取引所 暗号通貨 最新ニュース

楽天ウォレットと楽天スーパーポイントが仮想通貨へ交換可能に!

投稿日:

 

 

インターネットサービスを展開する日本のIT企業が展開する楽天グループが、今月24日より新たなサービスを展開し、仮想通貨ユーザーらからの高い関心がよせられています。

 

 

 

楽天子会社で仮想通貨交換サービス開始

 


※画像引用元:Rakuten

 

楽天グループの子会社で仮想通貨交換業を運営している楽天ウォレット株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:山田達也)が今月24日から、仮想通貨の現物取引サービス「楽天ウォレット」アプリを通じ、楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を仮想通貨へ交換できるサービスを開始したことがわかりました。

 

今回のサービスにより、楽天ウォレットの口座を保有しており、楽天ポイントを貯めているユーザーは、楽天ポイントを楽天ウォレットで取り扱う仮想通貨のビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュへ交換ができるようになっています。

 

仮想通貨に交換できる楽天ポイントは、100ポイント以上から交換可能で、交換時は楽天ウォレットのアプリにログインした後、ポイント交換から交換対象通貨の選択と交換数量を入力します。楽天ポイントは1ポイント1円相当として仮想通貨への交換が完了し、ユーザーのスマートフォンアプリ上に取引履歴が反映されるとのこと。

楽天ウォレットでは、このサービスを通じてこれまで仮想通貨取引に興味をもあっていたものの、取引をした事がないユーザーに対して仮想通貨取引と資産運用が気軽に楽しむ機会を提供することを期待していると公式サイトで語っています。

 

楽天ウォレットは今後も、楽天グループの仮想通貨交換業者として、ユーザーに安全で快適な利用ができる取引サービスの提供と、サービスの拡大・充実を図り、楽天グループにおける「楽天ポイント」活用の幅を広げ、楽天会員のさらなる利便性向上を図っていくとしています。

 

 

楽天ポイントで交換可能なポイントについて

 


※画像引用元:Rakuten Wallet

 

楽天ポイントを仮想通貨に交換可能なポイントとは、通常ポイントのみで、提携サービス会社からの通常ポイントは対象外です。
なお、楽天ポイントについての詳細は Rakuten Wallet をご確認ください。
100ポイント以上になると1ポイント単位で交換が可能ですが、仮想通貨から「楽天ポイント」へ交換することはできません。

 

また、楽天ポイントの交換は、1回あたりと1カ月あたりの交換上限があり、1回あたりの交換上限はダイヤモンド会員が50,000ポイント、ダイヤモンド会員以外では30,000ポイント。
1カ月あたりの交換上限についてはダイヤモンド会が500,000ポイント、ダイヤモンド会員以外 は100,000ポイントが上限です。

 

 

サービスの概要について

 


※画像引用元:Rakuten Wallet

 

この度楽天より提供される新サービスである楽天ウォレットのスマートフォンアプリを通じて、楽天グループのポイントを仮想通貨へ交換できるサービスは今月24日よりすでに開始されています。

交換できる仮想通貨は
Bitcoin(ビットコイン/通貨コード:BTC)
Ethereum(イーサリアム/通貨コード:ETH)
Bitcoin cash(ビットコインキャッシュ/通貨コード:BCH)

以上の3銘柄の仮想通貨へ交換でき、交換にかかる手数料はありません

交換した仮想通貨は投資やインターネット上での送金・決済などに利用できるほか、仮想通貨として資産運用に保有することもでき、交換後の仮想通貨はユーザー次第でさまざまな活用法があります。
仮想通貨に交換する際の交換レートについては、原則として楽天ウォレットの現物取引サービスのレートと同等のレートになるとしています。

仮想通貨へ交換できないポイントについては
有効期限切れのポイント
期間限定ポイント(SPUで獲得した楽天スーパーポイント含む)
他のポイントから交換した楽天スーパーポイント。
となっています。

楽天スーパーポイントから仮想通貨へ交換するサービス注文の後、注文約定前に他のサービスで楽天スーパーポイントをご利用すると、注文が取消になる可能性があるため注意が必要です。
また、交換注文が完了した後の取り消しはできないため、こちらも注意が必要です。

 

 

※参考サイト:Rakutenプレスリリース



-取引所, 暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.