取引所 暗号通貨 最新ニュース

終わらないコインチェック事件!別の仮想通貨に交換した男らを捜査

投稿日:

 

 

2017年末よりビットコインの価格が暴騰したことで一気にユーザー数を増やした仮想通貨市場ですが、狂乱の熱も冷めやらぬ2018年1月26日、国内大手の仮想通貨取引所であるコインチェックでハッキング事件が発生し、大量のNEMが盗まれた事件で、新たな動きが警視庁より発表されました。

 

 

 

NEMを別の仮想通貨に複数の日本人が関与

 

 

仮想通貨取引所のコインチェック(東京)が昨年1月、何者かによるハッキング事件で、約580億円相当の仮想通貨NEMが盗まれた事件について、警視庁は新たな動きを確認しています。
流出したNEMを、別の仮想通貨へ交換する犯人らの要求に応じた複数の日本人の男らの関係先などを、警視庁サイバー犯罪対策課が組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)の疑いで家宅捜索していたことが、朝日新聞などの報道によってわかりました。

警視庁は押収した資料について分析し、要求に応じた男らを立件する方針とのこと。
マネーロンダリング(資金洗浄)の実態解明を進め、ハッカーの特定を目指す方針だという。

※当サイトのNEM巨額流出事件に関する特集記事「コインチェックのNEM巨額流出事件の概要と現時点でのその後1」、「コインチェックのNEM巨額流出事件の概要と現時点でのその後2」、「コインチェックのNEM巨額流出事件の概要と現時点でのその後3」、「まだまだ続く!流出NEMがハッカーらの手によって現金化されている!?」もあわせてご覧ください。

 

流出したNEMの一部は闇サイトを介して別の仮想通貨と交換されたことが明らかになっていますが、その後の捜査関係者への取材により、警視庁が今年11月末、交換に応じていた男らの関係先を組織犯罪処罰法違反の疑いで家宅捜索していたことが分かりました。

なお、捜査関係者らによると、家宅捜索を受けた男性らは、ネムが違法に流出したものと知りながら、交換に関与した疑いが持たれているという。

 

 

コインチェック事件の概要

 

 

事件は2018年1月26日、コインチェック社が保有していた仮想通貨NEMが何者かの手によって外部へ流出したことが発覚しました。

 

流出した金額は5億2,600万NEM(NEMコイン5億2,300万枚)、日本円に換算すると580億円という巨額資金が流出し、当時仮想通貨市場最大被害額となる被害を受けました。
午前0時4分に最初のNEMが送金されると、0時57分までのわずか1時間に見たな短時間に奪われた5億2300万XEM全てが流出しています。

 

不正侵入はウイルス感染したコインチェック従業員のパソコンからコインチェックの社内ネットワークへと侵入。
およそ26万人にのぼる顧客のNEMが流出し、数日後にあたる2018年2月には匿名性の高い闇サイト「ダークウェブ」上に、NEMを別の仮想通貨のビットコインなどと交換するサイトが出現したことが分かっています。

このサイトはNEM流出に関与しているハッカーが開設したサイトとみられており、通常の相場より割安の価格でビットコインなど他の仮想通貨をNEMと交換すると呼びかけていました。
この犯人とみられる人物の呼びかけに対し、多数の人物が交換に応じていたことも分かっています。
2018年3月までには、流出したほぼ全てのNEMが別の仮想通貨に交換されています。

昨年3月には、流出した仮想通貨が、全てのNEMが交換されるまでの間に、国内仮想通貨取引所のZaifへ大量流入していたことが判明していたほか、今年1月には流出後初めて、現金化しようとしていた形跡を発見したことが報じられています。



-取引所, 暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.