最新ニュース

ナスダックCEOが仮想通貨取引所への参入に前向き発言で注目集まる

更新日:



昨年の暴騰から一転し、今年に入るとさまざまな事件の影響を受けたこともあり、仮想通貨全体で価格が暴落しており、中には仮想通貨は終わった、仮想通貨バブルはじける…という声も上がるようになっている中、ナスダックCEOが仮想通貨取引所への参入に関し、前向きな発言をしたことで世界中から注目を集めています。

ナスダックCEOが仮想通貨取引所参入に前向き発言






ナスダックのCEOであるアデナ フリードマン(Adena Friedman)氏がCNBCで4月25日に放送されたテレビ番組「Squawk Box」内で仮想通貨取引所参入に対して前向きな発言をしました。

番組内で投資家であるKevin O’Leary氏から「多くの人たちが仮想通貨市場は流動性がないことが不満に感じている。ナスダックはその
と話かけられた際、フリードマン氏は「仮想通貨取引は、今後も継続されていくとみられる。問題は、(仮想通貨市場が)どれくらいの時間を要して成熟するのかという点である」と答えています。

さらに、規制された取引市場を創設したいかどうかの問いかけに対してフリードマン氏は「もちろん、ナスダックはそういった事も含めて検討をするでしょう」と語っています。

ナスダックが仮想通貨取引を監視する!?

フリードマン氏はナスダックが開かれた仮想通貨取引の場を作る事を検討するだろうとテレビ番組内で語っています。
インタビューを受けた当日、ナスダックが仮想通貨市場の監視を目的にGeminiと業務提携を結んだことも公表しました。

これはGeminiと提携を組み、ビットコインとイーサリアムペアの仮想通貨取引を監視する事を目的としており、このニュースに関してGeminiでは公式サイ上にて
「ナスダックのSMARTSという市場監視技術を利用して取引異常の監視と、市場操作をなくすことを目的に公平なサービスを提供したい」と提携に至った背景について公表しています。

Geminiとは仮想通貨ユーザーの中では既に知っている方も多いですが、キャメロン ウィンクルボス(Cameron Winklevoss)氏とテイラー ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)氏の双子の兄弟が設立した仮想通貨取引所で、世界で1、2を誇るユーザーを抱える巨大仮想通貨取引所です。

なおこのナスダックの監視技術はSMARTSと呼ばれているもので、不正取引に対する調査や検出、分析を全て自動的に行うことが可能な特殊技術です。

仮想通貨市場を取り巻く環境が好転している!?

ナスダックCEOが仮想通貨取引所への参入に対して前向きな発言をした事で仮想通貨市場を取り巻く環境が好転しつつあるのではないかとの見方も出ています。

その一例として、ロシアではモスクワ証券取引所が昨年、政府によって規制を導入する場合、取引のためのプラットホームを用意すると公表したほか、世界中で今後仮想通貨市場への参入を検討している金融機難が50社以上に上っている事も分かっています。

さらに、仮想通貨関連事業として、ブロックチェーン技術をビジネスに取り込もうと検討している企業は数十社あるとみられています。

アメリカ・ニューヨークに本社を構えている投資会社のCEOは「仮想通貨市場へ参入するのは既に遅すぎると考えているひともいるが、それは間違いで、この業界はまだ初期の段階である。」と好意的な発言をして注目を集めました。

26日には仮想通貨ヘッジファンドのCEOが「今後10年以内に仮想通貨市場が“40兆ドル”にまで達する可能性が十分にある」とインタビューで語っています。

確かに日本でも仮想通貨に対して既に終わったと考えている人も多く、次々と報じられる事件によって価格が下がり続ける現象に希望を失っているユーザーが多いのも確かです。

しかし、本来投資とは一定期間は動かさず、じっくり利益を追求するものでもあることから、一過性でギャンブル要素の強い投機ではなく、投資としての側面が今後は強くなっていくのかもしれませんね。



-最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.