ブロックチェーン 最新ニュース

世界のブロックチェーンレースにおけるアメリカと中国の違いとは?

投稿日:

 

 

中国では昨年10月に習近平国家主席によってデジタル台帳技術が強く支持れ、以降はブロックチェーン先進国となるべく、アメリカをはじめとする経済先進国に後れをとらないよう、さまざまなプロジェクトが動き始め、実際に世界をけん引する立場にまで追い上げています。

 

 

 

ブロックチェーンのアメリカと中国の違い

 

 

r>

 

2019年8月までに、世界にはおよそ2,500社ものブロックチェーン企業があり、その23%が技術の研究開発に注力していると言われています。
その中で、アメリカと中国の企業は、グローバルブロックチェーンフィールドの総数の半分以上を占めています。

昨年末、中国ではブロックチェーン技術の実用化を加速するための国家戦略としてブロックチェーンを採用しました。

※当サイトの中国の国家戦略に関する特集記事「中国がブロックチェーンの強化で再びビットコインブームが再来!?」、「中国とイギリス2国間協力における最優先事項のブロックチェーン事業」もあわせてご覧ください。

アメリカと中国は、ともにブロックチェーンの実装において、トレーサビリティ(※1)と資金調達を非常に重視しています。

(※1) トレーサビリティ(traceability)とは、物品についての流通経路を生産から最終消費段階や廃棄段階まで追跡が可能な状態を指します。

トレーサビリティの観点から、アメリカは食品の安全性を非常に重視しているのとは対照的に、中国ではAlibabaやJDなどの電子商取引プラットフォームがブロックチェーンごとに商品を追跡しています。

 

 

金融業界にもブロックチェーンの波が押し寄せる中国

 

 

金融業界では、アメリカは銀行間取引の清算調査に焦点を合わせる傾向があるのに対し、中国では、L / C(信用状)決済のように、金融業界の限界ビジネスを探求する傾向があります。
ただし、米国では、デジタルアイデンティティを指すKYC(Know Your Customer=本人確認義務)の適用を非常に重視しており、国境を越える海外取引において特に重要視されています。

※当サイトのKYCに関する特集記事「FATFがマネーロンダリングやテロ資金供与の新基準を発表で規制強化」、「バイナンスKYC文書漏洩は内部者がハッカーに情報提供の可能性急浮上」もあわせてご覧ください。

会ったことがない両当事者は、国籍、以前は異なる金融機関の手にあったクレジットなど、このテクノロジーに基づいてお互いについてさらに学ぶことができます。

裁判所でのブロックチェーンの適用は中国では非常に珍しく、アメリカではめったに見られません。
中国の民事事件の73%以上は電子証拠に関係しており、司法証拠の収集は重要な証拠の時代から電子証拠の時代に入っており、改ざん、否認防止、マルチパーティ参加などのブロックチェーンテクノロジーのユニークな特性は、電子データストレージのニーズと自然に一致しています。

 

現在、北京インターネット裁判所の「バランスブロックチェーン」には18のクロスチェーンノードがあり、著作権とインターネットファイナンスを含む9カテゴリーと25のアプリケーションのデータドッキングを完了しています。
受け入れられた約40,000件のケースはすべてチェーンに登録されており、チェーンには900万件以上の電子データが保存され、数百万件のクロスチェーンデータが保存されています。

実際、アメリカのモバイル通信開発は、中国での開発よりも遅れており、アメリカの元のレイアウトにはより多くのネットワークケーブルがあるため、3Gおよび4Gのレイアウトが少ないためだと言われています。

一方中国では、以前はこの領域にレイアウトがなかったものの。このロジックはアメリカのクレジットシステムが中国よりも優れているため、中国のブロックチェーンの開発にも適用できます。
ブロックチェーンの需要はそれほど緊急ではないため、中国はさまざまな業界でブロックチェーンをアメリカよりも早く推進しています。



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.