暗号通貨 最新ニュース

アメリカ大統領候補者がデジタル資産規制と消費者保護を選挙公約に!

更新日:

 

アメリカで2020年に行われる大統領選挙で、民主党候補者のアンドリュー・ヤン(Andrew Yang)氏が選挙公約としてデジタル資産規制と消費者保護に関連するガイダンスを公表し、公式サイトにて公開しています。

 

 

米大統領候補者がデジタル資産規制ガイダンスを発表

 


※画像引用元:Yang2020

 

日本で東京オリンピックが開催される2020年、世界のリーダーであるアメリカでは大統領選挙が行われます。
このアメリカ大統領選挙の民主党候補者であるアンドリュー・ヤン(Andrew Yang)氏が、公式サイトにてデジタル資産規制と消費者保護に関連するガイダンスを公表しました。

 

「CRYPTO/DIGITAL ASSET REGULATION AND CONSUMER PROTECTION(直訳:暗号/デジタル資産規制と消費者保護)」でヤン氏は、大統領選挙当選後の公約としていくつかの仮想通貨関連の改善目標などを掲げています。

 

ヤン氏がデジタル資産を選挙公約に含めている背景には、仮想通貨およびデジタル資産への投資が、アメリカの実施する規制枠組みからはるかな上回りを見せている仮想通貨市場への混乱があります。
投資家や企業、個人に対しイノベーションと開発を支援するため、どのような展望と改善が今後進められるのかを知らせるべきであり、ブロックチェーン技術には大きな可能性が秘められていると語っています。

 

 

ヤン氏の考える問題点とは

 


※画像引用元:Yang2020

 

ヤン氏は、仮想通貨市場で明確なガイドラインを作成して、規制変更を恐れずに企業や個人がその分野に投資して革新できるようにする事を目標に掲げています。

現在ヤン氏が考える仮想通貨関連の問題点として

仮想通貨と市場は、規制が追いつかないほどの速い成長。
アメリカ国内の各州で、仮想通貨市場に関して相反するさまざまな規制がある。
規制の枠組みがどのように発展するかについての不確実性が他国の投資よりアメリカの市場を遅らせている原因。

以上3つの問題をあげています。

 

 

選挙公約に掲げる改善点

 

 

ヤン氏は、仮想通貨市場の領域を明確にする法律を推進すると抱負を語っています。

トークンがとは?、そしてそれがセキュリティであるときを定義する(例えば、「ユーティリティトークン」の認識)
仮想通貨/デジタル資産スペースに対し、どの機関が規制権限を持つかを定義する
宇宙で消費者保護を提供する
デジタル資産の所有、売却、および取引の税務上の影響を明確にする
シリーズLLCによって提供される保護認識の全国的な採用を促進する
1つの国内枠組みを作成することが可能な場合は先制国家規制

以上6つの具体的な改善点に対しては、トークン分類法とワイオミング州議会議員のスポンサーの協力を得てこれらを推進して行くと抱負を語っています。

 

急速に成長している仮想通貨と市場は現代の大量の価値と経済活動を象徴していますが、この急成長は政府の対応をしのぐ勢いで加速しており、資産を規制するためのアメリカ国内の枠組みが追い付いていない現状を打破しようとヤン氏は選挙公約にこれらの改善点を掲げています。

また、アメリカの仮想通貨市場が中国やヨーロッパの市場など他市域と競合することを困難させるさまざまな規制が各州によって出され、事実上仮想通貨後進国の印象を与えています。
そのためヤン氏は今回の選挙公約にガイダンスを発表しており、今後ヤン氏の選挙活動にはこれらの公約が全米各地で行われる演説でも語っていくものとみられます。

 

改善点にてヤン氏が挙げているように、規制が追い付かない仮想通貨市場の素早い成長と、州ごとにことなる法律によって混乱と、仮想通貨市場進出に遅れをみせています。

ヤン氏が掲げる選挙公約はこれまで選挙公約として焦点を当てていなかった分野だけに、早くもメディアなどを中心に話題になっており、若い広報者がどこまで奮闘し、市場を変えていけるのか、多くの人が見守っています。

※参考サイト:Yang2020公式サイト



-暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.