暗号通貨 最新ニュース

MyEtherウォレットが本人確認なしで仮想通貨から法定通貨に交換可能に!

投稿日:

 

仮想通貨から法定通貨へと交換する際には国際的に本人確認を求められる傾向にあります。そんな中、本人確認が煩わしいとして、不満の声が上がっていましたが、MyEtherウォレットがその不満を解消させ、仮想通貨から本人確認の必要なく法定通貨絵と交換できるようになったと海外メディアが報じました。

 

 

KYCは必要ない時代がやってくる!?

 

 

ダーク資金として秘密裏に仮想通貨を利用し、国外などに資金を流出させる事件などが相次いでいること、また、詐欺案件に利用されやすいため、世界的にみても仮想通貨を何らかの取引を行う際、KYC(Know Your Customer=本人確認)の手続きを義務付ける機運が流れています。

これは仮想通貨ユーザーが安心して取引ができるように保護を目的とする一方で、本来のユーザー達からは煩わしさからか不満の声が上がっていました。

 

そのような仮想塚ユーザーの不満を解消させたのがMyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット、※以下MEWと表記)で、KYC手続きを必要とせず、フィアット通貨で最大5,000ドル相当の仮想通貨の交換ができるようになったと海外メディアが報じています。

 

開発を行ったMEW開発者チームの公式発表によると、最新バージョンV5に付属新機能を搭載させており、スイスの暗号化金融サービスプロバイダーであるBityと共同で開発されています。

“出口から出口へのゲートウェイ”と呼ぶこの新機能は、これまでKYCを必要としていたところを全面カットし、ユーザーはユーロまたはスイスフランとビットコインかイーサリアムを交換できます。

 

プレスリリースによると、この機能はBityがスイスのAMLA(= Anti-Money Laundering Act)反マネーロンダリング条例に準拠し、スイスで規制され監査されている金融仲介機関であることを条件にサービスの提供が実現されました。

MEWのCEO兼創立者であるコサラ・ヘマチャンドラ(Kosala Hemachandra)氏は

 

KYCは法的規制やセキュリティ上の理由から、多くの仮想通貨交換機と類似サービスを提供する企業がユーザーに課しているプロセスです。ユーザーにとってはIDカードやパスポートなどの身元を確認する公的な証明を必要としていますが、銀行から取られたばかげた慣行であり、私たちの理想的スタイルではないと認識されています。

 

と、コメントをしています。

 

 

専門家もKYCは煩わしいと断言

 

 

今回、MEW開発者であるヘマチャンドラ氏だけではなく、専門家も同様の発言をして大きく報道されていました。

スウェーデンの金融グループSEB ABのノルウェーの事業を管理するジョン・トゥレッソン(John Turesson)氏も、ブルームバーグ社の取材に対してKYCの手続きは時間がかかり、顧客にとっても煩わしいとコメントしています。

しかし、この煩わしさは銀行だけではなく、他の大手スタートアップや企業は、オンボーディング(加入手続き)やユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)を深く考えずにKYCを実施しています。

SelfKey Foundationを管理するKYC-Chainの共同創設者兼CEOであるエドモンド・ローウェル(Edmund Lowell)氏も、ヘマチャンドラ氏やトゥレッソンと同じくKYCプロセスが厄介であると発言しています。

 

 

KYCは企業にとっても厄介な存在!?

 

 

KYCについては、仮想通貨ユーザーが煩わしいと感じるだけではなく、何故仮想通貨交換をする際にKYCが必要になるのか?と疑問を持っているわけではなさそうです。

昨年9月にデジタル資産のP2P取引を提供する最も有名なプラットフォームの1つであるShapeShiftは、KYC手順を導入すると発表した後、否定的な反応に直面しています。

多くの否定的な意見に対してMEWが導いだした結論、それが仮想通貨を交換するためのKYCなしのアプローチでした。

仮想通貨は一国で行われている取引ではなく、国境を越えた取引が実施されているだけに、KYCを必要としないMEW V5が広く普及することで、もしかすると大きな変化が訪れるのかもしれません。



-暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.