最新ニュース

BITMAIN60万台マイニングチップ発注が発覚!今年下半期に新製品販売か?

投稿日:

 

 

中国の大手マイニングマシン販売企業のBITMAINが、マシン60万台分に相当するマニングチック(半導体)の発注をしていたことが発覚しました。今年下半期にはBITMAIN社から新しいマイニングマシンが販売されるのではないかと現地メディアが報じています。

 

 

 

BITMAIN社の新製品情報が中国メディアで報道

 


※画像引用元:BITMAIN

 

マイニングマシンを販売することでも知られるBITMAIN社が、台湾の世界最大半導体業者TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.= 臺灣積體電路製造股份有限公司/張忠謀会長兼創設者)社へ60万台のマイニングマシンに相当するマイニングチップ(マイニングに伴う半導体チップ)を発注したことが発覚しました。

 

関係筋の話によると、発注されたチップは最新の7nm(回路配線幅)モデルの一部であり、ハッシュレートは毎秒50TH(テラハッシュ)/ sの単一パワーを完備し、16nmモデルも兼ね備えているという。
この計算に基づくと、半年後にはビットコインの総ネットワークコンピューティング能力は約50%急上昇するとみられています。
マイニングマシンは回路配線幅の数値が小さいほど性能が向上し、価格低下や消費電力も軽減されると言われています。

 

マイニングマシン市場は再び新しい変化をもたらす新マイニングマシンは、同社に12億ドル、日本円で約1,270億円近くの巨額利益をもたらし、同社時価総額も120億ドル、日本円で1兆2,649億円の価値に達すると予想されています。

 

 

新マイニングマシンの予想される価格

 

 

台湾メディアのEconomic Dail(中国経済オンライン)は、先月末にBITMAIN社がTSMCに新しい注文を追加したと報じており、細心の注意を払ってTSMC幹部が直接主要機器購入するために日本に来日していた事も報じています。

 

TSMCに近いサプライチェーン担当者の話によると、チップの注文は7nmおよび16nmのウェーハ注文で、合計約50,000であり、今年下半期に出荷される商品をできるだけ早く入手するため、BITMAIN社は“現金での先払い”をしたと話しています。

カットされたウエハーの数によると、50,000枚のウエハー注文がスムーズに届けられれば、ビットコインは今年下半期に約60万人のマイナーを生み出すとみられています。
7nmモデルのマイニングマシン先物価格は20,600元、日本円で約300,000、スポット価格が30,000元、日本円で440,000円になることを明らかにしています。

深センの華強北路にあるマイニングマシン販売店(Huaqiang North Mining Machinery Co.)のディストリビューターであるChen Lei(陈磊:チェンレイ)氏は、ビットコイン価格が長期に渡って10,000ドルを超える場合、S17シリーズのマイニングマシン公式ウェブサイトの先物価格は25,000元に達するのではないかと予想されていると語っています。

 

ビットコインがさらに上昇すると、マイニングマシン価格も上昇することから、ビットコインマイニングマシンはメーカーの主な収益源となっています。

 

 

これからもマイニングチップ産業をけん引する中国

 

 

昨年仮想通貨市場は“冬の時代の到来”と言われるほど、低迷期へと突入していました。
それを機に中国のマイニングマシン企業のJianan Zhizhi(嘉楠耘智)などは本土でのIPO(Initial Public Offering=新規の仮想通貨公開)計画も立ち往生しています。

 

今年に入って仮想通貨市場は回復をみせており、マイニング市場は再び上昇を見せており、マイニングマシン市場も新たな市場構造を示しています。

マニングチップ業界のメディアであるコアインテリジェンス(芯智讯)のインタビューでShen Ma(神马)マイニングマシン販売元microBT(比特微)の創設者であるYang Zuoxing(杨作兴)氏は、Shenmaが2017年にマイニングマシンで5億元を販売し、純利益が7,000万に達したと述べました。

ある市場関係者は、歴史的発展の観点から見ると中国のチップ産業はアメリカに大きな後れを取っているが、マイニングチップ産業においては中国が世界最大のマイニングマシン市場を持っており、TSMCのような世界最大企業を抱えています。

マイニングマシンチップによってもたらされた莫大な利益は、中国のチップ産業に新たな機会をもたらすとともに、中国のチップ業界がさらに前進できるチャンスだと語っています。

 

 

※参考サイト:一本区块链



-最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.