ブロックチェーン 最新ニュース

音のインターネットを通じて暗号を処理するために音波を利用する

更新日:

 

 

今から2年前、あるエンジニアがタクシーに乗車していた際、車内に流れていたラジオから、番組のウエブサイトURLを口頭で伝えるのを耳にしましたが、いったい誰がそれを覚えられる時間があるのかと考えたと言います。

 

 

 

暗号は音波利用で処理ができる!?

 

 

スタートアップ企業のTrillbit社は、ブロックチェーン上のトランザクションを確認するために音波を送信する画期的で斬新な技術を提供しています。

 

エンジニアでああるバスクサル・デオ(Bhasksar Deo)氏は、とあるアイデアを思いつき、ボストンに拠点を置くTrillbit社を設立しました。
同社は音声を使用して、スマートフォンや決済マシン、ドローンなどのさまざまなデバイスに暗号化された情報を送信するサービスを提供するスタートアップ企業で、スケーラブルかつクロスプラットフォームで、展開コストがゼロのソリューションを提供しています。
デオ氏はこれら独自技術について、“音のインターネット”と呼んでいます。

 

今月のCESで、Trillbit社はブロックチェーン企業をターゲットにした製品を発表しました。
現在、同社の技術を使用して、音声で取引に署名できる画期的なサービスも提供しています。
これらについてデオ氏は、暗号化ハッシュを持つトークンを送信する場合、デバイスはサウンドを受信してブロックチェーンで確認できるとメディアのインタビューで説明しています。

 

 

Trillbit社の取り組みとは?

 

 

Trillbit社CEOであるデオ氏は、2つのデバイスが特定の場所に特定の時間に存在することを確認すると便利であると明かしています。
たとえば、ドローンは小さな“ビン”を発して荷物の配達のアナウンスを送ることができ、荷物側は受け取りドックで受け取られるため、対応すると“ボン”と小さな音が鳴ります。
もちろん、これらの音は人間の耳にはすべて検出されないほど小さな音で、不快感は感じられないと語っています。

 

bluetoothやNFCなどのサウンドを使用するメリットは、情報を送信するために企業が別注でマイクロチップをインストールする必要がないことだと同氏は述べています。
世界中の人の数よりもスピーカーの数が多いので、これらのスピーカーを使用してネットワーク全体を構築してみようというのが同氏の取り組みです。

デオ氏の主張は、ほとんどのスピーカー、マイク、およびプロセッサが、人間の耳が拾えないピッチの忙しいケースでも音を送信および送信するのに十分な高品質であるため、暗号化されたメッセージを送信するために音波を使用することのみが可能であるとしています。
これらの仕組みを利用してTrillbit社では、電話の3〜10メートルからスタジアムスピーカーの約150メートルまで拡張できると述べています。

そのため、コーヒーショップでは、音楽を再生している場合でも、スピーカーを使用して、音声に基づいて支払いネットワークをセットアップすることも予想されます。
スマートフォンはビープ音をマシンに送信し、ビープ音が鳴り、トランザクションを確認し、これら一連の流れに追加のハードウエアは一切購入せずすべて可能だとのこと。

 

Trillbit社はスタートアップ企業のため、まだ新しいブロックチェーン統合の顧客を見つけていませんが、元の非ブロックチェーンバリアントには十分なものがあります。
決済大手のウェスタンユニオンと協力して、店舗の決済システムの速度を向上させた結果、同社の支払い速度は約4倍になったと言いました。

 

 

Trillbit社の同時技術について

 

 

Trillbit社が提供する音のインターネットには無限のアプリケーションと自らアピールするだけあり、ユーザー認証やIoT(Internet of Things=モノのインターネット)、支払い、小売、さらには水中ロボットなど、いくつかの目的に使用できます。

 

同社独自の技術によってどのスピーカーからも「Trill」トーンと呼ばれる超音波パルスを送信します。
トリルトーンは、人間の耳には聞こえないが、スマートデバイスではデコードできるデータでエンコードされます。
マイク付きのスマートデバイス、携帯電話、タブレット、またはラップトップでこれらのトーンをキャッチでき、その後独自技術を使用してこれらのトーンを解釈し、特定のアクションをトリガーしたり、コンテキストデータを送信したりできます。

 

 

これらの技術が一般に広く普及すれは、仮想通貨取引をしながら音楽を聞き、さらには別の動作も実行できる…
そして、これらがスケーラブルで負荷の少ない環境下で実施できるとすれば、仮想通貨取引きだけでなく、私達一般の人々の生活も超快適な日々を送れそうです。



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.