暗号通貨 最新ニュース

インドが選ぶ仮想通貨の選択は規制かそれとも禁止?なのか共栄か?

投稿日:



中国の次に人口の多いインドは、その人口の多さから注目されるだけではなく、インドという国の持つ独特の力強さに世界中が高い関心を持って見つめています。そのインドで、仮想通貨に対する厳しい姿勢が報道されてから、インド国内でも動きがありました。仮想通貨に対して好意的なスイスへの視察を含め、間もなく発表される予定のインド最高裁判所での判断がどのような形になるのか多くの人たちが期待を持って見つめています。

インド準備銀行からの通達






インドでは、4月にインド準備銀行(RBI=Reserve Bank of India)が、インド国内にある銀行に対して通達を出しました。
その内容は、各銀行が仮想通貨の取引から撤退を要求するもので、完全撤退までに猶予が3カ月出されていました。

この通達は銀行に対して出されたものであり、個人同士の取引については書かれていません。
そのため、仮想通貨の需要が高まりを見せていたインドでは、規制の網をくぐり、仮想通貨の取引が行われてきました。

4月の通達が公表された直後、インドルピーでの取引をやめXRPを基軸に切り替えて対策を行う取引所も表れました。
仮想通貨への注目がインド国内で高まってきた時期と、準備銀行からの通達が重なったため、大きな混乱を招く予想もありましたが、懸念されていたような事態にはなりませんでした。

また、人口が13億人を超えるインド国内での厳しい規制が、国境を超えて仮想通貨全体に与える影響も懸念されていましたが大きなマイナス要因にはならずに済んだようです。

インド準備銀行の通達が発表される少し前、インド政府は国内外の仮想通貨に対する規制や法律を調査しています。
2017年12月から始まったインド政府のこの取組は、国の財政と税金を取りまとめる財務省、その指揮下にある経済局、そして準備銀行、国有銀行などの代表が集まり、仮想通貨とブロックチェーン技術をどのように取り扱っていくかの話し合いが持たれていました。

当初の予定では、7月に結論が出される予定でしたが、予想以上に時間がかかっているために、インド政府が方向性を打ち出すまでには、もうしばらく時間がかかりそうです。

インド証券取引委員会が視察に選んだ3カ国

インド証券取引委員会(SEBI=Securities and Exchange Board of India)が、インド国外の国の対応の視察し検討するために3カ国を訪問しましたとの報道がありました。
SEBIが訪れた国と行政機関は、イギリスの金融行動監督機構、スイスの連邦金融市場監督機構、そしてアジアの中では日本を選び金融庁になります。

イギリスは仮想通貨やブロックチェーン技術でリーダー的存在になるとの予想もされるほど、仮想通貨を好意的に受け入れている国のひとつです。
仮想通貨取引所が有名サッカーチームのスポンサーになるなど、業界全体にも活気があります。

5月にはロンドン当局の調査が24の取引所に対して行われました。

スイスは仮想通貨に対し、国をあげて前向きな取り組みをしている先進国のひとつです。
スイス国内では、ツークやチューリッヒに仮想通貨関連の企業や団体が集まり、『クリプトバレー』と呼ばれるほど、仮想通貨やブロックチェーン技術に関する動きがとても盛んです。

また、スイスでは国家が発行する独自の仮想通貨『eフラン』の模索中でもあります。

日本は、金融庁が調査を実施し、仮想通貨取引所に対して業務改善命令などが出されました。
今後、規制の中で仮想通貨が取引されていく見通しです。
現在、新たに仮想通貨取引所を日本で新設するために100以上の申請書が提出されている状況にあります。

今回インド証券取引委員会が訪問した国は、どの国も独自の枠組みの中で仮想通貨を認めている国ばかりです。
インド証券取引委員会が見聞してきた結果が、インドにどのような影響を与えていくのか注目していきましょう。

目が離せないインド最高裁の決断

インドの中央銀行である準備銀行が下した、国内の銀行に対する仮想通貨取引を禁止する通達を受けて、インド最高裁判所には多くの嘆願書が提出されました。
9月11日に、この通達に対する意見や異議の申立を最終ヒヤリングとして行う予定でいます。

その後、最高裁判所がこの通達と通達に対する異議をとりまとめた判断が公表される流れになっています。
この最終ヒヤリングには、インド政府、準備銀行、そして3カ国に海外視察へ行ってきた証券取引委員会も参加する予定になっています。
どんな話し合いが持たれどのような方向性が発表されるのか、注目を集めています。



-暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.