暗号通貨 最新ニュース

仮想通貨OneCoinを使った世界的詐欺集団のリーダーがついに詐欺容疑で逮捕

投稿日:

 

先日シンガポール警察が行った調査で、2人組の男が「OneCoin」詐欺の不正な宣伝活動を行うため、マルチレベルのマーケティング手法を用いた罪で身柄を拘束されました。このOneCoin詐欺は世界的に展開されている仮想通貨を使った詐欺案件で、現在も世界各地で警察による捜査が進められています。

 

 

スポンサーリンク



OneCoin詐欺でシンガポール警察が2人組の男を拘束

 


※画像引用元:OneCoin

 

海外仮想通貨関連メディアのBusiness Timesが報じたところによると、シンガポール警察(SPF=Singapore Police Force)が行った調査により、2人組の男が仮想通貨詐欺案件「OneCoin」の宣伝を行った罪で身柄を拘束されたと報じました。

拘束された男のうちの一人は、One Concept Pteとして知られる会社を設立するという別件の罪でも問われています。
One Concept Pte社は、不正な仮想通貨を宣伝するためにマルチレベルのマーケティング手法を使用したとされており、現在警察の捜査が続けられています。

世界的にOneCoin詐欺が展開されていた様に、SPFでは人々がオンライン教育コースを購入した後、プロモーショントークンの提供でこのスキームに参加するように誘われたとOneCoinの詐欺手口を語っています。

SOFによると、この手口でマルチレベルのマーケティングスキームが進むにつれ、参加者には他の人を勧誘するインセンティブが与えられ、日本でも詐欺行為にあたるとして禁止されているねずみ講組織を構築していました。

OneCoinsのプロモーショントークンでは、会員となった被害者らが入手したコインは「マイニング」に使用できると宣伝されており、会員が新規参加者を紹介した際にはマルチレベルマーケティングおよびピラミッド販売(禁止)法に違反している入会時に支払った手数料の無料(全額返還)を訴えて勧誘していました。

ブルガリアで発生した詐欺犯罪歴

 


※動画引用元:OneCoin

 

OneCoin詐欺は4年前に登場し、多くの人から高い関心を集めましたが、長らく放置された状態で多くの被害者を生み出しており、実質的な運営及び勧誘を行っていた実行犯が逮捕されてから1カ月ほどしか経過していません。

海外メディアでも報じられているように、今年の3月6日に首謀者であるコンスタンティン・イグナトフ(Konstantin Ignatov)容疑者はロサンゼルス国際空港にてようやく逮捕されました。
イグナトフ容疑者は現在、ニューヨークの首都矯正センターで身柄を拘束されています。

今回の詐欺案件についてニューヨーク州南部地区連邦検事局は、「煙に基づいたピラミッド方式で、ゼロと1以上を反映したもの」と呼んでいます。
警察の調査により、OneCoinは他の仮想通貨のような検証可能なブロックチェーンが使用されているものではないことも分かっています。

FBI担当副局長のウィリアム・スウィニー(William Sweeney.Jr) 氏によると、イグナトフ容疑者逮捕後、投資家の取引履歴の記録を保持する本物の仮想通貨とは異なり、OneCoinには真の価値はなく、投資家に還元方法や使用途を提供していなかったと語っています。

まお、シンガポール警察によると、イグナトフ容疑者への最初の聴聞会は今月末にかけて開催される予定です。

 

 

大弁護団による保身を画策?

 


※画像引用元:OneCoin

 

 

イグナトフ容疑者はOneCoin詐欺のシンボルとして報じられましたが、OneCoineは2014年にブルガリアでイグナトフ容疑者の実の姉妹であるルジャ・イグナトフ(Ruja Ignatova)によって設立されています。

ルジャ・イグナトフは2017年後半にパブリックビューから姿を消す直前に、OneCoinの最初のリーダーを務めていたことが分かっています。
ルジャ・イグナトフが姿を消して以降、今回身柄を拘束されたイグナトフがOneCoinでリーダーとしての地位を得ています。
イグナトフは昨年半ば、ニューヨーク州南部地区連邦検事局エリアのトップリーダーになりました。

イグナトフの最初の公聴会の準備をしている間に、自身の保身のために高い法的防衛チーム(有能な弁護団など)を構成する可能性があるとみられています。

なお、イグナトフの弁護団チームとして、ニューヨークを拠点とする刑事弁護専門の弁護士、ジェフリー・リッチマン(Jeffrey Lichtman)氏が率いているとみられています。

リッチマン弁護士はかつてメキシコの麻薬王であるホアキン・アルチバルド・グスマン・ロエーラ(Joaquín Archivaldo Guzmán Loera、1957年4月4日~、別名“麻薬王”エル・チャポ=El Chapo)や、ニューヨークマフィア「ガンビーノ(Gambino)」のボスであるジョン・ゴッティ(John Gotti Jr)の弁護を引き受けたことで世界的に知られています。

 

 

世界各地でOneCoin詐欺の捜査が進められている

 


※画像引用元:OneCoin

 

 

シンガポールがOneCoinのプロモーターを請求する唯一の国ではありません。

 

OneCoinが“Weika Coin”という名前で広がっている中国では、2018年5月に98人が詐欺で起訴されており、約2年前にインドでは22人のOneCoinプロモーターに対する起訴が行われています。

OneCoinが上場予定とうたっていた仮想通貨取引所XCOINXの閉鎖の他に、スウェーデンのビットコイン協会がOneCoineに対して警告を出しているほか、アフリカの仮想通貨取引所が警告を出すなど、世界的に詐欺案件として警告がなされています。

これらは訴追以外に罰金や警告など、OneCoinのプロモーターに対して行われていることが報じられており、現在世界中で調査が進められています。



-暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.