暗号通貨 最新ニュース

仮想通貨モナコイン1,500万円相当を不正流出させた18歳の少年を書類送検

投稿日:

 

巨大掲示板2ちゃんねるで登場してくるキャラクターをイメージキャラクターに起用して話題となった日本発祥の仮想通貨モナコイン。警視庁は1,500万円相当のモナコインを不正に流出させたとして18歳の少年を書類送検したことが分かりました。

 

 

スポンサーリンク



モナコイン不正流出で18歳の少年を書類送検

 

 

毎日新聞が報じた内容によると、今月14日、警視庁サイバー犯罪対策課は電子計算機使用詐欺および組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)の容疑で、栃木県宇都宮市に住む18歳の男子学生を書類送検したと報じました。

 

書類送検された男子学生は夏休み期間の昨年8月~9月にかけ、仮想通貨モナコインのコミュニティサイト「Monappy」の送金システムの欠陥を悪用して誤作動させ窃取し、運営会社が保管・管理していたモナコイン約9万7,000モナ、当時のレートで換算すると日本円でおよそ1,500万円相当を海外の口座に送金させていました。

警視庁が仮想通貨を不正流出させた事件の摘発は全国初でした。

 

なお、Monappyは現在営業を停止させており、再開の進歩状況についてはMonappyの再開時期につきまして』にて確認できます。

 

 

巧妙な手口でモナコインを不正流出

 

 

事件は昨年9月、Monappyの運営会社で保管しているモナコインの残高が減っていることに気付き、調査を開始。

 

調査の結果、外部ネットワークと接続した状態で保管されていたおよそ7,700人分のモナコインの流出が判明しました。
被害者の一人はメディアの取材に対してMonappyサイトではモナコインが使え、キャラクターグッズなどの購入ができると話していたということです。

このMonappyのサーバーを攻撃し、モナコインを不正流出させており、窃取したコインは秘匿性の高い海外の口座へと送金しており、用意周到さも浮き彫りになっています。

 

 

追跡逃れの巧妙な手口

 

 

男子学生が犯行を行った舞台は、モナコインコミュニティサイトMonappyの「ギフトコード」とよばれる送金機能を悪用。
ギフトコードでは他者へコインを贈ったり、クーポンとモナコインを交換でき、コードを入力すると自分あてに贈られた分のモナコインを受け取れるシステムです。

本来であればギフトコード1つで1回の送金しかできないようになっていますが、男子学生はこのギフトコードを送る際、短時間で素早く何度もスマートフォンを連打してサイトへ負担を掛けると、サイト側が誤作動して通常の倍ものモナコインを複数回送金してしまうという欠陥を発見。

 

ギフトコードの脆弱性を見つけた男子学生は、そのほとんど全てをスマートフォンからの犯行で、1個0.1MONAのギフトコード56個を使って合計8,200回以上も手動で操作ボタンの連打を繰り返し、130回以上の攻撃によって計640回以上の不正送金に成功していたことがわかっています。

 

 

取り調べに対して男子学生は

 

 

警視庁の取り調べに対して男子学生は、誰も知らない裏技を見つけたゲーム攻略のような気持ちになったと語っているほか、他人には出来ない方法で(自分の)残高が増えていくのが楽しくての犯行であったことを自供しているという。

 

盗み出したモナコインは犯行の発覚を隠ぺいさせる目的か、海外の仮想通貨取引所でビットコインに交換していたという少年。

流出したコインの追跡をしていた通称ホワイトハッカーによると、高い知識を持っていと感じたという。
その理由として、似たようなアドレスに少額ずつ何度も不正送金を繰り返しており、追跡逃れと感じ取れる動きも見せていたほか、証拠隠滅など窃取のための努力が感じられたからだという。

大胆な犯行は、連打すると隠しアイテムを見つけられる攻略ゲームの感覚のままモナコインの不正流出を当初は行っていたのではないかと感じ取れますが、その後は海外の口座へ送金したり、ビットコイン交換するなど悪徳性の高さを感じます。

犯行を犯した時期が夏休みということもあり、ひょんなことから見つけた脆弱性を脅かしたつもりだったのでしょうか。
男子学生は軽い気持ちで始めた犯行にもみえますが、巨額の不正送金は今後大きな代償を払う事になるでしょう。



-暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.