暗号通貨 最新ニュース

フェイスブック独自コインの詳細が近日中にも詳細発表予定!

投稿日:

 

 

 

昨年より独自通貨の開発をしているのではないかと言われ続けているFacebook社が、今月18日に独自コインについての詳細を発表すると海外メディアが報じました。幾度となく報じられてきた通称“フェイスブックコイン”の詳細がようやく姿を現しそうです。

 

 

スポンサーリンク



Facebookが独自コインの詳細をまもなく公表?

 

 

何かと注目を集めるFacebook社の共同創業者兼会長兼CEOであるマーク・ザッカー バーグ(Mark Elliot Zuckerberg)氏率いる大手ソーシャルネットワークFacebookが独自開発していると報じられてきた独自通貨について、詳細を近日中に発表すると海外メディアが報じています。

 

約1年ほどの時間を費やして開発していたと言われているFacebook社の独自コインはブロックチェーン基盤のプロジェクトを密かに進めているとさまざまなメディアが報じていました。
海外メディアのThe Informationなどをはじめとする大手メディアが報じたのは今月中にも独自コインの詳細が発表されると報じています、

 

 

独自コインの開発に100人強が参加?

 

 

メディアの報道で分かったのは、現時点で独自通貨の開発に携わっているのは100人以上いるとみれ、多数の専門家らで構成されたプロジェクトによって開発が進めれ、今後さらに人員を増やすとみられています。

 

独自通貨開発のために設置された部署は40部門を超えると報じられており、Facebook社を挙げて独自通貨の開発に取り組んでいる様子が窺え、独自通貨に関する現在判明しているレポートの中には“仮想通貨”と記述されていると報じているメディアもあります。

 

プロジェクトでは米ドルをはじめ、いくつかの法定通貨に紐づけされた通貨になり、変動する通貨を持つ国のMessengerユーザーとWhatsAppユーザーを対象とし、異なる国に住むユーザー間の送金や商品の購入に使用できるという。

 

 

スタートアッププロジェクト

 

 

 

ブロックチェーン技術を使用した同社のプロジェクトはFacebook社の中でのスタートアップであり、ブロックチェーン技術をあらゆる側面から関心のある分野を数多く模索して企業展開につなげていくとみられています。

 

同社の究極の目標は何十億もの人々が持っていないものへアクセスするための手助けをすることであり、医療や公平な金融サービス、情報の共有といったものを提供すると同社の求人には書かれていると報じられています。

 

求人の多くがカリフォルニア州メロンパーク内にあるFacebook本社を拠点としていますが、イスラエルのテルアビブにも拠点が設けられているようです。

 

 

イスラエルにフェイズブック独自コインの拠点が?

 

 

多くのメディアが高い関心を寄せるFacebook社が開発する独自コインは、同社の求人情報から何らかのヒントを見いだそうとしており、現在判明しているのは本社以外にイスラエルのテルアビブにも拠点を構えるのではないかとみられています。

テルアビブではエンジニアの求人が出されており、ブロックチェーンプロジェクトの中でも最先端技術であるリアルタイムAI(人工知能)プラットホームの開発に焦点を当てているのではないかと報じています。

 

現時点でFacebook社はプロジェクトに関するコメントは行っておらず、あくまでも求人や既出情報からの推測で各メディアが報じている段階です。

 

しかし、同社はドイツのメディアによるインタビューの中で、仮想通貨市場の激しい変動を避けるため、開発しているコインに関しては1通貨ではなく通貨バスケットに連動する形を取ると語っています。

 

ブロックチェーンプロジェクトの責任者にはかつてPayPal社社長やcoinbase社役員を務めた経歴を持つデビット・マーカス(David Marcus)氏を迎えており、マーカス氏がFacebook社の同プロジェクト責任者に就任後はPayPal社の有能な社員を集めている事もすでに報じられています。

集まった人員の中には、LinkedInの創設者であるリード・ホフマン(Reid Hoffman)氏や、Instagramの製品担当副社長であったケヴィン・ウェイル(Kevin Weil)氏、Instagramのトップエグゼクティブであったジェームズ・エベリンハム(James Everingham)氏などによってプロジェクトが進められています。

 

遅くても今月下旬ごろまでには詳細が発表される見込みで、長きにわたり開発しているのか?と、噂の域を出なかったFacebookの独自コイン。
間もなく私たちもその姿を知ることができそうです。

※参考サイト:
CNBC
The Information



-暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.