ブロックチェーン 最新ニュース

ランボルギーニとスカイラー・グレイ氏のコラボにブロックチェーン

投稿日:

 

 

フェラーリと並ぶ世界2大スポーツカーとして、世界中の男性から熱い視線を注がれ続けているランボルギーニ。そのランボルギーニ車に偽造防止の観点から、ブロックチェーン技術を活用し、対象車両情報を認証させることで偽造から車を保護する目的で導入されたという。

 

 

 

ランボルギーニがブロックチェーン技術を活用

 

 

今月18日、イタリアの大手自動車メーカのランボルギーニ社[正式名称:ヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA(Nuova Automobili Ferruccio Lamborghini SpA)]が、ランボルギーニ アヴェンタドール S(Lamborghini Aventador S)に対し、ブロックチェーン技術を活用させたことが正式に発表されました。

 

ランボルギーニ アヴェンタドール Sは、アート作品として認定済みのカスタムペイント車両に対し、ブロックチェーン技術を使って偽造防止から同車を保護する目的としてブロックチェーン技術が使用されたと明かしています。

 

 

2019年8月15日から18日にかけて開催されていた自動車関連イベント「モントレーカーウィーク2019(Monterey Car Week 2019)」で今回報じられたカスタムペイント車両が展示されていました。

今回、同社が保護された背景には、ランボルギーニ・シクラ(Lamborghini Sicura project)で認定を受けたことでブロックチェーン技術導入プロジェクトが進められていったことが同社プレスリリースによって明かされています。

 

 

アート情報もブロックチェーン上に記録

 

 

 

今回正式に発表されたランボルギーニ アヴェンタドール Sは、CRM(Customer Relationship Management=顧客関係管理)で有名な米国のクラウドサービス大手セールスフォース・ドットコム(Salesforce)のブロックチェーン技術「Salesforce Blockchain」を用いています。
自動車を"アート作品"として保護するための初のプロジェクトである“ランボルギーニ・シクラ”で自動車としては初めて“アート”として認定されたものだと伝えられています。

 

セールスフォースのブロックチェーン技術は、ハイパーレジャー(Hyperledger)が展開するブロックチェーンプラットフォーム上でランボルギーニ社の車両に関する全情報を認証することで偽造から保護することを目的としています。
同プロジェクトで認定された車両の全情報を追跡することが可能になっているだけではなく、すべての利害関係者の価値の増加も保証されると説明されています。





今回展示された車両のカスタムペイントは、Forbesで"世界で最も影響力のあるアーティスト"に認定された19歳の若き天才アーティスト、スカイラー・グレイ(Skyler Grey)氏が手掛けており、ブロックチェーン上には車両データだけでなく、アートに関するデータも全て記録されていると明かしています。

 

 

自動車とストリートアートの世界初コラボ

 

 

ランボルギーニにペイントを施した若き天才ストリートアートアーティストであるグレイ氏は、アヴェンタドール Sの持つ世界観をポップな世界観へと導き、アート作品としてペイントされています。

今回のアート作品は1回限りとされていますが、ランボルギーニ社では2つの芸術的概念の融合を象徴していると公式プレスリリースでも発表されています。
その理由として同社は、常にピンと背筋を張ったようなラインと、3次元の持つボリューム感、幾何学とスタイルの要素を受け特徴付けられており、これらは画期的な技術ソリューションと組み合わされているからであるとしています。

 

一方のグレイ氏はFresh prince of street artの称号を与えられた人物で、同氏の作品の数々がポップでアートな作品に仕上がっています。
さらに同氏は、アンディー・ウォーホル(Andy Warhol)氏やキース・ヘリング(Keith Haring)氏、ジャン・ミッシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)氏と言った名だたるアーティストと比較される事もしばしばあるほどの才能を有しています。
同氏の才能はこれまでも美術館や国際アートフェアに展示されるなどしており、Forbes2017 30 under 30の一人に選出された実績を持ちます。

アウトモービリ・ランボルギーニのチーフマーケティング&コミュニケーションオフィサーであるケイティア・バッシ(Katia Bassi)氏はアートの世界との親和性のため、新しい創造的なアプローチを試してみたかったとコメントしています。

アート作品に仕上がった今回の車は、イタリアのサンターガタ・ボロニェーゼ(Sant’Agata Bolognese)にあるでLamborghiniペイントショップで塗装されました。
ペイントショップでの作業約3週間に加え、ほぼ1年続いたプロセスは、実現の可能性の模索からプロジェクトに携わった技術者や塗装工、ロジスティクス、組み立て、品質管理専門家の共同チームで完成されています。

車体下部にグレイ氏のサインが刻まれており、同氏の名前の上には稲妻を伴った作品がデザインされています。
インテリアは、ポップな外観とは対照的なオレンジ色のステッチが施されたネロアデ(ブラック)レザーで、背面パネルには、雄牛の刺繍画が施されています。
この雄牛のデザインは、ランボルギーニの室内装飾専門家によって芸術的な刺繍技術で丹念に仕上げられています。

今回展示された車両とグレイ氏による作品のコラボは、今後より多くの作品を車両へ描かれるのではないかとみている関係者も多く、仮想通貨業界でも人気の高いランボルギーニが展開していくプロジェクトに今後も高い関心が寄せられそうです。

 

 

※記事参考元:LAMBORGHINI MEDIA CENTER



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.