最新ニュース

仮想通貨に絶大な影響力を持つ人物 Roger Ver(ロジャー バー)氏を紹介

更新日:



先日よりご紹介している仮想通貨・仮想通貨市場に絶大な影響力・発言力を持っている世界中の人物をご紹介していますが、本日は現在日本に住み、ビットコインキャッシュに注力し、“ビットコインジーザス(ビットコインの神)”や“ビットコインのイエスキリスト”などとの異名を持つRoger Ver(ロジャー バー)氏についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



Roger Ver(ロジャー バー)氏




画像引用:bitsonline


1979年2月にアメリカ・サンノゼで産まれ、現在38歳と若き仮想通貨界の神として世界中から彼の発言や動向が注目されています。

ロジャー バー氏の経歴についてはあまり公表されていませんが、ディアンザカレッジに通っていたものの、1年ほどで中退し、ビジネス経済界へと身を投じています。
大学を中退した後の彼は20歳の時にMemoryDealers.comというコンピューター部品を扱う事業を始めます。
この事業は順調に業績を伸ばし続け、25歳の時にはビットコインの投資で世界初のバーチャル富豪になった一人として世界中に彼の名が広まり、一気に彼は仮想通貨界の有名人となっていきました。

2011年に彼は当時ビットコインが1BTC=1ドルの時に投資をスタートさせ、投資が軌道に乗った後、リップルやBlookchain.info、Bitpayといったビットコイン関連のスタートアップ企業へと100万ドル以上の投資を行い、2011年には自身が経営するMemoryDealers社でビットコイン決済を導入しています。

2006年より日本に在住しているロジャー バー氏ですが、2014年にはアメリカ市民権を放棄したうえでセントクリストファー・ネイビスの市民権を取得し、同じ年にはビットコイン関連の総合Webサイト「Bitcoin.com」のCEOに就任しています。

2016年にはマカフィーで知られるMGTキャピタルインベストメントの暗号通貨諮問委員会会長に就任し、ビットコイン財団の創設者のひとりとして名を連ねています。

ビットコインの神とロジャー バー氏が呼ばれる理由とは

ロジャー バー氏がビットコインの神と呼ばれる異名を持つ所以は、ビットコインが1BTCわず100円の価値しか持たなかった時点で多額の投資を行い、ビットコインの価格上昇と共に億万長者となり、彼の当時の資産は25万BTC、昨年2017年12月には日本円で5,000億円程になっているだろうと言われています。

バー氏はビットコイン初期投資を熱心に行っていたほか、ビットコイン決済を自身が運営するWebサイト上にて導入するなど、普及に尽力を注ぎ、積極的に広めていったことからそう呼ばれるようになっていったと言われています。

ロジャー バー氏とビットコインキャッシュとの関係とは

初期の頃よりビットコインの普及に力を注いだロジャー バー氏は世界中の仮想通貨ユーザーからその動向が注目されるほどの影響力を持つようになった彼ですが、バー氏を調べていくと、現在はビットコインではなく、ビットコインキャッシュとの関わりが現在深いという事が分かります。

しかし、ビットコイン初期の頃より尽力を注いできた彼がなぜビットコインではなく、ビットコインキャッシュなのでしょうか。


画像引用:Roger Ver(ロジャー バー)氏公式Twitter


バー氏は昨年2017年10月18日に突然、「ビットコインキャッシュこそ本当のビットコインだ」とツイートをして世界中をアッと驚かせました。

この発言の後、ビットコインは発言直後より価格が下落しています。



画像引用:coinmarketcap


一方のビットコインキャッシュは…



画像引用:coinmarketcap 


価格がバー氏の発言後より高騰していることが分かります。

この発言後のビットコイン価格と、ビットコインキャッシュの価格を比較しても、バー氏の勝減力の影響がかなり大きいことが分かりますが、そもそもバー氏がなぜビットコインキャッシュこそが本当のビットコインだと発言したのでしょうか。
その背景には大きなポイントがあり、ビットコインスケーラビリティ問題と、それに関連したビットコインにはないビットコインキャッシュのメリットにあります。

もともとビットコインは設計当初の予定を大きく上回り、ユーザーが急増したことや、ブロックサイズが1MBと小さかったことでさまざまなビットコインの不満が噴出していました。
しかし、ビットコインキャッシュはこの問題を解決するべく、ブロックサイズを8倍にすることで送金時間のスムーズ化を実現させています。

バー氏は使い勝手も良く、今後はビットコインよりビットコインキャッシュの方が広く普及するだろうという見方を示しており、“ビットコインキャッシュこそ本物のビットコイン”とツイート下時点で既に大半の資産をビットコインからビットコインキャッシュへと移していたと言われています。

まだまだ影響を与えるバー氏の発言

バー氏は自身の資産をビットコインからビットコインキャッシュへ移しただけではなく、ビットコインキャッシュに関する発言でも影響を与えています。



画像引用:Roger Ver(ロジャー バー)氏公式Twitter


<引用訳>
Bitcoin Cash Visaデビットカードをお探しですか? http://Bitcoin.comがすぐにあなたにそれをもたらすだろう!

この発言は多くの方が願っていたことでもあり、本当に実現するとなると、仮想通貨市場でのビットコインVsビットコインキャッシュの関係が逆転する日が訪れる可能性も大きいことから、今後もロジャー バー氏の発言や動向から目が離せそうにありません。



-最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.