最新ニュース

イスラエル人2人がフィッシング詐欺で逮捕!Bitfinexハックにも関与?

投稿日:

 

 

インターネット特性を悪用した犯罪が新たに登場し、市場関係者が頭を抱える中、イスラエル人2人組がフィッシング詐欺で逮捕されたとメディアが報じました。この二人は、2016 Bitfinexで発生したハッキングにも関与しているのではないかとみて、調べています。

 

 

 

スポンサーリンク



イスラエル人2人組がフィッシング詐欺で逮捕される

 

 

先日イスラエルのインターネットメディアYnetによると、エルサレム出身の2人の兄弟が、フィッシング詐欺によって仮想通貨を盗んだ罪でイスラエル警察サイバー部隊に逮捕されたと報じました。

 

この兄弟は1億ドルを稼いだと報じられていますが、イスラエル警察広報関係者の話によると、実際に盗んだ額は1億ドルよりかなり低い額であり、数千万ドルと明かしています。

 

 

フィッシング詐欺でユーザーウォレットから盗む

 

 

兄であるエリ・ジジ(Eli Gigi)容疑者と弟であるアサーフ・ジジ(Assaf Gigi)容疑者の二人は、仮想通貨ユーザーらが保有するウォレットにアクセスし、ビットコインなどの仮想通貨を盗んだ疑いがもたれています。

 

2人は人気仮想通貨ウォレット偽造サイトを開設し、2人はTelegramや他の取引フォーラムでそれらのサイトへのリンクを公開したうえで、ウェブサイトへ誘導し、犯行を重ねていたとみられており、偽造サイトの構築も両容疑者の犯行とみられています。

サイトへ訪れたユーザーらがログインと見誤って秘密鍵を送信することで容疑者兄弟は情報を入手し、手に入れた秘密鍵を使って仮想通貨を容疑者らのウォレットへと送金していたことが分かっています。

 

 

Bitfinex で発生したハッキングにも関与か!?

 


※画像引用元:BITFINEX

 

イスラエル警察サイバー部隊の調べによる容疑者兄弟は、2016年にBitfinex で発生したハッキングに関与しているのではないかとみられており、さらに調べが続いています。

 

報道によると、容疑者兄弟はBitfinex で複数のアカウントを開設していたことが判明しており、関与しているのではないかと報じられていますが、警察関係者らはこの問題についての詳細は公表していません。
その理由として、被害者らが主にヨーロッパとアメリカからのユーザーであり、事件の捜査は複数国のサイバー舞台によって調査されるためであるとしています。

現時点では犯人につながる有力な手がかりがなく、警察も現在は資金回収に重点を置いた操作を続けているとのこと。

 

 

エリート兄弟がなぜ犯罪に手を染めたのか

 

 

警察は今週初め、兄のエリ・ジジ容疑者宅で仮想通貨ウォレットを発見したものの、ウォレットの中には盗んだとされている額よりかなり少ない額しか保管されていませんでした。

警察はエリ容疑者の自宅に2台の高級車が止まっていた事を発見していることから、新たな展開があるかもしれないと関係者は語っていると報じています。

 

兄のエリ容疑者はIDF. イスラエル国防軍 (Israel Defense Forces)の元コンピューターサイエンス専門家で、IDF諜報部隊でハッキングや諜報活動、コンピューターウイルス作成などに特化する8200部隊出身に所属していたことがわかっています。

同部隊出身者の多くがグーグルやマイクロソフトなどのトップIT企業に務めるいわゆる“エリート”を多数輩出している部隊として知られており、エリ容疑者は申し訳ないと語っており、捜査には全面協力する姿勢をみせているという。

なお、警察は今回の捜査は2017年に始まっているが、現時点でも操作を終えていないと明かしています。

 

 

※参考サイト:financemagnates



-最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.