最新ニュース

クリーンエネルギーへの移行が環境問題を解決し仮想通貨に吉となる?

更新日:

世界各地で異常気象が続き、大災害をもたらしており、マイニングが消費する膨大なエネルギーもクローズアップされています。二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーの使用を増やしていくことが、仮想通貨が世界中で好意的に受け入れられるための選択肢になります。

 

 

どんなエネルギーなのかを重要視する選択

 

 

 

私たちの暮らしは「電気」のあることが当たり前になっています。
特に先進国と言われる国に住む人々の生活は、安定した電力供給の上に成り立っています。

私たちが消費するエネルギーによって発生する二酸化炭素が地球環境に大きく影響を与えることから、石油や石炭などの化石エネルギーからクリーンエネルギーに注目が集まっています。
環境問題に積極的なヨーロッパでは、地域の特色を活かしたクリーンエネルギーが活発に使われています。

莫大なエネルギーを消費する仮想通貨のマイニング作業も、化石エネルギーからクリーンエネルギーの使用へと変わる動きがみられています。

 

安価な化石エネルギーからクリーンエネルギーへの移行

 

 

 

異常気象は日本だけでなく、気候の変動による熱波や寒波、大型の台風やハリケーンなどが世界中で発生し大きな被害が出ています。
すべての異常気象を温暖化と結びつけることはできませんが、現在の気温よりも1.5度以上気温が上がると、世界規模で壊滅的な気候変動が起こると警告している専門家もいます。

 

仮想通貨の普及にはマイニング作業による膨大な電力が必要とされることから、クリーンエネルギーへの移行が仮想通貨の存続にとっても、私たちの暮らしを守るためにも早急な解決案が必要とされています。
現在行われているマイニングの約8割は中国で実施され、そのほとんどは安価な石炭や石油などの化石エネルギーに頼っています。

 

企業として利益を優先し、安価な電力を求めることは自然な選択と言えますが、中国は仮想通貨に対する規制が厳しいことから、マイニング作業が今後規制の対象になる可能性も大いにあります。
エネルギーの価格ばかりを重要視するのではなく、環境にかける負荷の小さなクリーンエネルギーが利用でき、なおかつ政策的にも安定している地域を優先する動きが始まっています。

 

アメリカオレゴン州では水力発電に力を入れ電力を供給していることから、クリーンエネルギーを求めたマイニング業社が増えています。

また、アイスランドでは国内の消費エネルギーは、地熱と水力発電でほぼ回っていることから、クリーンエネルギーの候補地としてマイニング業社の注目を集めています。

 

どんな方法で作られたエネルギーなのか?

 

 

今までは電気代が安いことを最重要課題にして、マイニング先を決定してきた企業に変化が起こっています。
もちろん電気代を抑えることは企業にとっての最優先課題ですが、“どのような方法で発電された電力であるか”も、移転先を決定する際に考慮されはじめています。

 

現段階での主要な仮想通貨はPoW(Proof of Work)と呼ばれるマイニング方式を採用している事が多く、大量のエネルギー使用の上に成り立っており、マイニングに必要なエネルギーが大きく減少することなく今後も増え続けると予想されます。

 

マイニング業社がマイニング先を決定する際、どのような方法で生み出されるエネルギーなのかを重要項目とすることが、数年後も仮想通貨が多くの人に好意的に受け入れられるかの分かれ道にあると言えます。

環境問題とエネルギー問題を同時に解決していくためには、消費するエネルギーの量よりも、どのようにして作られたエネルギーであるのかが、より重要なポイントであるといえるでしょう。



-最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.