最新ニュース

米・ネバダ州の「ブロックチェーンシティ」が大きな課題に直面!

更新日:

 

 

アメリカ・ネバダ州に「ブロックチェーン市」を建設するというBlockchains LLC の野心的な計画が、レイオフ(layoff=一時解雇)と役員の退任が続いていることで問題を抱えていることに加え、建設に置かる問題の浮上が海外メディアの報道によってわかりました。

 

 

 

スポンサーリンク



ブロックチェーンシティが課題に直面

 

 

アメリカのネバダ州に建設が予定されているブロックチェーンシティ(Blockchain City)構想は現在、計画を立てた企業Blockchains LLCにおいて、最近9人もの従業員が解雇されたことを発表しました。
同社ではまだ、一部の経営幹部が今後も退職するのではないかと見られているという。

広報担当者は、いくつかの課題を抱えているんは事実だが、ブロックチェーン建設プロジェクト自体はまだ軌道に乗っていると前向きなコメントしています。

Blockchains LLC社の声明によると、ネバダ州の砂漠に「ブロックチェーン都市」を建設するという野心的な試みに挑戦中ですが、従業員の10分の1を解雇したと発表しています。
同社は、まだこのブロックチェーンシティ建設に着手しておらず、現時点では「Web3製品とツールのスイート」の開発に注目している最中であることを明かしています。

派手な看板と謎めいた広告キャンペーンで知られるBlockchains LLC社は、億万長者として知られるジェフリー・バーンズ(Jeffrey Berns)CEOが、2018年後半に1億7千万ドルでリノ近くの67,000エーカーの未開発の土地を購入しました。
その後、1年間のブロックチェーンの誇大広告を締めくくった。この技術を使用して、デジタル通貨に基づいており、プライバシーを侵害することのないローカルインフラストラクチャーを補強します。

 

現在同社は地方政府からの必要な許可の確保に取り組んでいる最中であり、100人の正社員のうち少なくとも9人を解雇せざるを得なかったと同社は解雇理由について明かしています。
しかしその一方で、2021年までに1,000人以上を雇用すると昨年発表していましたが、元社長兼CEOの兄弟であるデビッド・バーンズ氏を含む上級幹部すらも同社を退社していたことがわかりました。

 

 

従業員解雇の背景とは?

 

 

元従業員の職務の多くは、2019年6月に買収されたブロックチェーンアドバイザリー会社Blockchains LLCのエンジニアSlock.itに引き継がれましたが、売れ入れ先であるSlock.it社では5,000万ドルのハッキングを受け、影響は決して小さくない問題を抱えている状況が続いています。

Blockchains LLCのスポークスマンであるエライナ・ダフィー(Elaina Duffy)氏は海外メディアに対し、同社は現在ネバダ州に67人の従業員を持ち、52人はヨーロッパのさまざまな子会社で働いていると語っています。
また、今回の解雇に関しては、他の買収と同様に、統合プロセス中に統合された従業員を評価する必要があったためであると語っています。

 

このような背景の結果としてプロ御ジェクト内のポジショニングの見直しを迫られ、過去6カ月間で9ポジションを撤廃させ、それに伴い、ネバダ州本社で2人の取締役と1人の副社長を含む9人の従業員を雇用しました。
創業者のジェフリー・バーンズ氏は、デビッド・バーンズ氏が退社した際に社長の役割を引き継ぐと今後の経営体勢を明かしています。

 

ダフィー氏は、あらゆる組織、特に新興企業と同様に、会社の運用上のニーズを評価し続け、同社は今後のビジネス展開に不可欠ではないと判断した職位のみを撤廃させました。
9ポジションの撤廃についてダフィー氏は、急速に変化するエコシステムでビジョンを前進させるスキルセットを備えた従業員を雇用することにコミットしていると語っています。

 

 

バブルハイフライヤー

 

 

Blockchains LLCは2018年後半に登場し、ブロックチェーンの誇大広告の頂点に達した実績を持っており、分散化された未来を主張するプロジェクトは、莫大な投資を生み出していました。
ブロックチェーンギャンブルプラットフォームEOSだけで小売投資家から40億ドルを調達したとまで言われています。

同社のCEOであるバーンズ氏は、かつて消費者保護弁護士を務めた経歴の持ち主であり、2008年の金融危機を受けて財産の保全を銀行に訴えた後、資産の大部分を仮想通貨に投入していたことでも知られています。
同氏はブロックチェーンの設立にあたり、土地、オフィス、従業員、計画に3億ドルの現金を費やし、当初は70人のフルタイムの従業員を雇いました。

ネバダ州ストーリー郡の大規模工業団地の近くに位置するこの土地は、指定された「機会ゾーン」であり、この地域に長期投資する人々に税制上の優遇措置を提供しているという。

 

 

ブロックチェーンシティ構想の目標

 

 

地元メディアによると、バーンズ氏は「分散型の共同事業体」、「住民、従業員、将来の投資家が保有する企業構造」に対して生み出された配当金の90%を引き渡すことを計画していました。

早い段階で、プロジェクトは地元の役人の承認を獲得しており、会社はネバダのユーティリティであるNV Energyとの拘束力のない了解覚書に署名をするほどでした。
新しい町を建設するための「予備的な」支援も受け、ブロックチェーンシティの建設については2019年後半に開始される予定でプロジェクトは順調に進んでいるとみられていました。

 

しかし、現在もこのプロジェクトは着手されておらず、ブロックチェーンシティは、推定10,000人の居住都市のための水の権利を得るのに難航していることが依然、メディアによって報じられています。
それ以来はほとんどプロジェクトが進行していない状況が現在も続いていると報じられています。

元従業員によると、このプロジェクトは昨年の夏に正式に「保留」されており、「Web3製品とツールのスイート」についても現段階においてホワイトペーパーも作成されていません。

 

 

進行中のプロジェクト

 

 

Blockchains LLCスポークスウーマンのダフィー氏は、プロジェクトが保留にされたことを否定しており、都市のインフラに不可欠な多数のコンポーネント(構成)がすでに実装されていると述べています。

水やエネルギーの確保、マスタープランの作成など、必要な手順を段階的に進めている最中であり、プロジェクトは10年から15年の長い時間をかけて実行されていくプロジェクトであり、見通しは明るいもので、保留になっていないとダフィー氏はアピールしています。



-最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.