最新ニュース

マイニングのエネルギーが地球の温度を2度上昇?岐路に立つ仮想通貨

投稿日:

ビットコインと共に誕生したブロックチェーン技術は仮想通貨業界にとどまらず、金融、物流、医療、そして慈善事業でも大切な役割を担い、各分野で重要な技術を担っています。
世界中から熱い視線が集まるブロックチェーン技術ですが、仮想通貨のマイニング作業時に使われるエネルギー問題は、ブロックチェーン技術のマイナス面として取り上げられています。

 

 

マイニングは地球環境を破壊しているのか?

 

 

マイニング作業は、仮想通貨取引の正当性を認めるために不可欠な作業ですが、最初に性格に完結した人へ報酬が出ることから、競争は激化し、現在ではマイニングマシンは膨大なエネルギーを消費しながら24時間休まずに稼働しています。
2018年末にはビットコインのマイニングが消費する電力は、世界中の消費電力の0.5%に達するとの予測もあります。

 

マイニングが消費するエネルギーの量

 

 

マイニングはビットコインなどの仮想貨が報酬として手に入るチャンスのため、企業やグループ、そして個人でもマイニングを行っている人は世界中に存在しています。
有名な通貨になるほど大きな予算をかけて大企業が参入しており、現在ではビットコインのマイニングに個人参加しても、ほとんど勝算がないと言われるほど競争率が高まっています。

イーサリアムやビットコインクラシックのような仮想通貨のマイニングでは、ビットコインに比べると難易度は下がりますが、それでも必要な機材やパーツに投資が必要なうえ、パソコンは365日フル稼働している状態です。
これらに加え、パソコンやマシンの熱を冷やすための冷却装置も休まずに動き続けます。

これらのことからも想像がつくように、マイニングには“膨大な電力消費”がセットになっています。
個人マイナーでもひと月あたりの電気料金が、マイニングを開始する以前の20倍になることもあるといわれています。

 

大手マイニング業社は、電気代が安価な中国などに事業を移して必要経費を抑えていますが、同じように安価な電力を求めて多くの企業が特定の地域に集まる傾向があり、企業間の競争が加熱します。
どんなに電気代が安い地域でマイニングを行っても、最初に正確な計算式を解いた承認作業が完了しなければ、報酬を受け取ることはできません。

あるマイニング施設では、数千台もの高性能なマシンが使われていることがわかり、地元住民との間に騒音やエネルギー問題が発生しています。
解決しなければならない課題が生まれても稼働を続けない限り、報酬が生まれませんので、仮想通貨のマイニングには抜本的な解決方法が急務とも言えます。

 

マイニングが引き起こす環境問題で分かれる専門家の意見

 

 

仮想通貨は既存の国家や国境に縛られることなく国を越えて世界中で取引や売買がされていますが、仮想通貨を代表するビットコインでさえも、世界中で行われている現金以外の取引の中で占める割合はごくわずかです。
世界規模で浸透している仮想通貨ですが、既存の法定通貨やデジタルマネーと比較すると取引されている量は決して多くはありません。

経済全体から見ると取引量はまだわずかですが、仮想通貨の取引に欠かせないマイニング作業に膨大なエネルギーを消費するために、世界規模での環境問題として取り上げられています。

 

2017年にビットコインのマイニングに使用された電力によって発生した二酸化炭素の総量は、全世界で使用されたエネルギーによって発生する二酸化炭素の1%にあたり7000万トンに上ることから、仮想通貨のマイニング作業に対する風当たりは厳しい状況です。

ある専門家は、このまま仮想通貨が世界中に広まり、現在のクレジットカードのように使われれば、2033年までに地球の温度は2度上昇するとの懸念を表しています。

ところが別の専門家は、莫大なエネルギーが必要とされることは、マイニングにおける設計上の欠点と言えるが、環境リスクを伴う問題とは言えないと相反する意見の専門家もいます。

 

どちらの意見が真実なのかは判断が難しいですが、マイニングに大きなエネルギーが必須なことは事実です。
仮想通貨がこれからも、そのメリットを十分に活用しながら世界に浸透していくためには、エネルギー問題を素通りすることはできないでしょう。



-最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.