最新ニュース

ゴールドマンサックスとの関係をにおわす160倍確定のICOに注意喚起

投稿日:



アメリカ ニューヨーク州に本社を金融グループの日本法人がとある人物が5月25日より開始されるICOに関して注意喚起を行ったとして注目を集めています。

ゴールドマンサックス社とある人物との関係、160倍確定のICOとはいったい何なのか?ゴールドマンサックスジャパンが行った注意喚起内容とともに、今回の問題に迫ってみたいと思います。

ゴールドマンサックスジャパンより異例の注意喚起!






世界的な金融グループとして知られるゴールドマンサックス(本社:アメリカ ニューヨーク)社の日本法人より、「ゴールドマン・サックスの名を騙った投資勧誘や詐欺行為等にご注意ください」と題された注意喚起が公式サイトに掲載されました。

公表された注意喚起内容によると、元ゴールドマンサックスのアナリストであったことを名乗る瀬尾恵子(セノオケイコ)と名乗る人物によって、5月24日よりICO(Initial Coin Offering=新規仮想通貨公開)を実施する声明が上がっているが、同人物がゴールドマンサックス社に在籍した事実はないことから、全く関係ないと完全否定しています。

瀬尾恵子と名乗る人物とは?

ゴールドマンサックスジャパンより、今回注意喚起された内容には
“瀬尾恵子(セノオケイコ)という氏名の人物が関係するICO(イニシャル・コイン・オファリング)を本年5月24日付で開始する旨の投稿がなされていますが、この人物はゴールドマン・サックス証券株式会社を含むゴールドマン・サックス・グループの会社に在籍した事実はなく、言及されるICOを含むこの人物の活動は、ゴールドマン・サックス・グループとは全く関係ございません。”
とし、瀬尾恵子と名乗る人物はゴールドマンサックスグループに在籍していたという事実を完全否定しています。





ゴールドマン・サックスの名を騙った投資勧誘や詐欺行為等にご注意ください。

インターネットサイト「L∞p」にはL∞p市場超最大級大型キャンペーン 瀬尾恵子規格外ICOキャンペーン” と題し、総額2,000万円を超える豪華景品を用意した400兆円市場のプラットフォームになる『規格外ICO』が世界初公開としてICOの募集を2018年05月06日(日) 18時00分から2018年05月15日(火) 23時59分までの期間で現在募集されています。

この募集に関してはゴールドマンサックスの名前はあげられていませんが、同様の内容でキャンペーンが行われているほか、同サイトには類似する案件がいくつか掲載されています。

同案件が詐欺とみられる理由とは

まずゴールドマンサックス社自らが“瀬尾恵子”と名乗っている人物を名指して公式に否定していることから、これだけの企業である以上、入念に在籍していたかどうかの調査を行っての注意喚起の公表であることは間違いないでしょう。
さらに…



160倍確定コイン


このサイトでははっきりとゴールドマンサックスの名前が記載されていますが、サイトを調べてみると、“たった3分間限定 お急ぎください!!”とサイト登録へ急かした上で誘導している事。



特定商取引法に基づく表記


このページで160倍確定コインと瀬尾恵子と名乗っている人物のつながりがあること、160倍確定コインサイトでは“3分間限定”と謳いながら、期日が記載されていない点、特定商取引法に基づ表記のページやサイト内に社名、住所、会社概要などの記載が一切行われていない点などから、詐欺案件とみなしても良いのではないかと考えられます。

なお、名前を利用されたゴールドマンサックス社では
“ゴールドマン・サックスの名前を騙った投資勧誘や詐欺行為にはくれぐれもご注意いただきますようお願い申し上げます。何か不審な点がございましたら、ゴールドマン・サックス(代表:03-6437-1000)までお問い合わせください。”
との記載も注意喚起の中で記載されていますので、ゴールドマンサックス社の名前を語った投資勧誘などで、怪しいと感じた案件に関しては電話にて確認を行うのも、詐欺に遭わない予防策と言えます。



-最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.