ブロックチェーン 最新ニュース

まだまだ続く!流出NEMがハッカーらの手によって現金化されている!?

投稿日:

 

昨年2018年の仮想通貨市場は、まるでその後の1年を予期させているかのようにこの事件で幕を開けたと言っても過言ではありません。その後、ホワイトハッカーらの協力の元、大量に流出したNEMの行方をある程度はつかめていたと言われていましたが、その後は大きな進展もなく、気が付けば1年が経過しています。ところが先日、この流出したNEMが現金化されようとしていた形跡があることが分かり、主要メディアもこれを報じました。

 

 

スポンサーリンク



流出したNEMの現金化の形跡がみつかる

今からまる1年前の2018年1月26日、国内仮想通貨交換業者コインチェック(当時はみなし業者として運営を継続)から、ハッカーらの不正アクセスにより、当時のビットコインレートで約580億円という巨額のNEMが流出する事件が発生しました。

※コインチェックから流出したNEMについては当サイトの過去記事もあわせてご覧ください。
コインチェックのNEM巨額流出事件の概要と現時点でのその後1
コインチェックのNEM巨額流出事件の概要と現時点でのその後2
コインチェックのNEM巨額流出事件の概要と現時点でのその後3
NEM大量流出事件の続報!流出したNEMがZaifへ大量流入していた!

ホワイトハッカーらの流出NEM追跡は行われてい居たものの大きな進展もなく、気が付けば1年が過ぎようとしていました。

 

ところが先日、大手メディアが残りのNEMを現金化させようとしていた形跡が見つかったと報じ、再び大きな関心が寄せられています。

 

 

暴落に焦りを感じての現金化への試みか!?

 

 

昨年より続く仮想通貨の価格低迷はなかなか回復する兆しを見せない中、市場ではマイニング企業が事業を撤退させたり、運営コストが安価な地へと転居するなど、ビットコインが最も高値をはじき出した価格の1/7程度の価格を現在は推移しています。

 

そのような中、ハッカーらが資金洗浄して入手したビットコインを海外仮想通貨取引所で現金化しようとしていた形跡が見つかりました。

ハッカー側が現金化へ動き、形跡を確認したのは流出後初とあり、捜査関係者は長引く価格低迷に、早急に現金化させたかったのではと報じています。

 

 

流出通貨の追跡が可能になるアルゴリズムが誕生!?

 

 

先日アメリカのケンブリッジ大学の教授率いるチームにより、ビットコインを初めとする仮想通貨のトランザクションのプロセスそのものが追跡可能なアルゴリズム“Taintchain”の開発に成功したことが発表されました。

 

Taintchainは19世紀のイギリスの法律を元に開発され、FIFOと呼ばれるメソッドによって犯行パターンを導き出すという。
その原理として、ブロック、トランザクション、スクリプトなどのデータを抽出し、ブロックチェーン解析プログラムを用いて流出した仮想通貨の追跡ができる仕組みとなっているそうです。

 

このFIFOは既存銀行に預けた預金を下ろす際に新たに振り込まれた預金から順に引き下ろすルールを応用して誕生したと報じられています。

先にお伝えしたコインチェックのNEM流出では特定の口座へ流出させた後、複数の口座へ送金を経て資金洗浄を行い、犯人特定にたどり着くことが困難になっています。
ハッカー側はこの特性を悪用し、大量の仮想通貨流出によって資金を得ようと画策しています。

 

 

Taintchain が相次ぐ仮想通貨流出の救世主になる!?

 

 

今回開発されたTaintchainが普及することで特定されたくないハッカー側は犯行に及ぶチャンスが大幅に減少するとみられます。
今回報じられた様に、資金洗浄の末にNEMからビットコインへと姿を変えた仮想通貨であっても、Taintchainの原理で正常に機能出来れば、インターネットでつながる仮想通貨市場へは瞬時に情報共有ができ、最善の対策を尽くすことも今より随分と容易になるのではないかとみられます。

昨年続発した大量の仮想通貨流出、今年は年明けにKYC情報が流出しているのではないかと報じられ、当サイトでも『複数の大手仮想通貨取引所の顧客情報が闇サイト上で売買されていた!』にて特集記事を報じました。

 

仮想通貨は国境を越え、ボーダレスな中で取引されていますが、実際には各国の方や規制によって大きく利用可能な状況は異なり、情報共有もなかなか実現できませんが、Taintchainの出現によって今年は仮想通貨市場が大きく改変される足掛かりになるのではないかと大きな期待が寄せられます。



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.