暗号通貨 最新ニュース

フェイスブックコインがついに公式発表!Libra(リブラ)の全貌を深掘り1

投稿日:

 

 

 

当サイトでも今年に入って繰り返し特集を組んできたフェイスブックコイン、(別称、グローバルコイン)の正式名称がLibra(リブラ)になった事が分かりました。同時に公式サイトなど、Libraに関する全貌が公式発表されています。ここではLibraについて深掘りしていきます。

 

 

スポンサーリンク



ついにフェイスブックコインが正式に発表!

 

 


※画像引用元:Libra

 

今月18日、業界関係者はもちろん、一般ユーザーらも大きな関心を寄せていたフェイスブック社が発行すると言われてきたグル―バルコインの全貌が正式に発表され、明らかになりました。

これまでフェイスブックコインやグローバルコインと言われてきた同社発行の仮想通貨の正式名称は「Libra(リブラ)」で、アメリカドルと連動したペッグ通貨になると言われていましたが、どうやら噂が独り歩きをしており、実情はやや異なっていた様です。

 

 

Libra(リブラ)についての概要

 


※画像引用元:Libra

 

今月18日に正式発表されたフェイスブック社が発行する独自コインのLibraは金融インフラプロジェクトの総称であり、プロジェクト内で使用される仮想通貨名称もLibraです。

 

「Libraは万人のために」をスローガンに、住んでいる場所や職業や収入に関係なくお金は世界中どこにでもSMS並みの手軽さと安さで送れるようになるべきであるとの考えから開発されました。

このスローガンからも同社は仮想通貨を開発するにあたり、限られた国や地域ではなく、世界中を視野にユーザー獲得を目指していることがわかります。

 

同社が掲げる金融インプラントとは、世界中の多くの人びとが、あらゆる知識や情報にアクセスでき、安価で便利なサービスを享受できるようになった今でも、貧しい人ほど金融サービスを受けためにより多くのお金を払っている現状を打開するべく、今よりさらに低コストでアクセスしやすいグローバル金融システムの実現を目指しているとホワイトペーパーにも記載されています。

 

 

Libraブロックチェーンについて

 


※画像引用元:Libra

 

FacebooのLibra開発チームは、他の創立者と共にLibraブロックチェーンを開発し、スイスのジュネーブに拠点を構える新たに設立させた非営利団体であるLibra協会によって運営が行われます。

 

Libraブロックチェーンは、低ボラティリティ仮想通貨をサポートするべく設計された分散型プログラムが可能なデータベースです。
プログラミング言語にはMoveを使用しており、スマートコントラクト対応で、コンセンサスアルゴリズムは「ビサンチン・フォールト・トレランス(BFT)」を採用しています。

 

 

Libra リザーブについて

 


※画像引用元:Libra

 

基盤となり支える資産が既存仮想通貨にはなく、仮想通貨を開発・発行しても投機や投資になっているのが実情で、そのため、価格変動が大きくなるという仮想通貨の特性がみられます。

 

Libraは利用者にとって価格が比較的安定した通貨になるよう設計されており、価値保全を達成するための鍵となるメカニズムとしてLibra リザーブして資産の裏付けするシステムを採用しています。

 

Libraユーザーはリザーブからの利益を受け取らず、トークン投資家とLibraユーザーをLibraリザーブの資金源とし、低リスク資産に投資後、時間をかけて利子を生み出していきます。
利子はLibra エコシス テムの拡大・発展のために投資するほか、NGO助成金、エンジニアリング調査資金、教会運営費用などに充てられ、さらに利益がある場合は初期投資家に出資に対する配当がLibra 投資トークンで支払われます。

 

Libra(リブラ)の全貌解説前半戦はここまでですが、引き続き後半戦でも深掘り解説をします。

 

 

※参考サイト:
Libra(リブラ)公式サイト
ホワイトペーパー
Libra(リブラ)公式Facebook 



-暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.