ブロックチェーン 最新ニュース

ブロックチェーン企業がビットコインキャッシュコミュニティ告訴!?

投稿日:

 

昨年末の仮想通貨フィーバーとはがらりと取り巻く環境を変え、今年も後半に突入すると、ビットコインキャッシュのハッシュ戦争が沸き起こり、市場を混乱に招いたことは多くの仮想通貨ユーザーがすでにご存じの事と思います。ようやくある程度落ち着きを見せたかに思えたと同時に、海外で、ブロックチェーン企業がビットコインキャッシュのコミュニティ―を訴えたというニュースが飛び込んできました。

 

 

スポンサーリンク



ビットコインキャッシュコミュニティが訴えられた!?

 


※画像引用元:UNITED CORP

 

これまでにいくつかの訴訟を起こしていることで知られるフロリダ州に拠点を構えるブロックチェーン企業UNITED CORP (United America Corporationの略)が、今度はビットコインキャッシュ(※以下BCHと表記)コミュニティに対して訴訟を起こしていたことが海外の仮想通貨メディアによって報じられました。

UNITED CORPがビットコインキャッシュコミュニティを訴えた理由について

BCHハードフォークは、BCHのコンセンサスの標準規則の下でプレーすることが許されていたはずである

として、Bitcoin.comのビットコイン(BTC)マイニングハードウエアの変換と、Bitcoin ABCのマイニング機器と、本来ならば必要のなかった余分なハードウエアのレンタルが不公平な行為であったとし、ビットコインの原則を全面的に損なう様、人為的に働きかけていたと主張しています。

 

 

BCHコミュニティのハッシュパワー操作

 

 

UNITED CORPはBCHがハードフォークを実装した際に行ったハッシュパワーの操作に対し、分散化されている取引ルールを持つBCHがハッシュパワー引き下げ操作を行うのは中央集権化にあたる。
アップグレード直後にネットワークを分散させる目的で人為的に行われた行為は“深刻な防除”であると述べ、ブロックチェーンに“毒薬”を植え付けていると主張しています。

 

市場の大物が訴えられた!?

 


※画像引用元:SCRIBD

 

今回UNITED CORPがBCHを訴えたと報じられた件について海外メディアではすでに訴状を提出されていると報じています。


※画像引用元:SCRIBD

 

マイアミ地方裁判所に訴状は既に提出されており、被告人にBitcoin.comのCEOであるロジャー・バー(Roger Ver)氏、ビットメイン社のジハン・ウー(Jihan Wu)氏が名指しされて提出されていると報じています。

 

 

目的はネットワークとブロックチェーンの支配!?

 

 

BCHは11月15日に実施されたハードフォークによってBCHを支持するコミュニティと、ビットコインABCを支持するコミュニティに分かれました。

訴えを起こしたUNITED CORPは、レンタルハッシュを行ってネットワークを支配しようと企てた。
その結果としてビットコインABCのルールが採用され、公平なルールの導入を阻止した
とされています。

 

さらにUNITED CORPは、ハードフォーク5日後の11月20日、ビットコインABCのコア開発メンバーが、ブロックチェーンの支配を目的にディープ・リオーグ・プリヴェンションを利用して毒薬を送り込み、将来的にアップデートを実装する際に支配ができるようにしているという。

 

 

裁判の争点

 

 

 

訴えをおこしたUNITED CORP側は、被告側がBCHネットワークで現在行っている同様の行為を将来、できないようにする差し止めを求めており、今回の深刻な防除によって受けた損害賠償を求めているという。

 

今回提出された訴状により裁判所は実際にBCHユーザーが、分権化の権利を有しているかどうかが争点となるとみられています。

また、名指して訴えられた当事者の行為が、BCHユーザーたちの分散化の権利に違反しているかどうかを判断するよう求められます。

ブロックチェーン企業 VS 非中央集権の今回の裁判、アメリカ司法がどのような判決を下すのか?多くのユーザーが行方を見守っています。



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.