暗号通貨 最新ニュース

ビットコイン SVとは?歴史や仕組みなど初心者にも分かりやすく解説

投稿日:

仮想通貨の代名詞と言えばビットコイン。そのビットコインに通貨名称が良く似たビットコインSVという仮想通貨が昨年末から頻繁に見聞きするようになりました。そこで、ビットコインSVとはどんなものなのかについて、初心者にも分かりやすく解説したいと思います。

 

 

ビットコインSVとは?ビットコインSVの歴史について

 


※画像引用元:ビットコインSV

 

ビットコインSV(Bitcoin SV/通貨コード:BSV)とは、ビットコインからハードフォークして誕生したビットコインキャッシュ(BCH)が2018年11月16日にハードフォークされ、誕生した仮想通貨です。

気になるビットコインSVの名称についている“SV”は、ビットコインの父であるSatoshi Nakamoto Vision(サトシ・ナカモトビジョン)の頭文字から取ってSVが付けられています。

 

そもそもどうしてビットコインからハードフォークして誕生したビットコインキャッシュから再びハードフォークしてビットコインSVが誕生したのでしょうか。

その背景には、熱烈なビットコインキャッシュサポーターとして知られるロジャー・バー氏らの思い描いていたビットコインABC派と、自称サトシ・ナカモトと名乗り出ていることで広く知られているクレイグ・ライト(Craig Wright)氏やnChainなどが率いるビットコインSV派の考えるアップデート方法が異なることから対立が始まりました。

 

ロジャー・バー氏らが考えるアップデートは“クロスチェーン”で、ブロックチェーンの仕様が異なると交換性が無くなるため、ビットコインABC派は交換性を持たせる事を提唱していました。

対するビットコインSV派は、昨年5月のハードフォークによってビットコインキャッシュのブロックサイズが8MBから32MBへと大幅な容量アップを実現させています。
しかしビットコインSV派はさらに4倍大きな128MBへのアップデートを提唱し、両者どちらも意見を譲ることなく対立し続けた結果、ビットコインキャッシュからハードフォークしてビットコインSVが誕生したのです。

ビットコインSVは、“ビットコインの未来に火を付ける”というビットコイン設立当初のビジョンを回復させる事を理念に、マイニング企業CoinGeekをはじめとするマイニング企業の要求に応じて立ち上げられました。

 

 

ビットコインSVの仕組み

 

発行上限枚数が2,100万枚、アルゴリズムはPoW(Proof of Work)を採用しています。

※当サイトの特集記事「仮想通貨の取引認証アルゴリズムPoW、PoI、PoS、PoCの違いを改めて学ぶ1
仮想通貨の取引認証アルゴリズムPoW、PoI、PoS、PoCの違いを改めて学ぶ2」 もあわせてご覧ください。

開発にあたり、ビットコインキャッシュが開発と共に、ロジャー・バー氏が「ビットコインキャッシュはビットコイン派生コインではない」と語ったように、独自の機能を兼ね備えたオリジナルのビットコインへと方針転換をしてしまいまし
ビットコインの当初の“非中央集権的な世界共通通貨を作る”という目的からは大きくそれてしまったことで、ビットコインSVは本来のビットコインの理念を追求する事を目標に開発がされていきました。

 

しかし実際には、同一企業がマイニングのシェア半数近くを占めていることからも分かるように、現時点では意図した方向にはなかなか進めていない様です。

 

 

ビットコインSVのメリット・デメリット

 

 

メリットとして真っ先に考えられるのが、本家ビットコインのスケーラビリティ問題に起因したさまざまな問題を解決するべく、ビットコインSVではブロックの容量を128MBへと大きく引き上げており、トランザクション(取引データ)処理速度が優れ、より多く格納させています。

開発にあたっては安定性も重要視されたビットコインSVでは、安定性確保のためのリプレイプロテクションの実装を発表しており、これに関しては、今後のアップデートの際に実装されるのではないかと期待されています。

リプレイプロテクションとは、トランザクション処理を実施する際にID等を与え、不正を排除し、正規トランザクションを見分ける技術を言います。
このリプレイプロテクションを実装することで、不正送金などの不正を防止できます。

一方で、アルゴリズムにPoWを採用していることからも分かる通り、ビットコイン同様に、51%Attack(攻撃)が懸念されることから、今後の安全性確保の方向が不透明なままのため、不安材料は解消されていないというデメリットをビットコインSVは抱えています。



-暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.