しているブラジルで人気の仮想通貨取引所です。
アトラス・クオンタムは、アービトラージを取り入れていることで、多くの投資家の注目を集めていました。

アービトラージは仮想通貨だけに使われる資産運用の方法ではなく、株やFXの投資でも以前から使用されてきた手法です。

“勝率が限りなく100%に近い”と言われるアービトラージは、“裁定取引”とも呼ばれており、取引所毎に生じる価格差を利用して大きな利益をあげることを目玉にしています。
安い取引所で購入をして、高い取引所で売る手法、それがアービトラージです。

アトラス・クオンタムでセキュリティに被害が生じていることが発覚したのが、8月25日の夜でした。
個人情報が流出していることが発覚し、すぐにセキュリティアドバイザーと共に対応にあたっています。

資産自体のハッキングは見られないものの、26万4000人分の名前、電話番号、メールアドレス、アカウント残高が流出しました。
個人情報や個人の資産内容が明らかになり、さまざまな波紋を呼んでいます。
個人情報に関しては、日本でも売買されているほど、さまざまな分野で価値を持っていることから、メールアドレスや電話番号が今後、犯人たちによって悪用される懸念も残っています。

アトラス・クオンタムは、高いセキュリティを徹底していることを公式サイトでアピールしています。
一流のセキュリティで、顧客の資産や個人情報を守っていたはずのアトラス・クオンタムから26万人以上の情報が流出したことは、多くの仮想通貨関連業者にとり、大きな課題を残したことにもなります。

高いセキュリティを自負していたアトラス・クオンタムでハッキング事件が発生したことは、内部犯行の可能性も疑われていますが、今後の捜査で詳細が明らかになっていくことを望みます。



-取引所, 暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.