ブロックチェーン 最新ニュース

Mastercardが米特許商標庁にてブロックチェーン技術の特許取得で新事業展開

更新日:

主に金融サービスを提供しているMastercardは、以前からブロックチェーン技術の開発や向上を進めてきました。
そのMastercardが最近になり、既存事業の強化を行っているようです。
ブロックチェーンに関わるいくつもの特許を申請し、実際に特許を収得しており、新たな事業を切り開いていることについて本日は特集をしました。

匿名性を維持し取引を可能にするブロックチェーン技術






Mastercardがこれまでにブロックチェーン技術に関わる特許申請をしてきた技術の中には、暗号化された利用者からの払い戻しをスムーズにする“インフラストラクチャ”や、トランザクションにかかる時間を大幅に縮小可能にする技術などがあります。

Mastercardが、昨年から特許申請をしているブロックチェーン技術が今週になり、その特許技術の収得が米国特許商標庁(USPTO)より完了しました。
近ごろブロックチェーン技術に力を入れているMastercardでは、企業と利用者双方にとってメリットとなる新しい技術を生み出しています。

今回特許を獲得したこの技術を活用すれば、システム内に侵入してきた、ニセのアイデンティティデーターが使われるのを、防ぐ役割を果たすことになると言われています。
個人または私設のブロックチェーンを使用してIDデータを受信して格納するシステム」を実現すれば、アイデンティティデーターと信用証明データを保存する時に使われるブロックチェーン技術が正確な検証を可能にしていきます。

実際にこの技術が使われるようになると、今までブロックチェーンの持つメリットと言われる透明性の影で、マイナス要素になっていた部分が解決されることにもなります。
そして企業だけではなく、私たち利用者にとっても歓迎すべき新しい技術と言えます。

例えば、ある人は送り主に取引上の詳細な情報を提供することなく、贈り物を送りたいと思うこともあるでしょう。
そして、多くの企業も競争相手や関係のない第3者にまで、データや金額などを公表することには抵抗があるはずです。

全くの個人情報や機密事項をデータとして送信した後に情報が盗まれてしまう可能性や、意図して抜き取りを試みないまでも、末端の端末にまで個人データが流出する可能性は否定できません。

Mastercardの新しい技術によってブロックチェーン上の匿名性の維持と信頼性の確保を前提に、個人や企業の機密を守ることができれば、利用者と企業どちらにとっても歓迎できる新しい技術になります。

Mastercardのブロックチェーンで使われる通貨は法定通貨

Mastercardは今年に入り仮想通貨の購入額が大きく減少し、その結果として企業業績が停滞したとの話があります。
Mastercardが仮想通貨に対して好意的ではないとの見方もされていますが、Mastercardは、仮想通貨事態を否定しているのではなく、「国が発行していない」仮想通貨に対して、慎重な考えを持っています。

Mastercardはクレジットカードを提供している会社なので、個人と個人や企業と企業との間などで常に支払いのサポートをしています。
この支払処理にブロックチェーンの技術を導入しする計画を早くから立て、実現に向けてさまざまな分野でのエリートを集め、技術の構築を目指してきました。

他の多くの企業でも、独自のブロックチェーン技術を開発し、社内の業務に活用しています。
Mastercardの目指すブロックチェーン技術が、他の企業と大きく違うところはすでに流通している仮想通貨も独自に発行する仮想通貨も使わない点です。

Mastercardが使用するのは、現時点は法定通貨ですが、法定通貨を使用することで考えられるメリットは2つ考えられます。

ひとつ目は、手数料を大幅に抑えることができる点で、間に仮想通貨を入れないことで、現金に変える時にムダな手数料が発生しません。
ふたつ目は、Mastercardはすでに22,000もある世界中の銀行と提携をしている
ことが挙げられます。

取引時に発生する消費電力は、ビットコインの場合、200kWh、イーサリムは、37kWhナノに対して、クレジットカードの取引では、0.01kWhという明らかな違いもあります。
Mastercardのもたらした新しい技術やビジョンが、今後の私たちの生活へどのような波紋を広げていくのか、注目したいニュースです。

参考サイト:ccn



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.