暗号通貨 最新ニュース

欧州中央銀行ではデジタル通貨発行について当面しないことを示唆

投稿日:

 

 

ECB(European Central Bank=欧州中央銀行)政策立案者のイェンス・ワイドマン(Jens Weidmann)氏によると、欧州中央銀行は当面デジタル通貨を公開しないと語り、市場関係者が関心を寄せています。

 

 

 

スポンサーリンク



ユーロデジタルは当面ない!?

 

 

 

ドイツの中央銀行も運営しているワイドマン氏は、Facebookが主導する安定コインネットワークであるLibraの脅威に対応してECB(European Central Bank=欧州中央銀行)がデジタル通貨を発行することは意味がないと述べたことを地元紙Handelsblattが先週報じました。
多くの中央銀行はFacebookやLibraプロジェクトが悩みの種であると考えています。

ユーロには安定した通貨があり、過去数十年にわたって証明されてきており、市場経済では、顧客の要求に適切なオファーを開発することは会社次第でもあるととワイドマン氏はHandelsblatt紙のインタビューで語っています。

 

 

デジタルユーロに対する見方とは?

 

 

ユーロが担保されているステーブルコインEURSの発行者であるStasisの創設者兼CEOであるグレゴリー・クルモフ(Gregory Klumov)氏も、ECBが消費者向け製品をオープンした結果は、欧州の銀行事業にとって、マイナス金利と鈍い成長のためにすでに苦労しているとメディアに語っています。

ここで最も重要なのは、量的緩和以外にユーロを創出することも、小売であれ企業であれ、顧客に直面することは彼らの仕事ではないとクルモフ氏はコメントしており、同氏は、ECBはユーロの安定性を確保するというその使命に対し、しっかりと固執していると述べています。
さらに同氏は、ユーロがすでにデジタル対応であると述べていますが、この発言に対してはヨーロッパの消費者に衝撃を与えることはありませんでした。

クルモフ氏によると、分散型台帳はネットワークリスクを軽減するだけで、独自サーバーのセットアップに関連するウェブサイトのクラウドホスティングのようなものであり、これらは独自の分散型台帳により、ECBが他の銀行に依存する必要がなくなるだろうと述べています。

同氏は、こうしたサービスに対する多くの需要は、規制当局とゲームをプレイする様に競っており、企業内での国境を越えた支払いに関して、「料金を支払うことにうんざりしている企業」からのものだと述べています。
今日のグローバル化されたビジネスにおいては、流動的で安定した価値のある資産に自分の現金を使いたい、託したいと思っているようです。

 

 

Libraの存在がデジタル通貨問題を無視できないものへ

 

 

今から約6か月前、Facebook社はLibraプロジェクトを発表し、世界の中央銀行を驚かせたことは記憶に新しいのではないでしょうか。
インターネットの巨人と称されることもあるFacebook社は、Libraと呼ばれる独自通貨の開発を発表し、その後はステーブルコインとして、ドルやユーロなどの法定通貨にリンクされていると言われています。

“通貨”に保守的な考えを持っている市場関係者らは、FacebookのLibraプロジェクトに懐疑的で、彼らがデジタルマネーの将来をどのように見ているか、そして中央銀行がその中で果たすべき役割についての根本的な質問に対するFacebookおよびLibra側からの回答はかなりあいまいでした。

連邦銀行のイェンス・ワイドマン総裁は、デジタルユーロにあまりにも早く反応することに対して警告しており、既存銀行に対して支払い取引をより速く、より安くするように呼びかけ、Libraプロジェクトを根本から取り除くことができるように述べています。

ワイドマン氏は、詳細を詳しく説明することなく、デジタル中央銀行マネーに対してより大きな開放性を示す他の中央銀行よりもはるかに控えめで、ECB新総裁であるクリスティン・ラガルド(Christine Lagarde)は最近、この問題を「時代の先を行く」ものにするよう求めています。

 

 

イェンス・ワイドマンと連邦銀行

 

 

クリスティン・ラガルドECB新社長は、中央銀行が開発を追いかけるのではなく、開発よりも先に行くことを要求しています。
デジタル中央銀行マネーのプラス面とマイナス面を理解すること、デジタル通貨が必要かどうかを判断し、リスクを制御できるように環境を整えることを望んでいます。

しかしLibraは、デジタル通貨の分野で私的独占を生み出すとして脅威的に捉えられており、市場経済では公正な競争を可能にするため、規制と競争を最初に一貫して法適用しなければなりません。

では、独占を防ぐためには政府が何をするべきなのでしょうか。
このような大規模なプラットフォームを持つインターネット企業は、大量のデータを蓄積することで、小規模な競合他社よりも有利になるため、連邦政府は競争法の近代化に取り組んでいます。

デジタル時代では、電子IDを通じて相手を明確に識別することが非常に重要です。
デジタル技術の向上によって監視は容易になりますが、それを念頭に置いておく必要があります。データとその処理がより重要になるほど、データ保護のためのより重要な規制が必要になってくるでしょう。



-暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.