ブロックチェーン 最新ニュース

オーストラリア政府が1,750億ドル相当のブロックチェーン部門計画発表

投稿日:

 

 

オーストラリアの最終的な国内ブロックチェーン戦略が発表されました。発表された内容によると、1,750億ドル相当のブロックチェーンセクターを計画しており、国内のインフラストラクチャーを全面的に見直す計画とのこと。

 

 

 

オーストラリアのブロックチェーン計画

 


※画像引用元:「国家ブロックチェーン戦略とロードマップ(national blockchain strategy and roadmap)

 

オーストラリア政府は、新たな「国家ブロックチェーン戦略とロードマップ(national blockchain strategy and roadmap)」を発表しました。

発表された内容によると。ブロックチェーン技術のグローバルリーダーになることを望んでいます。
地元日刊紙のシドニー・モーニング・ヘラルド(Sydney Morning Herald)紙によると、ロードマップは同国の銀行、輸出、教育関連のインフラストラクチャー(下部構造)を全面的に見直しされ、1,750億ドル(2594億豪ドル)に相当するセクターを生み出すと計画されています。

 

改革発表からほぼ1年が経過した現在、オーストラリアのブロックチェーンを含める計画は進行中であり、最初は郡の活況を呈する輸出産業に焦点を当てています。
カレン・アンドリュース(Karen Andrews)産業、科学、技術担当大臣によると、サプライチェーン(※1:供給連鎖)管理を変革するブロックチェーンの能力は、「輸出機会の強化」に役立つでしょう。
(※1) サプライチェーン(supply chain)とは、直訳すると「供給連鎖」を意味しており、原材料の段階から、部品・製品・サービスの調達から製造・生産管理・販売・配送など、消費者の手に届くまでの一連のプロセスやつながりを指しています。

 

アンドリュース氏は、本当にエキサイティングなことは、ブロックチェーンが輸出機会を強化し、オーストラリアの生産者と製造者が商品を追跡するのを支援する可能性だと思うと語っています。

また、ブロックチェーンのロードマップが、1750億ドルのセクターを獲得する可能性があることを強調しているものの、現時点では、計画を実行するための政府資金は割り当てられていないとのこと。

 

 

ワイン、銀行、ブロックチェーンへの投資

 

 

ブロックチェーンのロードマップで特に焦点を当てているのが、昨年の19億ドル(29億1,000万豪ドル)に相当するセクターによって同国によるワインの輸出です。
WineAustraliaによると、オーストラリアは世界で5番目に大きいワインの輸出国であり、総生産量の約60%を輸出しています。
ロードマップで強調されている戦略の1つは、ブロックチェーン技術を介してこのワイン輸出産業の詳細な経済分析をまとめることにあるとみられます。

さらにロードマップでは、KYC(Know Your Customer=顧客確認)チェックに関しては、銀行プロセスを合理化するブロックチェーンの能力に賛同しています。
金融技術において、ブロックチェーン技術の使用が仮想通貨を超えて発展するにつれ、KYCプロセスの促進などを通じ、リテールバンキング(※2)における消費者の成果を高める機会がもたらされると述べています。
(※2)リテールバンキングとは、個人や中小企業を対象とした小口の銀行業務を請け負う銀行を指しています。

※当サイトのKYCに関する特集記事「FATFがマネーロンダリングやテロ資金供与の新基準を発表で規制強化」もあわせてご覧ください。

オーストラリアの新興企業も今回のブロックチェーン戦略によって、安堵(あんど)のため息をつくことができ、ブロックチェーンプランの後半では、デジタルテクノロジーをより包括的に含めるためのポリシーの見直しも強調しています。

さらに、ロードマップの詳細は、オーストラリア政府の貿易、投資、教育促進機関であるAustradeとの連携を計画しています。
Austradeは、オーストラリアのスタートアップ向けの開発プログラムを作成し、潜在的な投資家を誘致するためのブロックチェーンに焦点を当てた「インバウンド投資プログラム」を促進すると報告されています。



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.