ブロックチェーン 最新ニュース

ブロックチェーン技術のメリットが既存システムを根底から変える1

投稿日:



仮想通貨を語るときや学ぶ際に必ずと言っていいほど目や耳にする言葉が、ブロックチェーンではないでしょうか?
多くの人にとって、仮想通貨を始めたきっかけが財産を増やすための投資目的ではないかと思いますが、仮想通貨の基盤となるブロックチェーン技術の恩恵は、投資を目的にしている人だけではなく、投資とは関係のない人たちにも恩恵があることが認識されつつあります。

現在主流にななっている中央集権型のシステムではなく、一人ひとりが主役になれる平等なシステムを目指しているのがブロックチェーンです。そんなブロックチェーン技術の特徴とその恩恵とも言えるメリットを2回に分けて、本日はご紹介をしたいと思います。

ブロックチェーン技術の特徴






インターネットに次ぐ新しい技術と言われているブロックチェーンは、日本語に置き換えてみると“台帳”になります。
台帳とは取引や商売の記録をするための帳簿です。
ブロックチェーンでは、ひとかたまりの台帳がチェーンによって結ばれ、延々とつながっています。

例えば、ビットコインの場合には、2009年にビットコインが生まれてから今日までの取引が途切れることなく続いています。

中央機関が不在

ブロックチェーンにはネット販売で世界的に有名なアマゾンやメルカリのほか、既存の銀行のように中核となるサーバーや企業が存在しません。

今まで当たり前のように利用していたサービスの中核が存在しないシステムは、なかなか想像しにくいのではないでしょうか。
なぜ中心となる権限のないまま、同じようなサービスが受けられるのか?と、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

もちろん既存のシステムのまま、仲介する企業やプラットフォームが、ぽっかりと抜けてしまうわけではありません。
そこで必要になる技術が、ブロックチェーンです。

中心となる機関がないために、どの参加者も対等であると同時に参加者同士が管理し合う仕組みになります。
この形態はP2P(Peer to Peer)と呼ばれ、すでにラインやスカイプで活用されています。

ブロックチェーンでは、それぞれが自立した形で関わりを持つ分散型のシステムが基盤です。

スマートコントラクト

中央集権型のシステムでは、手数料などを払うことで中心機関が情報提供やデータの保存など様々なサービスを請け負っています。
仲介役のプラットフォームがないと、取引の保証や正当性の証明を誰がしてくれるのかと不安に感じる人もいるでしょう。

第3者の仲介なしに契約の保証をしてくれるシステムがブロックチェーンのスマートコントラクトです。

スマートコントラクトを簡単に説明できるのが、“自動販売機”です。
自動販売機にお金を入れる。
飲みたい飲み物のボタンを押す。
この2つが満たされて、取引が完了します。

ブロックチェーンの場合には、取引に必要な合意事項をお互いのコンピューター上にロジックとして作っておきます。
ブロックチェーン上で実行することで、第3機関をおかずに、契約を完了させることができます。

自動販売機と大きく異なるところは、ブロックチェーン上に取引内容が記載されていくことです。
そして、この取引は、ブロックチェーンという改ざん不可能な台帳に記載されるために、不正や不当な取引が行われることはないと言われています。

ブロックチェーンが生活の中に浸透していくことで、社会のあり方は大きく変わっていく可能性があります。
管理するプラットフォームのない利用者同士の直接的なやり取り、保証をする銀行の存在しない海外送金など、まだまだ実感として感じることができないかもしれません。

近未来の社会をより具体的に体感できるように、明日の記事では、実際にブロックチェーン技術を用いることで、どんなメリットが受けられるのかを紹介したいと思います。



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.