ブロックチェーン 暗号通貨 最新ニュース

ハイパーキャッシュ(HyperCash)とは?仕組みや特徴を初心者向けに分りやすく解説します!

投稿日:

 

 

あらゆる仮想通貨やトークンが世界中から開発され、誕生する中、最近では匿名性の高い通貨にダークなイメージが付きまといますが、それらを払拭するべく、さまざまな次世代技術を通して誕生したハイパーキャッシュ(HyperCash)について分かりやすく解説します。

 

 

 

ハイパーキャッシュ(HyperCash)とは?

 


※画像引用元:HyperCash

 

ハイパーキャッシュ(HyperCash/通貨コード:HC)は、異なるブロックチェーンと簡単にインターフェースできる『プラグアンドプレイブロックチェーン』で、これによって異なるブロックチェーンがコインと情報を交換し、閉ループシステムを接続できるようになります。
イーサリアムネットワーク上に構築されたERC-20規格に準拠したトークンであるハイパーキャッシュ(※以下、HyperCashと表記)は、ZcashやKomodoと同じくゼロ知識証明を使用し、匿名性を保持するなど、プライバシーを守ることにも重点を置いたトークンです。

※当サイトのZcashとKomodoに関する特集記事「コモド(Komodo)とは?仕組みや特長を初心者向けに分りやすく解説します1」、「コモド(Komodo)とは?仕組みや特長を初心者向けに分りやすく解説します2」、「ゼットキャッシュ(Zcash)とは?歴史や仕組みを初心者に簡単に分かりやすく」もあわせてご覧ください。

Hsharesは、2017年6月にCollinstar Capitalによって21,000 BTCを調達したICOを通じて最初に配布され、昨年公開されたHcashと1:1で交換できるようになるトークンです。

 

 

ハイパーキャッシュ(HyperCash)の特徴

 


※画像引用元:HyperCash

 

HyperCashにはいくつかの特徴があります。

その一つであるのが、「分散型自立ガバナンス」で、コミュニティ主導の自律的ガバナンスモデルは、Hcashコミュニティのニーズを適切に満たし、意思決定の効率を確保したうえで、より持続可能で包括的な開発環境を作成できると考えています。

 

PoW+PoSのハイブリッドメカニズム
コンセンサスアルゴリズムにはPoW+PoSのハイブリッドメカニズムを採用しています。
このハイブリッドPoW+PoSコンセンサスメカニズムでは、ブロックチェーンに参加するために、PoWによって生成された全てのブロックをPoSマイナーが検証する必要があります。
マイナーと利害関係者の両方がブロック清算に参加することにより、ネットワークのセキュリティを確保しながら、ハッシュパワーの独占の可能性を大幅に排除します。

 

プライバシー保護プロトコル
プロトコルにはプライバシー保護プロトコルシステムを採用しており、Hcashは、ポスト量子格子RingCTプロトコルを実装しています。
ゼロ知識証明と言うコンセプトを元にしたzk-SNARKsと呼ばれるテクノロジーを改善および最適化させ、プラットフォームを使用するクライアントに、将来のプライバシーを保護するためのより効果的なオプションを提供します。

 

量子後署名技術
さらにHcashでは、量子後署名技術を採用しており、複数のポスト量子署名スキームをサポートし、従来のECDSA署名と互換性があり、将来の量子コンピューター環境のユーザーに高レベルのセキュリティ保護スキームを提供します。

 

並列デュアルチェーンエコシステム
Hcashネットワークには、2つのチェーンが横方向に実行され、それぞれがエコシステム内の異なる機能を提供しています。
この2つのチェーンは、現在のブロックチェーンエコシステムで一般的な相互接続、プライバシー、セキュリティの問題を解決するのに役立つ、相互リンクされた二重焦点のデュアルトークンと、デュアルチェーンエコシステムを提供します。

HCASHエコシステムは、HyperCash(HC)メインチェーンと、メインチェーンから派生したHyperExchange(HX)チェーンを含む2つのチェーンで構成されますが、ビットコインやイーサリアムなどを含むブロックチェーンと、DAGなどのブロックチェーンで構成されています。

 

 

ハイパーキャッシュ(HyperCash)の将来性

 

 

当初HyperCashは昨年2月に完成する予定でしたが、開発が大幅に遅れたことで6月にICOを経てリリースされています。

HyperCashの最大の特徴である並列デュアルチェーンエコシステムを活用することで、他の通貨との差別化を図り、異なるブロックチェーン間との橋渡し役を担える環境をすでに持ち合わせています。

今後の計画を順調に進み、より広く認知される環境を持つことで、HyperCashの持つ可能性は大いに広がっていくとみられます。



-ブロックチェーン, 暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.