最新ニュース

カナダが仮想通貨大国として注目されるその理由を探ってみる

投稿日:



近頃、カナダが新しい産業に対して寛大な政策をとっていることから、仮想通貨やブロックチェーン技術を活用している国として、主要な国になりつつあります。
カナダが頭角を表している理として国全体を挙げての政策面の他に、インターネットが高速で利用できること、再生可能な低コストのエネルギーに余剰があることなどが上げられています。

そこで本日は、カナダにおける仮想通貨の浸透や今後の見通しを紹介しますので、仮想通貨に不可欠なマイニングに使われるエネルギーについても、掘り下げて考えてみたいと思います。

カナダが世界で第3位のブロックチェーン技術を誇る訳






アメリカとイギリスの次に、カナダがブロックチェーン技術を活用していると言われるほど、仮想通貨先進国としての印象を強めています。
もともとカナダという国が新しい事業やイノベーションに対して、寛容な政策をとっているので、他の国では浸透しにくい事柄についてもカナダでは比較的取り組みやすい環境にあります。

特にブロックチェーン技術がここまで浸透し、重要な地位を占めるようになった理由のひとつに、ヴィタリック・ブテリン氏の存在があります。
若きイーサリアムの考案者として世界中で知られるブテリン氏がトロントで暮らしていたことがカナダを仮想通貨先進国に押し上げたとも言われています。
ヴィタリック・ブテリン氏についての当サイトの記事『仮想通貨に絶大な影響力を持つ人物 ヴィタリック ブテリン(Vitalik Buterin)氏』も併せてご覧ください。

マイニングでもカナダは有利な環境が整っている

仮想通貨の取引をするときに欠かせない作業のひとつであるのがマイニングです。
この作業は、高性能のコンピューターで計算処理をするのですが、一定量の電力が必要なために、再生可能なエネルギーの需要が高い国ほどマイニングをする上でとても有利です。

特にケベック州では水力発電をメインにした電力が豊富にあり、北アメリカの中で電気料が低い地域として注目を集めています。
ケベック州はモントリオールを含む州で、大西洋側に面しています。
年間の平均気温は約7.3度なので、一年を通して比較的寒冷なケベック州は、マイニングを行う上でも大切な条件をクリアしていると言えます。

カナダには国や州政府の意向から、イノベーションを支援するために税金の優遇処置もあります。

仮想通貨やブロックチェーン技術を進めるに当たって、いくつものニーズを満たしているカナダには、世界中のマイナーから注目を集め、実際にカナダで事業を始める企業もあります。

イーサリムのブロックチェーン研究機関はトロントを拠点にして、多様な分野にブロックチェーン技術を活かす研究をしています。
マイニングハードウエア大手であるビットメインテクノロジ(中国)もカナダに事業の拠点を移動しています。

マイニングに不可欠な、エネルギーと寒冷な気候

カナダと同じように、マイニングを行う上での好条件を満たしており、業界から注目を集めている国のひとつがアイスランドです。

仮想通貨の取引をする上でマイニング作業は不可欠であり、なおかつ電力を必要とします。
アイスランドでは、マイニングに使われる電気量が今までの量の倍にまで上がった事でも注目されています。
このため、国内にマイニング事業が移転してくることに対して快く思っていない人たちが一定数居るのも事実のようです。

マイナーは利用する電気代を抑えるために、コストの安い国や地域を探しています。
実際にマイニングをするために大きなエネルギーが必要であり、消費しますが、マイナス面ばかりではないという意見もあります。
安価な上に再生可能エネルギーの需要が高まっていることから、エネルギー分野における技術の開発にもひと役買っているとの考えもあります。

仮想通貨やブロックチェーン技術を発展・浸透させるためには、規制の厳しい環境ではなく、カナダのような緩やかな姿勢を示す国の存在は不可欠です。
そして、どうしてもエネルギーが必要となるために、安定して安価なエネルギーの供給も、切り離せない重要な条件です。
寒冷地であるという条件を含め、すべての条件を満たす環境は限られているのが現状です。

今後もアイスランドやカナダでのブロックチェーン技術は発展し、浸透を続けていくものと思われます。



-最新ニュース
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.