ブロックチェーン 最新ニュース

ブロックチェーンに焦点を当てたETF上場投資信託をPenghua Fundga申請

投稿日:

 

 

2019年がハッキングに次ぐハッキングの1年であったのに対し、今年2020年はブロックチェーン色一色に染まる気配を見せており、なかでも中国はブロックチェーン技術を応用してさまざまな分野で頭角を現しそうな気配を見せています。昨年末にはブロックチェーンに焦点を当てたETFの申請を行っています。

 

 

 

ブロックチェーンに焦点を当てたETF

 

 

昨年末のクリスマスイブに、深センに本拠を置く資産管理会社である鵬華基金(Penghua Fund)は、深セン証券取引所50指数を発行したほか、中国の証券委員会CSRCにブロックチェーンに焦点を当てたETF(Exchange Traded Fund=上場投資信託)Penghua Shenzhen Stocksの申請を行いました。

 

先月24日に深セン証券取引所50指数を発行した鵬華基金ですが、翌日の25日の時点で、指数は2日連続で赤字でクローズしており、累積でみると1.74%増加しています。

データによると、深セン証券取引所ブロックチェーン50インデックスは、ハードウエア機器、技術とサービス、ブロックチェーンアプリケーションを含むサンプルスペースとして、ビジネス分野がブロックチェーン業界の上流と下流を含む深セン証券取引所の上場企業の企業を使用しています。
発表されたインデックス銘柄に関して、平安銀行、ミデアグループ、Zixin Pharmaceutical、Guangdian Express、SF Holdings、Suning Tescoなど、ブロックチェーン業界のトップ企業の50株で構成されています。

今回のニュースは、ここ数カ月の中国でのブロックチェーン活動の急増に続いており、中国の習近平国家主席が昨年10月にブロックチェーンを称賛して以来、中国政府はブロックチェーンを経済へと統合するための重要な措置を講じています。

※当サイトの習近平のブロックチェーン戦略に関する特集記事「中国がブロックチェーンの強化で再びビットコインブームが再来!?」もあわせてご覧ください。

上四半期の仮想通貨取引所の取り締まりに続いて、政府は大手仮想通貨取引所であるHuobiOKexの2取引所に協力しました。
どちらも中国政府の共産党専用の部門を持っていおり、スタッフの多くを海南島に拠点を移しました。
この海南島は、ブロックチェーンのいわば「規制の砂場」になっている中国の南海岸沖の島です。

※当サイトの海南島に関する特集記事「海南島が中国の新たな外国投資と仮想通貨取引の拠点となる扉を開いた」もあわせてご覧ください。

中国の主要な取引所に与えられた待遇について、投資会社Sino Global Capitalのトップであるマシュー・グラハム(Matthew Graham)氏は、海外メディアに対して「中国の暗号のいくつかの側面の制度化を見ている」と語った。

 

 

ETF申請の承認がなされると他も追随!?

 

 

新今年、新たに設立された株式ファンドのシェアは過去4年間で最高を更新しており、その中でも特にETF製品が大きく貢献していることがデータからも判明しています。

フォーチュンリサーチャーの張婷氏は、現在のブロックチェーンETFが不足していると考えており、PenghuaFundのこの製品が承認された場合、こぞって追随する可能性が高いとみられています。
テーマETFファンドの先駆者的優位性は非常に重要であり、ブロックチェーン分野の現在の発展はまだ初期段階にあり、国内企業も成長段階にあります。
しかし、政策ガイダンスの深化とそのような企業の成熟度合をうまく管理すれば市場を追い詰めることができることを意味すると付け加えています。

 

この申請が承認された場合、中国で最初に公開されたブロックチェーンETFファンドになり、先発者の利点は、Penghuaがファンドをうまく管理すれば市場を追い詰めることができることを意味すると付け加えています。

一部の証券会社の調査によると、深セン証券取引所がブロックチェーン50インデックスを開始した後、今後さらに新しいブロックチェーンインデックスと関連するテーマファンド商品が発売され、資本参入の道が広がる可能性があります。

北京北京のファンド会社のファンドマネジャーは、市場には多くのブロックチェーンのコンセプト株があり、それらを混同することは非常に簡単であると考えています。

 

関連するインデックスの立ち上げは投資家に新しい選択肢を与え、彼らは関連するテーマファンドを使用して将来のブロックチェーン業界の発展における配当を獲得できます。
多くの投資家は投資を望んでいますが、特定のターゲットを選択することは困難です。
将来的にブロックチェーンETFを導入することで、投資家はより便利な投資チャネルを利用できるようになりますが、結局、ETFを保有することはブロックチェーン関連企業のパッケージを保有することに相当します。



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.