ブロックチェーン 最新ニュース

ブロックチェーンが音楽業界を変革!アーティストとつながるMusicoinとArtbit

投稿日:

 

ブロックチェーン技術はすでに仮想通貨だけのものではなく、仮想通貨とは全く別の多種多様な分野で活用されています。そのブロックチェーン技術のメリットはいくつもありますが、そのひとつが中央管理者を介さずに個人と個人またはグループと個人などが直接やり取りできることです。ブロックチェーンならではの特質で音楽業界やストリートアートに関わる人たちにまで、歓迎される新たな仕組みを生み出しています。

 

 

ブロックチェーンがアーティストとファンを直接結びつける?

 

 

インターネットの普及によって、私たちの暮らしは大きく変化を続けています。
かつてはレコードやカセットテープだったものが、十数年前には若者が集まる街中にはCDショップが点在しているのが当たり前となり、現在の音楽とはCDを購入したりレンタルしたりして聴くものではなく、インターネット配信が主流になっています。

 

インターネットの普及により大きく変化を遂げた音楽業界と、インターネットの結びつきなしには成り立たないブロックチェーン技術が、融合することで新しい可能性が生まれています。
仮想通貨同様に音楽業界でも中央で管理する企業や管理者の存在しない、アーティストとファンが直接つながる仕組みです。

 

 

ブロックチェーン技術によって与えられるチャンス

 

 

ブロックチェーン技術を活用した新しい可能性が、音楽業界にも定着しつつあります。

以前なら新しいミュージシャンがレコードやCDを発売するためには、レコード会社に自分たちの曲を売り込んだり、ラジオなどに投稿して才能をアピールしたりすることが歌手やシンガーソングライターとしてデビューするための登竜門でした。
多くの人に作品を知ってもらうためには音楽業界に認めてもらうことが必須でしたが、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトによって既存の方法以外にも、新人アーティストたちが世に出る可能性が広がっています。

 

非営利で運営される『Musicoin』によってアーティストの歌や曲が配信され、利用者が一定数以上の回数を再生するとアーティストたちに報酬が入り、歌手やシンガーソングライターの作品とファンが直接つながる仕組みが作られました。
CD制作や宣伝などをレコード会社に依頼することで、支払っていたマージンの必要性がなくなり、購入者が支払った全額がアーティストたちに届けられます。

Musicoin を活用すればTipとして『投げ銭』をすることができ、ブロックチェーンが新しい非接触型決済方法としての役割も果たしています。

 

 

ストリートパフォーマンス業界をも豊かにするブロックチェーン

 

 

元ガンズ・アンド・ローゼズのメンバーであるマットソロム氏が立ち上げたスタートアップ企業『Hedera』が、ブロックチェーンを活用してアーティストとファンをつなげる『Artbit』の取り組みが始まっています。
Musicoinと同様に仲介業者が存在しないため、マージンなどを支払わずにアーティストが即座に報酬を得られます。
ミュージシャンの著作権を守りながら彼らの活動をサポートし、ファンが交流を持てる機会も提供しています。

Artbitではミュージシャンだけではなく、ダンサーやストリートパフォーマーの活動もサポートしています。
かつてのストリートパフォーマンスと言えば、街中でダンスや楽曲、大道芸などを披露して、ギターケースや帽子の中に作品の対価が支払らわれていました。

 

仮想通貨や電子マネーが普及してくると現金を持ち歩かない人が増え、ストリートパフォーマーにとっては収入の激減につながっていました。
ブロックチェーン技術の活用で現金がなくても投げ銭が可能になり、ストリートで活動する人たちの収入源の確保にもつながります。
新しい発想から生まれたArtbitが、街角で展開されている日常を支える役割を果たしています。

 

仮想通貨がブロックチェーンを利用することで既存の決済や送金方法が大きく変わり、音楽や大道芸などの芸術もブロックチェーンと結びつくことで、アーティストとファンにとってより理想的なつながりが生まれました。

始まったばかりの2019年はどのような分野でブロックチェーンが活かされ、私たちの暮らしを豊かにしていくのか、今後も期待していきましょう。



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.