最新ニュース

イスラエル市場規制当局が仮想通貨取引プラットホーム新設を勧告

投稿日:

 

イスラエルの市場規制当局は今週の水曜までに規制強化の下で仮想通貨取引のためのプラットフォームを勧告したと今月6日、海外大手メディアのロイター社が報じました。

 

 

スポンサーリンク



イスラエル市場規制当局が仮想通貨取引プラットフォーム作成勧告

 

 

ロイター社によると、イスラエルの市場規制当局が6日、企業がデジタルトークンを発行してチキン調達を行うICOに関する改正法の下で、仮想通貨取引のためのプラットフォームの作成を行うよう勧告しました。

 

この勧告は、イスラエル証券局(ISA=The Israel Securities Authority/※以下、ISAと表記)の委員会からのもので、2年近く仮想通貨やデジタルトークン、ブロックチェーン関連を研究および調査を実施していました。

ISAの議長、アナット・ゲッタ(Anat Guetta)氏は、「2017年に起こったような仮想通貨市場の興奮は冷え込みましたが、技術はまだ健在である」と述べており、ビットコインをはじめとした仮想通貨を支える「分散元帳」技術にも言及しています。

取引される企業の数とテルアビブで調達される金額はここ10年前から減少しており、ISAは新しい投資家を引き付けICO公募を増やす方法を探しはじめています。
ゲッタ氏は、技術革新は資本市場における競争を合理化させ、増大させることができると述べていますが、市場の課題は投資家保護とのバランスを見いだすことが重要であるとコメントしています。

イスラエル証券当局は、新たに取引プラットフォームを確立するとともに、デジタルトークンの発行を検討している企業に対して開示要求を含めるために微調整する必要があるため、仮想通貨にイスラエル証券法の適用にむけて準備を進めることを提案しています。

 

 

仮想通貨熱で盛り上がるイスラエル

 

意外に思われる方も多いかもしれませんが、イスラエルでは仮想通貨関連のスタートアップ企業が次々と誕生するなど、積極的な市場進出が目立っている国といわれています。

 

その背景にはイスラエルが義務教育を修了した18歳状の男女が兵役に就く義務がありますが、軍のIT関連特殊部隊に配属されると、国の主導の下で高い専門技術を学べる環境にあることが大きいといわれています。

 

 

欧米も関心を寄せるイスラエル

 

 

近年、イスラエルが仮想通貨に強い国として注目される背景には、欧米がフィンテック市場の拠点として新たに技術を学ぶための機関を新設させていることがあげられています。

欧米側は、イスラエルの高い技術力に注目し、これらを巻き込んで欧米各国がイスラエル金融市場と連携を図りたいとの思惑が見え隠れしています。

また、イスラエルではプライバシーを重視する国民性を持っている事や、ハイテク産業、フィンテック分野、医療・化学といった分野での急成長も大きな後押しとなっています。

 

 

数歩先を行くイスラエルの仮想通貨市場

 

 

仮想通貨は2017年に一気に認知されるようになり、2018年はその熱が冷めると新たな概念に対する懸念や課題が噴出し、今年2019年は日本国内でようやく規制の元、取引ができるように環境が整い始めています。

対してフィンテック先進国と呼ばれる事からも分かる通り、イスラエルは日本の数歩先を進み続けています。

 

特に、イスラエル国内のフィンテック、ハイテック、ITといった仮想通貨に大きく関与する分野では技術者が不足しているため、どの企業も人材確保に高い報酬を提示して確保しようと動いています。

人材確保の過熱に対してある企業が仮想通貨で報酬の支払いができるよう、ISAへ許可を求める申請を行った事も大きく報じられました。

また、現在日本が直面している問題の一つである税務関連問題で、税逃れを見逃さないための保策を日本では現在検討されていますが、イスラエルでは仮想通貨取引所の国訳取引情報と税務当局との情報の共有が合意されています。

※参考サイト:REUTERS



-最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.