暗号通貨 最新ニュース

フランスがEU加盟各国に正しいアプローチを選択するよう圧力をかける

投稿日:

 

フランスは、1週間前に発表された新しい仮想通貨関連規制の枠組みで、政府は他のEU加盟国に仮想通貨規制への「正しい」アプローチをとるよう圧力をかけていくことを計画していることが分かりました。

 

 

スポンサーリンク



フランスが仮想通貨モデルとしての立場を強調

 

 

フランス政府は、先週発表された新たな仮想通貨関連の規制枠組みを、他のEU加盟国に対して正しいアプローチをかけていく事を計画していることが分かりました。

 

フランス当局では、ブロックチェーンが証明されたリスクを伴う新興分野であることを強く認識しており、仮想通貨資産を売ろうとしているプロジェクトには大きな選択の負担をかけています。

これらに関して、ブルノ・ル・メア(Bruno Le Maire)財務相は、今週のパリ・ブロックチェーン会議の基調を定めており、フランスの経験に触発された仮想通貨資産について単一の規制の枠組みを設定することをEU加盟各国に提案すると語っており、フランスのモデルは正しいものあることを強調しています。

 

 

金融法にスポットをあてたフランス

 

 

先週フランス議会は、仮想通貨の取り扱いに関する金融法にスポットを当てました。

フランスの方針には、現地に保管されている仮想通貨プロジェクトに関する特定のスクリーニングおよび文書化の要件が含まれ、世界の企業は新法案規制を利用するためにフランス国内で規制の申請ができます。

 

フランス政府へ申請後、関連部署にて徹底的に企業の業務形態などが吟味されると、企業はフランス政府から証明書を受け取ることができます。
新しい暗号規制の枠組みの下での認証に必要な情報には
・プロジェクト創設者および/またはアドバイザーの個人的な経歴チェック
・事業計画の検証
・プロジェクトAML準拠情報
などが含まれていることがわかっています。

 

 

フランスの熱を感じ取るEU諸国

 

 

他のEU諸国はフランスによって提供された基準を満たしているのか、それを超えた場合は他の管轄に技術革新を失う危険を冒します。
しかし、投資家の間ではフランス政府の規制の壁があまりにも高かった場合、投資家らは大きな痛手やクリプト分野において出遅れるかもしれないとの懸念が残ると語っています。

規制の壁が高い場合は事業そのものを失うおそれがあるほか、他のEU加盟国は投資家から提供された税金を失う危険性すらあると指摘しています。
プロジェクトがフランスで登録および規制されている場合、投資家から送られた資金はフランスの課税対象になりますが、投資家や投機家がキャピタルゲインを生み出した場合でも、他の国でも税金基金の恩恵を享受することができます。

フランス政府主導のEUの規制変更は、2019年末以降になると予想されています。

 

 

新法案の規制枠組みの中でもたらされる前進

 

 

この新法案では、新しい暗号規制の枠組みの下での仮想通貨の売却を通じて資金を調達しようとしているプロジェクトに明確な前進をもたらすとみられています。

他の政府はサンドボックス型の環境を提供しており、フランスが提供する規制の明確さは、暗号プロジェクト、投資家、そして愛好家が数年前に最初のICOを開始して以来政府に懇願してきたものであり、EUが単独で実施する必要はないと語っています。

これに関してル・マリー(Le Maire)氏は先週、フランスの経験に触発された仮想通貨資産に関する単一の規制の枠組みを設定することをEUのパートナーに提案すると述べています。

フランスは、暗号化を実行可能なテクノロジおよび資産クラスとして実現することを支持する強力な声明を発表しており、明確な規制を通じて新興セクターに関わるすべての関係者は透明性の向上から恩恵を受けることができると述べています。



-暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.