暗号通貨 最新ニュース

中国のデジタル人民元はほぼ準備ができていると中国人民銀行が発表

投稿日:

 

 

Facebook社のLibraプロジェクト発表により、それまで水面下で進められていたデジタル人民元が一気に表面化。2020年内には流通ができるように開発が急ピッチで進められていることが各国メディアに報じられていましたが、地元メディアは先日、すでにほぼ準備ができていることを報じました。

 

 

 

スポンサーリンク



中国のデジタル人民元が完成間近

 

 

中国の中央銀行にあたるPBoC(People's Bank of China=中国人民銀行)は、新しいデジタル通貨の開発の大部分を完了したことを示す論文「Inventorying the Bank's 2019 FinTech」を発行したと地元メディアのJRJ.comが報じました。

 

この論文には、PBoCが2段階認証運用、および匿名性に準拠することを前提に、最高水準レベルの設計および標準定式化、機能の研究開発、合法的なデジタル通貨の共同テストを基本的に完了したと記載されているとのこと。

すでにセキュリティ、および制御の原則に従うことを目的に、さらなる安定性が求められていくとメディアは報じています。

 

中国のメディアサイトCaijingによると、中国版LibraであるDCEP(Digital Currency Electric Payments=中国のデジタル通貨電子決済)は、深センと蘇州で小規実験を実施しており、実験が実施された2津の地域は、PBoCに近いため両都市が選ばれたと報じています。

※当サイトのDCEPに関する特集記事「中国がLibraに続く新デジタル通貨構想で市場優位は続米中摩擦へ?」、「Libraによる監視と金融界支配を食い止めたい中国独自通貨に何を思う」、「中国で11月に発売と報道された独自デジタル通貨を中央銀行が拒否」も合わせてご覧ください。

政府は、物理的なお金の引き出しを制限するための措置を試行しており、国営通信社の新華者通信は、現在実施しているテストパイロットはマネーロンダリングに対抗する手段について実施されてることを明かしています。

仮想通貨アナリストのドビー・ワン(Dovey Wan)氏は、デジタルキャッシュの適合性をテストする前兆だとツイートしています。

 

 

デジタル人民元の進行状況

 

 

 

DCEPが金融監視のメカニズムとして使用されるという懸念に対処するため、銀行のデジタル通貨研究所を率いるPBoC決済部門の副部長でもある穆長春(Mu Changchun)氏は、昨年11月にシンガポールで開催された会議で、紙幣と硬貨を使用した匿名性を要求する人々に提供することを明かしていました。

 

PBoC最新レポートでは、今年4月にBSN(Blockchain-Based Service Network=ブロックチェーンベース・ サービス・ネットワーク)と呼ばれる全国規模のブロックチェーンネットワークを立ち上げることができることが発表されました。
このイニシアチブについては、デジタル通貨とは別であるものの、China Mobile、China UnionPay、China Merchants Bankなど、7社の大手企業とパートナーシップを組み、サポートされるとのこと。

中国政府主導の元、DCEPの発行に向けた動きは2014年頃より開始されていたとメディアでも報じており、中国政府がいかに、デジタル人民元と呼ばれているDCEPに対して期待しているかがうかがえます。

 

先週PBoCは、デジタル通貨の開発がスムーズに進行していると述べていました。
しかし、現時点でもローンチは明かされておらず不明で、PBoCは先週、2020年も合法的にDCEPの開発を着実に進めていくと述べていました。

 

 

穆長春(Mu Changchun)氏の役わりとは

 

 

昨年の12月中旬、デジタル通貨研究所のMu Changchun局長は、デジタル通貨DCEPがトップレベルの設計、標準定式化、機能の研究開発、および共同テストを基本的に完了したと述べました。

Mu Changchun氏は、中央銀行のデジタル通貨とFacebookが提案するLibraは、2つの異なる技術パスを持つデジタル通貨であると指摘しており、あくまでもLibraとはまったく異なるブロックチェーンテクノロジールートが必要だとコメントしています。

 

 

中央銀行のデジタル通貨は世界的に共鳴が予想される

 

 

Anxin Securities社は、2019年が中央銀行のデジタル通貨のターニングポイントになり、2020年は世界の中央銀行のデジタル通貨の最初の年になると述べています。
2020年にローンチが予定されているLibraに対応するため、世界の中央銀行がデジタル通貨の発行を加速させており、ワールドクラスでの中央銀行のデジタル通貨競争が始まっています。

 

現在、PBoCのデジタル通貨は主に紙幣の代替として位置付けられており、PBoCによって承認された合法的なデジタル通貨です。
PBoCによるデジタル通貨の発行においては、PBoCと商業銀行の集中管理方式により、疎結合アカウントの形で制御された匿名性を実現しています。
集中管理システムを採用するため、デジタル通貨コアシステムの設計は自己研究に基づいていることが予想されています。

 

ただし、運用は中央銀行と商業銀行のデュアルシステムを採用するため、関連する技術基準と建設仕様が明確になった後、商業銀行の決済システムと決済機関はアップグレードの必要性を告げることが期待されています。



-暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.