暗号通貨 最新ニュース

来たるIoT社会が求める三菱UFJの高速通信データと独自仮想通貨MUFG

更新日:

老舗銀行の筆頭でもある三菱UFJが発行する独自の仮想通貨と、IoT社会に必須な高速データ通信の開発に大きな注目が集まっています。時代の流れは着実にIoT社会に移行しつつあり、必然的に増える小口決済に対応する高度な処理能力が求められています。次代・時代のニーズにいち早く気がついた三菱UFJが、国内銀初となる仮想通貨の発行と仮想通貨取引所の開設に邁進しています。そこで本日は、三菱UFJの展望と、日本でもキャッシュレス化が大きく進んでいるIoT社会について紹介をします。

 

IoT社会では標準装備となるMUFGコインと高速データ通信


※画像引用元:三菱UFJフィナンシャル・グループ

 

三菱UFJは日本の金融業界の中で、いち早く”IoT”社会の到来に気がつき、大量の小口決済に高速で対応できるシステムの開発に力を入れてきました。
また、新聞などでも報道されてきたように、2015年の段階から三菱UFJは、独自の仮想通貨の開発に取り組んできました。

その研究が、ようやく実を結ぶ時が近づいてきています。
MUFJが開発、発行のために実証研究を重ねてきたMUFGコインの大規模実証実験が来年予定されています。
そして、この実験には同じく開発に年月を費やしてきた、高速データ通信が使われる予定です。

 

三菱UFJ独自の仮想通貨MUFGコインの発行が迫る

 

 

三菱UFJが、独自の仮想通貨の発行を目指して着々と準備を整えています。

2015年からスタートした独自仮想通貨MUFGコインの構想は、時折ニュースでも話題に上がりましたので、知っている人も多いのではないでしょうか。
国内で歴史を持つ銀行が仮想通貨の発行を手がけていることに、多少の驚きを感じた人も多いはずです。

三菱UFJはコインの発行照準を来年2019年度に合わせ、小規模な実証実験もすでに開始されています。
MUFGコインでは、取引が安全に行われるために、独自の仮想通貨取引所の新設も視野に入れた計画を進めています。

三菱UFJ側は、仮想通貨の開設許可を得るために、今年1月に金融庁への届け出を済ませており、認可が降りて取引所が開設された場合、国内の銀行では初の直営仮想通貨取引所になり、仮想通貨の発行も日本の銀行では他に例がない、初めてづくしの快挙です。

現在、日本で仮想通貨取引所を開設するためには金融庁の認可が必要です。
これは、投資家保護やマネーロンダリングの防止、テロなどのダーク社会への資金流入を防ぐ目的で、2017年4月に改正資金決済法が施行されました。
現在金融庁からの許可を待っている業社は100社以上いると見られています。

 

IoT社会を見据えた三菱UFJのブロックチェーン技術開発

 

 

IT社会という言葉はすでに日常生活に浸透し、普段の会話でもITが登場します。
時代はとどまることを知らず、常に変化をし、これからの時代はITからIoTへと移り変わりつつあります。

 

IoTは、Internet of Thingsの頭文字を持ったもので、『モノのインターネット』と訳されます。
今までは、直接つながりを持っていなかった“モノ”と“インターネット”が、相互関係を持つのがIoTの世界です。

IoTの時代が始まることで、いくつか予想される変化のひとつに、小口決済の爆発的な増加が挙げられます。
三菱UFJは、早い段階からIoT時代が身近にくること、そしてIoTが一般化した時には、ブロックチェーン技術を駆使した高速データ通信が必要になることを察知していました。

大量の小口キャッシュレス決済に対応するため、アメリカのAkamai Technologies社と共同で高速データ通信の開発を行ってきました。
この技術が成功すれば、従来のクレジットカードの処理能力よりも10倍の情報を処理できるようになり、取引コストも抑えられます。

 

2019年に予定されている大規模実証実験では、10万人の顧客が専用アプリをダウンロードして参加します。
顧客の口座にある日本円をMUFGコインと交換し、コンビニやレストランでの支払いや、決済のセキュリティ面などを検証する計画です。

 

ゆうちょ銀行やみずほフィナンシャルグループも、三菱UFJに遅れを取りながらも独自通貨の発行を計画しています。
来年行われる三菱UFJの大規模実証実験が成功し、ゆうちょ銀行やみずほフィナンシャルグループが後続となって独自通貨の発行に成功すれば、日本のキャッシュレス化が急速に進むと思われます。

さまざまな技術が常に開発され、進歩と進化を続けています。
来たるIoTの時代には、どんな暮らしが待っているのか期待を込めながら時代に乗り遅れないように、正しい情報を収集していきたいですね。



-暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.